お探しのドラマは検索窓からどうぞ

TIMELESS/タイムレス 2 第8話「レーガンが撃たれた日」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Timeless

 

スポンサーリンク

Episode8  The Day Reagan Was Shot

【ざっくりあらすじ】
母船がレーガン大統領暗殺未遂が起きた1981年3月30日へ向かった。その時代に存在しているフリンとメイソンは任務に参加できず、代わりにジヤがチームに加わった。

 

 

チームの危機

レーガン大統領が狙撃される場所でリッテンハウスの潜入スパイを捜すワイアットは、警官を狙う大統領護衛官を見つけた。ワイアットの「伏せろ」という叫び声で狙撃は失敗し、この場で逮捕されるはずの大統領狙撃犯ヒンクリーが逃走した。大統領護衛官に狙われた警官は若き日のデニースだった。リッテンハウスは、デニースの運命を変えることで、救命艇チームを消すつもりなのだ。

 

 

その場から逃げた大統領狙撃犯のヒンクリーをデニースに逮捕させるため、ルーシーとジヤは病院で治療を受けるデニースを訪ねる。しかし、肝心な話を切り出す前に、心配する母親に諭されたデニースは親が決めた男性との結婚を決めてしまった。実際のデニースの人生は、親の勧める見合い話を無視してFBIへ入局し、母親にカミングアウトもできず、妻も子供も紹介していないのだ。

 

 

ルーシーとジヤはヒンクリーが執着していたジョディ・フォスターに雇われた“探偵”と説明し、デニースにヒンクリーを捜させた。ヒンクリーのホテルの部屋で見つけた血痕から『大統領が運ばれた病院へ侵入するため自傷した』と判断したデニースの連絡で、ERでチャンスを窺っていたヒンクリーは逮捕された。しかし、大統領狙撃犯逮捕という手柄を立てても、デニースの結婚の意思を変えることはできなかった。

 

 

 

本当の人生

婚約パーティー中のデニース宅を訪ねたルーシーは、以前デニースに渡されたメモリに収められた家族写真をデニースに見せた。デニースはタイムラインが変わった時に備え、家族の写真を収めたメモリをルーシーに託していたのだ。ルーシーと旅するそのメモリにはデニースの本当の人生が収められている。

 

 

2017年の自分がルーシーに託した未来の家族の写真を見せられたデニースは進むべき道を知った。母親に真実を打ち明け、婚約を破棄し、未来への不安に怯えるデニースをしっかり抱きしめたルーシーは、「20年近く先まで使えないけど助けになる」とメモリを手渡した。

 

 

任務を終え戻ってきたチームをデニースが迎えた。重荷を背負わせたことを謝るルーシーに、デニースは1981年に受け取ったメモリを再びルーシーに預けた。今回のタイムトラベルがもたらした変化は、デニースの母がカミングアウトした娘を受け入れたことだった。

 

 

 

スパイの告白

ワイアットとルーファスに捕らわれたリッテンハウスの潜入スパイは、この時代に送り込まれた経緯を告白した。横領で逮捕された父親が自殺し、生活に困窮した男の家族を援助したキャロルは見返りを求め、1969年に男を送り込んだのだ。

 

 

ルーファスは男を捕虜として連れ帰ることを提案するが、未来へ帰ることを拒む男はこの任務のリーダーはリッテンハウスの思想にハマった兄弟のザックだと教えた。男の情報でデニースを狙うザックを阻止できたが、「2018年に帰れば妻子が殺される」と怯えていた男は自ら命を絶ってしまった。

 

 

 

救命艇シェルター

ジヤのビジョンを受け入れたルーファスは万が一に備え始め、ジヤと距離を置くようになった。今回の任務でデニースに未来の一部を教えたルーシーは「過去を変えられるなら、未来も変えられる」と、未来のビジョンに苦しむジヤを励ました。ジヤは「未来を変えたい」と、ルーファスに訴えた。

 

 

フリンが“ルーシーの日記”を手に入れたのは、妻子を殺されて間もない頃のことだった。妻子殺害犯にされ、ブラジルに潜伏したフリンの前に現れたルーシーは、家族を殺したのはリッテンハウスで、連中を止める方法があると教えたのだ。「自分のいる時代には行けない」というルーシーの疑問の答えは、その時が来るまで待つしかない。

 

 

 

ワイアットの知らないジェシカ

家族の写真を眺めているジェシカが、ワイアットの知らない弟ケヴィンの話をした。ワイアットの現実では、ケヴィンは幼いころに病気で亡くなっている。最先端の治療を受けたというジェシカの説明は、家族を守るため死を選んだ潜入スパイの男の話に重なった。ワイアットの「治療費はどうしたのか」という質問をはぐらかしたジェシカは、唐突に妊娠を告げた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.5

えー!
このタイミングでジェシカ妊娠~。ホントかな?( 一一)

 

リッテンハウスがわざわざ1980年のジェシカのもとへ行ったのは弟の病気を利用するためだったんですね~。もしかして、未来の治療法を使ったのかな。ジェシカはリッテンハウスで間違いないですよね。とすると、現在存在しているジェシカは任務としてワイアットと出会い、結婚したってことになりそうです。でも、気持ちはどうなんだろう?ワイアットへの愛情はあるのかな。

 

いろいろ想像が膨らんでますが、残り2話…と、ボーナスエピソードのみ…(涙)

 

ちなみにジョディ・フォスターに執着したレーガン大統領狙撃犯のヒンクリーを演じたエリク・ストックリン(Erik Stocklin)は、ドラマ『STALKER/ストーカー』でも異常なストーカー、ペリーを演じてました。ハマリ役?

 

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。