ほぼ全記事ネタバレを含みます

ブラックリスト 7 第17話「兄弟」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
The Blacklist
スポンサーリンク

Episode17 Brothers

【ざっくりあらすじ】
兄ロビーに緊急の用を知らされたレスラーは、故郷デトロイトへ帰る。レスラーにとっての帰郷は過去の罪と向き合うことを意味していたが、「家に息子2人が揃うなんて夢みたい」と喜ぶ母は親戚を集め、息子ドナルド(レスラー)を歓迎した。

 

 

 

 

帰郷の理由

レスラーが距離を置いていた実家に戻った理由は、父を殺したトミー・マーキンの遺体を掘り起こすためだった。

 

 

1995年、刑事だったレスラーの父ボブは容疑者追跡中に殉職した。突然の父の死を受け止めきれない少年レスラーは母の友人たちが集まった家から逃れ、車に隠れ、酒を飲んだ。そこにレスラーがいるとも知らず、父の相棒トミーは“誰にも怪しまれず始末した”と電話で報告し、レスラーはトミーが父を殺したと確信したのだ。

 

 

すでに警官の道を進んでいたロビーは酔っぱらっていたレスラーの話を信じなかった。トミーを信頼するロビーに反発したレスラーは、証拠を捜すためトミーの自宅へ侵入する。父の銃を手にしたレスラーと対峙したトミーは恐れもせず、レスラーを侮辱した。罪を認めないトミーは「お前はタフじゃない」と詰め寄り、レスラーは引き金を引いたのだ。動揺したレスラーはロビーを呼び、レスラーを自宅へ返したロビーは後始末を引き受けた。

 

 

トミーの遺体を埋めた空き地に大型モールが建つことになり、遺体を掘り起こす必要に迫られたロビーは弟を呼び戻したのだ。

 

 

 

兄の秘密

必要な物を買いそろえたレスラー兄弟は、深夜、工事現場へ侵入し、トミーの遺体を掘り起こした。大仕事を終え、人心地ついたレスラーは兄に謝罪する。レスラーは、ロビーが警官を諦めたことも、実家暮らしを続けていることも、自分をかばったからだと感じている。再会を喜べなかった兄弟がわだかまりを解く一方で、掘り起こした遺体を載せたロビーの車が盗まれてしまった。

 

 

車を盗んだ相手は、ロビーが借金しているアルバニア系ギャングの一味だった。母が順調だと喜んでいたロビーの整備工場はうまくいっておらず、切羽詰まったロビーは高利だと知りつつもギャングを頼り、5万ドルだった借金は15万ドルまでふくらんでいた。

 

 

指示に従い、ヤコブ・ミトコに会ったふたりは取引を持ち掛けられる。ロビーの弟がFBIだと知ったミトコは価値ある情報を入手する方法を思いついたのだ。「トランクの荷物ごと車を返し、ロビーの借金も帳消しにしてやる」と言うミトコは、その見返りにデトロイトのFBI支局にある潜入捜査官のファイルを要求した。

 

 

レスラーの怒りを受け止めたロビーは「奴の指示に従うな」と言い、トミーにとどめを刺したのは自分だと打ち明ける。レスラーが撃ったトミーは死んでおらず、意識が戻ったトミーの「あれはビジネスだ」という言い訳を聞いたロビーは、父の死に関わるのはトミーだけではないと知ったのだ。自分だけが弟を守れると悟ったロビーには、トミーを殺す以外の選択はなかった。

 

 

 

消えた遺体

兄弟でケリをつけると決めたレスラーは、信頼しているリズにすべての事情を打ち明け、ギャングの捜査を頼む。正しいことを望むレスラーの覚悟を知ったリズは支局に応援を依頼し、レスラー兄弟をおとりに使う作戦でギャングのアジトに踏み込んだ。

 

 

逮捕されたミトコは車のトランクにあった警官の遺体を取引材料に使うが、証拠の遺体は車から消えていた。ギャング逮捕後に自供するというレスラーのプランに納得していなかったリズは、押収される車からトミーの遺体を盗み、痕跡を消したのだ。

 

 

リズの仕業だと確信するレスラーは「俺たちは守られた」と兄を安心させる。レスラーが戻った理由はロビーの問題を片づけるためだと察していた母に「お父さんが二人を自慢に思うのは助け合うからよ」と教えられたレスラーは、警官の守護聖人のお守りを兄に渡す。父の形見のそのお守りは、自分を見失い、警官を諦めたロビーが、父の葬儀で震えが止まらない自分の代わりに堂々と挨拶した弟に譲ったものだった。

 

 

 

リズの思い

DCへ戻ったレスラーはリズを訪ねる。「俺を守るためか?」と聞かれたリズは、自分のためにやったと返事する。リズが危険を冒してまでレスラーを助けた理由は、リズの人生の中でレスラーの存在が心休まる場所になっているからだ。理不尽な運命に翻弄されるリズの思いを知ったレスラーは「俺がここにいる」と、リズを抱きしめた。

 

スポンサーリンク

 

 

おちゃのま感想

3.5
今回はレスラーの過去を描くサイドストーリー的なエピソードでした。このところ、レスラーが兄の電話を無視してるシーンが続いたので、根深い確執でもあるのかな?と想像してたのですが、大きな秘密を共有してたんですね。お父さんを殺した黒幕の件は、いずれ描いてほしいです。それにしても、トミーの遺体を消したリズの手際の良さは、キャプラン以上のものがあります。

 

カタリーナが戻ってきたシーズン終盤に、わざわざレスラーの個人的な内容を描いたことで、もしかして、リズとレスラーの関係に変化があるの?と、深読みしちゃってます。今更感は半端ないですが、隠し事なしで付き合えるリズとレスラーは互いにベストな相手のように思うんですよね~。

 

さて、今シーズンも残り2話。レッド対カタリーナの戦いは決着するでしょうか。というか、倒れたレッドは大丈夫?
0

コメント

テキストのコピーはできません。