お探しのドラマは検索窓からどうぞ

ウォーキング・デッド 10 第16話「絶体絶命」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。
The Walking Dead
スポンサーリンク

Episode16 A Certain Doom

【ざっくりあらすじ】
“新たなアルファ”として囁く者を率いるベータは、ダリルたちが拠点にしたタワーをウォーカーの群れで包囲する。窮地に追い込まれたダリルたちは、音楽でウォーカーの大群を崖へ誘導する作戦を立てる。

 

 

 

 

ハーメルンの笛吹き作戦

音楽でウォーカーを誘導するには、囁く者が潜むウォーカーの群れの向こう側にある馬車までルークが作った器材を運ぶ必要がある。運搬と護衛、2人1組の4つのチームで分解した器材を運ぶことになり、リディアは「わたしがやる」と名乗り出る。

 

 

リディアを信用できないオーシャンサイドのビアトリスたちが「彼女がやるなら私たちは降りる」と言い、リディアはタワーでの後方支援にまわる。一方、アテにされていたニーガンは「注目を集めずに通り抜けるには、俺はいないほうがいい」と説明し、任務を拒否した。

 

 

ウォーカーの内臓を体に塗った2人1組の4つのチームは、タワーからの援護を受け、慎重にウォーカーの群れを進む。順調だった作戦はベータに気づかれたことで難しくなり、ビアトリスが犠牲になる。ウォーカーに襲われながらも、任務をやり遂げようとするビアトリスは「器材を持って行って」とチームを組んだキャロルへ呼びかけるが、キャロルはビアトリスに近づけない。ビアトリスが守った器材は、ニーガンに「今から何をしたって、俺も君も信用されない」と諭されたリディアが集合場所へ届けた。

 

 

 

最後の戦い

命がけで運んだ器材を組み立てたダリルたちは音楽でウォーカーを誘導するが、暗闇の中、ウォーカーを盾にした囁く者に襲われる。器材を載せた馬車を破壊した囁く者は、再び群れの主導権を握る。

 

 

群れに潜む囁く者を1人ずつ狩る作戦に変更したダリルは標的のベータに着実に近づくが、先にベータに接触したのは、いつの間にか群れに紛れていたニーガンだった。アルファを殺したニーガンを見たベータは我を忘れ襲い掛かり、ニーガンしか見ていないベータをダリルが襲う。ウォーカーの群れに飲み込まれながら素顔をさらしたベータにはアルファの囁きが聞こえていた。

 

 

一方、ダリルの指示に背き、当初の作戦通り、ウォーカーを崖へ誘導していたリディアに「私が終わらせる」と話しかけたキャロルは、先導役を交代する。崖に立ったキャロルが背後に迫るウォーカーに身を任せようとしたとき、リディアがキャロルの手をつかむ。身を隠したリディアはキャロルを抱きしめ、そのままふたりは崖の下へ落ちてゆくウォーカーをやり過ごした。

 

 

タワーを出発する直前、キャロルに「自立するのよ」と助言されたリディアは、囁く者の中で育った自分なりの道を見つけたのだ。避けていたリディアと向き合ったキャロルは素直に「ありがとう」と感謝した。

 

 

 

再会

ダリルたちが囁く者と戦っている頃、仲間をタワーから避難させたゲイブリエルは脱出用ロープを守るため、ひとりで戦っていた。倒され、窮地に陥ったゲイブリエルを救ったのは、ようやく助けを求めるメッセージを受け取り、駆け付けたマギーだった。

 

 

集合場所で落ち合った仲間たちは互いの無事を喜び合い、戻ってきたマギーを歓迎する。ニーガンを見つけたリディアは安堵したようにハグし、ダリルはキャロルを気づかう。囁く者を倒しても心の傷が癒えないキャロルは、やり残した現実に目を向けている。

 

 

その頃、憔悴した姿で倒れたコニーを、オーシャンサイドに到着したバージルが発見していた。

 

 

 

ユージーンたちの旅

ステファニーとの待ち合わせ場所へ向かうユージーンたちは、自転車が壊れたことで約束の時間に間に合わなくなる。「決めたことはやり通せ」とエゼキエルたちに励まされ、約束の場所に到着したユージーンは大声でステファニーに呼びかけるが、ステファニーは現れない。「どこかにいるステファニーたちを見つけるまで旅を続けよう」とユージーンが仲間を鼓舞する中、突然現れた武装集団はユージーンたちを取り囲んだ。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0
このところ好みではない展開が続き、なんとなく斜に構えて見てる自分がいたのですが、このエピソードは素直に感動しました。

 

この世界を生き抜いてきたのだから、程度の差はあれ、誰しも後悔の1つや2つあるはずですよね。受け入れられないと知りつつも、自分の生きる道を探すリディアとニーガンの姿は考えさせられる点が多く、引き付けられるものがあります。

 

そんなわけで、わたし的には、ニーガンとリディアは現在のTWDになくてはならない存在になってるんですが、マギーが戻ったことでニーガンの立場が気になります。すっかり落ち着いた様子のマギーですが、仲間のように立ち振る舞うニーガンを見て、穏やかでいられるでしょうか?ニーガンのことなので、姿を消すんじゃないかなと、心配しております。

 

ところで、コニー、生きてました!喜びたいんだけど、コニーを見つけたバージルは正気なのかな?すっかりバージルの存在を忘れてたのですが、このエピソードで登場したということは、今後なんらかの役割を果たすんですよね?

 

納得のクライマックスでしたが、シーズン10はここで終わりではありません。来年放送予定の追加された6話が残ってます。まだ数年先のお話ですが、シーズン11での終了が決まったので、主要キャラについてはまとめ的な流れになってゆくのかな?今回のダリルとキャロルの会話も、ふたりのスピンオフを意識して、深読みしちゃいました。(;^_^A
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。