『タイムレス2』のあらすじ始めます

アウトランダー 4 第13話「立派な男」【あらすじ感想】

 

Outlander

 

スポンサーリンク

Episode13 Man of Worth

【ざっくりあらすじ】シーズン最終話
1770年。ジェイミーたちは、ついにモホーク族の村を見つけた。警戒する彼らに取り囲まれたジェイミーは「平和に取引したい」と、村を訪れた理由を説明した。ブリアナが描いたロジャーの似顔絵を見たモホーク族は「犬面」だと騒ぎ、イアンがロジャーを売ったカヘロトンが姿を見せた。

 

 

 

災いの石

ロジャーを買い戻すため、はるばる訪ねてきたジェイミーたちをカヘロトンは長(おさ)のテワセクェのもとへ案内した。ジェイミーたちが持参した金属の小物やウイスキーに興味を示した村人たちは、クレアのネックレスを見たとたん態度を変えた。クレアの胸には、フレイザーズ・リッジの土地を見つけるきっかけになった、幻で見た先住民の石がある。「取引はしない」と告げた長は、ジェイミーたちを村から追い出した。

 

 

いったん村を離れたジェイミーたちは、追ってきたモホーク族に襲撃された。「石を渡せば何もしない」と言う女性に、クレアは石を渡す見返りにロジャー救出の協力を求めた。

 

 

ワキャッティオスタと名乗ったその女性は、石の由来を語り始めた。石の持ち主は、別の時間から来たという“カワウソの歯”と呼ばれていた男だった。「手遅れになる前に白人を殺せ」と説く男に大勢が従い、白人の報復を恐れたワキャッティオスタの祖父は男を追放した。その後、邪悪なものに取りつかれたように変化した男は部族に処刑されたが、「お前たちは忘れ去られ、何もかも失う」という男の警告は村人の耳に残り、石を持つ者は部族の最期が見えると恐れられているのだ。

 

 

 

イアンの贖罪

「“カワウソの歯”の言葉を語り継ぐ」と約束したクレアに、ワキャッティオスタと彼女の仲間は協力した。彼らの手引きでロジャーを小屋から連れ出したが、すぐに見つかってしまう。長はワキャッティオスタを部族から追放し、ロジャーを再び捕らえた。ブリアナのため、ジェイミーはロジャーの身代わりになると決断した。

 

 

「了承させろ」とジェイミーに通訳を命じられたイアンは、ジェイミーではなく自分が身代わりになることで話をつけた。それはロジャーをモホーク族へ売ったイアンの償いだった。モホーク族の一員になる覚悟のイアンは、絶対に助けに戻ってこないでとジェイミーたちを見送った。

 

 

一人残されたイアンにはモホーク族の儀式が待っていた。襲い掛かる彼らをかわし、倒れても前へ進んだイアンは長の足に触れた。長はイアンを仲間と認め、イアンはモホーク族に歓迎された。

 

 

 

辛い真実

モホーク族の村から離れると、ロジャーはジェイミーを殴り、ジェイミーはロジャーの怒りを受け止めた。落ち着いたロジャーは、酷い仕打ちの理由を知りたがった。ブリアナがレイプされ、その犯人と間違えたと教えられたロジャーに、追い打ちをかけるようにレイプ犯はボネットという事実がのしかかる。

 

 

娘を置き去りにしたと責めるジェイミーをロジャーは殴った。ロジャーがブリアナの前から姿を消した理由は、アメリカへ渡るため船員になったボネットの船に連れ戻されたからだ。そのときの賃金代わりの小さな宝石でブリアナと未来へ戻ると言うロジャーに、クレアはブリアナの妊娠を知らせた。

 

 

もうすぐ子供が生まれると教えられたロジャーは喜ぶが、ボネットの子である可能性に気付くとショックを受けた。動揺し、困惑しているロジャーに、ジェイミーは「ボネットの子でもブリアナと添い遂げるか、今決めろ」と迫った。ジェイミーは「時間が必要」と言うロジャーに怒るが、クレアはロジャーの判断に委ねた。

 

 

 

リヴァー・ラン

ブリアナが元気な男の子を出産して2か月が過ぎた。ブリアナを見守るため、マータフは危険を承知でリヴァー・ランに滞在している。リヴァー・ランの領主であるジョカスタと、世直し団のマータフは考え方も生き方も違っていたが、ふたりは自然とベッドをともにする仲になっていた。

 

 

子供に名前も付けず、ロジャーを待つブリアナのもとに戻ってきたのはクレアとジェイミーだけだった。クレアは「フレイザーズ・リッジへ戻りましょう」と、ブリアナを慰めた。

 

 

部屋で荷造りをしていたブリアナは、窓の外に目をとめた。屋敷に近づいてくる人は、ロジャーだ。時間が必要と言ったロジャーは、ちゃんと考え、結論を出したのだ。駆け寄ったふたりはしっかり抱きしめあった。生まれた子が男の子だと知らされたロジャーは、「息子に会いたい」と返事した。

 

 

リヴァー・ランを出発しようとしていたジェイミーに総督からの書状が届けられた。世直し団を退治するための兵の組織を命じる書状には国王ジョージ3世のサインがある。ジェイミーの最初の任務は逃亡者マータフの捜索と殺害だった。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4

ロジャーよかったよ~・・・と感動してます。が、なしてイアンが~(涙)

 

モホーク族のみなさんが簡単にロジャーを手放すとは思えなかったけど、まさかイアンと交換になるとは。イアンはブリアナに結婚を申し込もうとしていたし、ジェイミー以上に責任を感じてたんですよね~。好奇心旺盛なイアンのことなので、それなりにやってゆくとは思うけど、どこかでジェイミーたちのもとへ戻ってほしいです。イアンもモヒカン刈りになるのかな?

 

ロジャーは子供のことだけでなく、この時代で生きる覚悟で戻ってきたんですよね~。すごい決断だわ~。ロジャーとブリアナが未来へ戻ることがあるとしたら、子供自身が石を通れると確信が持てたらってことになるのかな。かなり先のことですよね。ということで、一緒に暮らすことになりそうなロジャーとジェイミーが仲良くやっていけるか心配です。このふたり衝突しそうですよね~。

 

わたしにとって、今シーズンの主役はブリアナとロジャーでした。シーズン3の中盤あたりから少々離れていた気持ちが復活したのは、このふたりのおかげです。今後も活躍してくれることを期待したいです。

 

シーズン5は独立戦争が背景になるのかな?マータフの件と、ジェイミーの立場など、問題は山積みですね~。わくわくした気持ちで次へ続く!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました