『レジデントエイリアン』あらすじ感想はじめました

TIMELESS/タイムレス 2 第6話「ブルース界の伝説」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Timeless

 

スポンサーリンク

Episode6
 The King of the Delta Blues

 

【ざっくりあらすじ】
今回リッテンハウスの母船が向かった『1936年11月23日のテキサス州サンアントニオ』は、メイソンにとって特別な日だった。その日、サンアントニオのガンターホテルで、ブルース界の伝説ロバート・ジョンソンがドン・ロウとレコーディングを行ったのだ。

 

 

ロックの根源

レコーディングが歴史を変える出来事と思えないメンバーに、メイソンは「ロックの父と呼ばれるロバートなしに音楽は発展しない」と力説した。ロックの根源が消えたら、1960年代の公民権運動やベトナム反戦運動といった“革命”も消えるのだ。

 

 

定員が4名にアップグレードした救命艇の4人目のメンバーに、ルーファスは事情通のメイソンを推薦する。しかし、タイムマシンを開発したものの、タイムトラベルの危険を知るメイソンは「とんでもない」と断った。尻込みするメイソンをチームに加えたデニースはワイアットを外し、フリンに銃を持たせた。

 

 

 

伝説のアルバム

1936年11月23日に着いた救命艇チームはサンアントニオのガンターホテルへ向かい、さっそくロバートに銃を向けたリッテンハウスのスパイを始末した。イギリス諜報部を名乗ったメイソンはレコーディングを続けるよう勧めるが、命を狙われたことでドンと口論になったロバートは姿を消してしまった。

 

 

ヒッチハイクしているロバートを見つけたルーファスとメイソンは、別れを告げるため姉の“大衆酒場”へ行くというロバートを車に乗せた。メイソンはその店でレコーディングする作戦を思いつくが、「俺は周りの人を不幸にする」と言うロバートはギターの道を捨てるつもりだ。タイムマシンの夢をかなえるためリッテンハウスと手を組んだメイソンには、『悪魔と取引した』と噂されるロバートに自分が重なった。

 

 

一方、ルーシーの説得に応じたドンはリッテンハウスのスパイに殺されてしまう。潜入スパイはドンの恋人だった。大衆酒場でドンの恋人を見たロバートは親しげに歩み寄り、銃を構えたスパイをメイソンが射殺した。

 

 

ドンが殺された今、歴史を作る音楽をロバートに演奏してもらうにはメイソンの力が必要だ。ただのファンに世界は救えないと断ったメイソンに、救命艇で世界を救っているルーファスは「僕はあなたのファンだ」と告白した。

 

 

「立ち上がって、闘うんだ」というメイソンの叱咤激励で、不運な人生から逃げるつもりだったロバートは気骨を見せた。その言葉は、救命艇のシェルターを去ると決めたメイソンが自身に向けた言葉でもあった。

 

 

未来へ戻ったメイソンは、ロバートのレコードを引っ張り出した。そこには素晴らしさに思わず叫んでしまった自分の声も録音されている。レコードジャケットに刻まれた録音者は、メイソンが名乗った『ランド・カルリジアン』だった。

 

 

 

ワイアットの任務

体内に埋め込んだチップでキャロルに拉致された場所を特定したデニースは、ワイアットにリッテンハウスを潰す任務を命じた。デニースが信用できるのはワイアットしかおらず、応援部隊を呼ぶことはできない。ワイアットは単独でリッテンハウスの本部に侵入した。

 

 

次々とリッテンハウスのメンバーを倒してゆくワイアットの前にキャロルが現れた。ワイアットはルーシーの母を撃てず、キャロルは本部に火を放ったニコラスとともに母船で逃げ去った。

 

 

デニースは「ルーシーと何があったにせよ、キャロルは敵」と、キャロルを撃たなかったワイアットを戒めた。

 

 

 

ジヤの予知

新たなビジョンを見たジヤは、不安を募らせる。「ビジョンの話は聞きたくない」と頑なだったルーファスは、不安そうなジヤを放っておけなかった。ジヤはルーファスが死ぬビジョンを見たと打ち明けた。

 

 

 

ルーシーとフリン

ワイアットがジェシカを連れてきて以来、ルーシーがベッドの下に酒を隠していることをフリンは知っていた。未来のルーシーから渡された『ルーシーの日記』を何度も読み返したフリンはルーシーを気遣い、「妹さんの存在を消して、君を傷つける気はなかった」と謝罪した。

 

 

妹を失ったルーシーと、家族を亡くしたフリンは、互いの気持ちを理解できる相手になった。フリンは「方法はわからないが、必ず家族を救おう」と、絶望しているルーシーを励ました。

 

 

ルーシーはソファで寝ることをやめ、フリンの部屋を訪ねた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

シェルターの部屋割りが大変なことになってます((+_+))

 

それにしても、予想以上にフリンがルーシーを支えてくれてます。ワイアットは複雑そうな表情してたけど、見守るしかできないですよね。

 

フリンのセリフで『ルーシーの日記』に触れましたが、詳細はわからずです。未来のルーシーがフリンに日記を渡した事実を考えると、救命艇チームはリッテンハウスを倒せないってことになるのかな。しかし、あの日記帳をルーシーに贈ったのはキャロルなんですよね~。う~ん、気になるぅ。

 

そして、ジヤが不吉なビジョンを見ちゃいましたよ!これはもうジヤがルーファスの代わりにパイロットになるしかない!

 

コメント

テキストのコピーはできません。