『ニュー・アムステルダム』あらすじ感想始めました

ウォーキング・デッド7 第15話「余地なき選択」| あらすじ感想

この記事は約5分で読めます。

Episode15   Something They Need

【ざっくりあらすじ】
タラはリックに”浜辺の村”の存在を教え、リックたちは武器を手に入れるため村へ向かった。

 

ネタバレを含みます   すぐさま感想を読むはこちら

 

 

 

 

 

銃を手に入れるため

リックは、犠牲を出さない方法を考え作戦を練った。

 

まず、タラがナターニャの家へ侵入した。タラが銃をナターニャに向けていると、シンディが戻ってきた。シンディは約束を破ったタラにショックを受け、ナターニャもタラを殺しておくべきだったと口にした。

 

タラは救世主を攻撃するための武器を渡して欲しいと説得を始めた。ナターニャは救世主と戦うつもりはなく、武器を渡すことも認めない。タラは必死に「力を合わせれば勝てる」と説得を続けるが、時間切れになり村を包囲していたリックたちが侵略を開始した。

 

リックは村人を傷つけず一か所へ集め、救世主への攻撃に武器が必要だと説明した。そこへタラを人質にしたナターニャが現れた。頭に銃をつきつけられたタラは、木の上からナターニャを狙っているはずのミショーンに「撃つな」と合図した。

 

救世主を倒すためには銃が必要で、そのためにはナターニャたちから奪うしかない。タラは戦いに参加しなくても、武器を渡して欲しいと村人たちに訴えた。「救世主を攻撃する」と聞いた村人たちは「協力すべきではないか」と表情を変えた。

 

木の上で見張っているミショーンがウォーカーの集団が入ってきたと知らせ、その声に一瞬気を取られたナターニャをシンディが殴り倒した。タラは解放され、リックも拘束していた村人を自由にした。

 

リックたちと協力してウォーカーの集団を倒した村人たちは、いつしかリックたちと信頼関係を築いていた。しかし、あくまでナターニャは戦いに参加することは認めなかった。

 

リックは全ての武器を取り上げ、タラは戦いが終わったら返すとシンディに約束した。シンディも戦いに参加したいと言うが、村の掟では全員でないと参加することはできない。

シンディは去ってゆくタラに「戦ってくれてありがとう」と声をかけた。

 

 

マギーとグレゴリー

マギーが塀の外で自生しているブルーベリーの木を手に入れていると、そこにグレゴリーがやってきた。

グレゴリーは、医者がいなくなったヒルトップにマギーが留まる理由を尋ねた。マギーは「連れ戻すと聞いたが違うのか」と逆にグレゴリーに質問した。グレゴリーはマギーに協力を求め、ふたりは話し合う約束をした。

 

塀の外でひとりで作業しているマギーは、グレゴリーに見張り役を頼んだ。グレゴリーは快く引き受けたが、無防備なマギーを見てナイフを握る手に力が入る。グレゴリーがよからぬ雑念を振り払おうとしたとき、ウォーカーが現れた。

グレゴリーは思わず恐怖の声をあげるが、妊婦のマギーに守られることをよしとせず自分が倒すと引き受けた。しかし、グレゴリーはウォーカーに近づくことができず、やはりマギーに頼ってしまう。マギーがウォーカーを倒していると、別のウォーカーが現れグレゴリーに襲い掛かった。

恐怖の声を上げマギーに助けられたグレゴリーは、情けない姿を住人に見られてしまった。マギーは「練習しているところよ」と取りなすが、住人たちは「話が違う」と冷ややかだった。

 

グレゴリーは、ヒルトップを出て救世主のサイモンに教えられた場所へ向かうことを決意した。

 

 

囚われのサシャ

救世主のアジトに入ったサシャは捕らわれていた。

 

ニーガンは、サシャをレイプしようとしていたデイビッドという男をサシャの目の前で容赦なく殺してみせた。

ニーガンは、死を覚悟してひとりでアジトに侵入したサシャを気に入った様子で、デイビッドを刺殺したナイフをサシャへ渡した。ニーガンは楽しそうに「生き延び、俺の仲間になれ」と告げ、サシャと死んだデイビッドを部屋に閉じ込めた。

デイビットを殺したサシャを確認したニーガンは満足そうな笑みを浮かべた。

 

ユージーンは、自分のようにニーガンを受け入れ生き延びろとサシャを説得した。しかし、サシャはニーガンが自分を生かしているのは利用するためだと知っている。リックたちが救世主への攻撃を始めれば、必ずニーガンは自分を利用してリックを支配下に置くはずだ。

 

サシャはニーガンに利用されないためにも、自殺するための道具が欲しいとユージーンに頼んだ。サシャはナイフでもガラスでもいいと話していたが、ユージーンが準備したのはニーガンの妻たちに頼まれ作った毒薬だった。

 

 

思わぬ客人

リックたちがアレクサンドリアへ戻るとロジータが待っていた。

 

「客が待っている」とロジータがリックたちを案内した先には、檻に入れられたドワイトが居た。ドワイトを見たダリルは尋常ではいられない。リックはダリルを落ち着かせ、ドワイトに向き合った。

 

協力するというドワイトにリックは銃を向け「ひざまずけ」と命令した。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

救世主への攻撃準備が進む中、今回は同時進行でサシャやマギーの様子も描かれました。

サシャやらグレゴリーやら、今回登場しなかった王国やら…気になることはいろいろですが、最終話での最大の関心はドワイトの件になってしまった。ニーガンはリックたちの不穏な動きに気付いてるようなので、ドワイトの本当の目的は謎ですよね~。

これまでドワイトの背景を丁寧に描いてきたことを思えば、この人に何か大きな使命がありそうな気もします。今シーズンを締めくくる何か大きな見せ場が・・・って期待をしてしまってます。

それにしても、ロジータはよくドワイトを連れて戻りましたよね~。
前回までのとんがったロジータならば、即ドワイトも殺してしまったのではないかと思うのですが、どういう話がふたりの間にあったのでしょうか?ソコ、見たかった~。

ラストはバラバラしていたメンバーが終結して、すっきりな後味で次へ続いて欲しいです。さて、どうなることやら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました