『モダン・ラブ』あらすじ感想はこちら

TIMELESS/タイムレス 2 第12話「クリスマスの奇跡 パート2」[終]【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Timeless

 

スポンサーリンク

Episode12
 The Miracle of Christmas Part2

【ざっくりあらすじ】最終話
ヘリの墜落でエマの手下の中尉は死んだ。生き延びたルーシーたちは、この時代と場所を選んだエマの狙いは、救命艇チームを始末することだと気が付いた。一方、2018年でチームの死亡記事を見つけたデニースは、チーム救出へ動き出す。

 

 

 

戦場の命

救命艇を隠した場所へ向かうルーシーたちは、「密告者がいる」と警告してくれた妊婦のヨンヒと知り合った。夫と息子はフンナムの港にいると聞いたルーシーは、ヨンヒを港まで送ると決めた。歴史上、このままではヨンヒと夫は永遠に会えなくなってしまうのだ。しかし、港と救命艇を隠した場所は真逆の方角で、歴史が変わらない限り、港へ行けば未来に戻ることはできない。

 

 

港へ向かう途中、ヨンヒの陣痛が始まり、アフガニスタンで経験があるというワイアットが赤ん坊を取り上げることになった。港で医師を見つけたルーシーたちが戻ると、ワイアットたちが避難した小屋が砲撃を受けている。絶望したルーシーの前に、赤ちゃんを抱いたワイアットが現れた。

 

 

ヨンヒと赤ちゃんを夫の元へ送り届けた一行は救命艇を目指す。徒歩で来た道を戻るチームは敵兵に囲まれ、ヨンヒと出会った教会に隠れた。

 

 

 

救出

歴史家のルーシーは、自分たちが救出される可能性はないと知っている。「運命に任せよう」というワイアットの言葉はルーシーを笑顔に変えた。過去も未来も関係なく、ふたりにとって大切なのは“今だけ”だと悟ったルーシーは「愛してる」と伝え、ワイアットは責任から妻を選んだことを謝罪した。ワイアットの死を覚悟した瞬間、ルーシーの中にあったわだかまりは過去の記憶になっていた。

 

 

奇跡は起こり、母船を手に入れたデニースが救出に現れた。デニースは、刑務所にいるルーシーの実父でリッテンハウスの大物ケイヒルに協力を求め、ケイヒルはリッテンハウスの力で私腹を肥やすエマを許さなかったのだ。無事を喜びあう救命艇チームの傍らで、逃げ道を探したエマは中国軍の銃弾に倒れた。

 

 

チームは母船と救命艇に分かれ、2018年へ戻った。自動操縦の救命艇でルーシーとふたりきりになったワイアットは、妹を取り戻そうと提案するが、ルーシーは断った。ルーシーは、ルーファスを取り戻すことでフリンを失った事実を重く受け止めていた。

 

 

 

最後の任務

シェルター最後の夜。チームはクリスマスを祝った。母船は廃棄され、もう歴史を変える者はいない。救命艇も廃棄するつもりだったデニースは、「誰かがタイムマシンを造った時に追う手段がいる」というメイソンの助言に従い、その日が来ないことを願いつつ救命艇を保管した。

 

 

5年が経ち、大学に戻ったルーシーは目標にしていた終身在職権を得た。ルーシーのそばには夫のワイアットと、エイミーとフリンと名付けたふたりの娘がいる。ルーファスとジヤは『ルーヤ社』を起業した。会社の顔をジヤに任せたルーファスは、未来の発明家を夢見る子供たちを支えている。金儲けより世界を救うほうが好きだと気づいたメイソンは、政府と仕事を続けている。

 

 

最後の任務のために、懐かしのシェルターにチームが集合した。始まりと同じように、ルーシー、ワイアット、ルーファスの3人は最後の任務に出発した。

 

 

 

ルーシーの日記

2014年のクリスマスイヴ。ルーシーの前には、妻子をリッテンハウスに殺され、憔悴したフリンがいる。フリンに声をかけたルーシーは、この先フリンがたどる苦難の道を語った。家族を取り戻すこともできず、テロリストと呼ばれることを承知のうえで、フリンは「あなたは決して人間性を失わない」というルーシーの言葉を信じ、リッテンハウスとの闘いに挑んでいたのだ。

 

 

世界を救う『日記』をフリンに渡すルーシーの目には涙が浮かぶ。ルーシーはフリンの頬に別れのキスをした。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

終わりました~。

リッテンハウスとの戦いは母船を奪還するということで終止符を打ちました。エマの最後も自業自得の流れだったし、救命艇チームは清々しく前へ進める結末でした。

 

フリンに『ルーシーの日記』を届けるシーンは、ラストに用意されてました。『ルーシーの日記』は予想以上に重要なカギでした。フリンはどんな思いで、家族を救えないと知りつつ、いつか仲間になると言われたルーシーたちと戦ってたのか。恐ろしく孤独な闘いを強いられたフリンの思いを想像すると、苦しくなってしまいます。

 

もうあと1シーズンでも続いていれば、フリンの人間性や、ルーシーとワイアットの関係もじっくり描けたんだと思います。そこは残念な気持ちが残りますが、このラストシーンが見れて本当によかったです。家族になったルーシーとワイアットの幸せシーンは、きっとファン熱望のシーンですよね。幸せにならなくちゃ。

 

余談ですが、ルーシーとワイアットの部屋にヤドリギを仕込んでいたのはメイソンじゃないかな・・・と、妄想を膨らませてます。デニースもチーム救出に出かけてしまい、ひとりシェルターで留守番するメイソンが、みんなの無事を祈りながらサプライズを仕込む姿を想像してます。きっとルーファスとジヤの部屋にも、サプライズがあったんじゃないかな~( *´艸`)

 

救命艇は残ってるので、いつかどこかで、歴史を守る彼らを見たい・・・そんな余韻に浸ってます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました