ほぼ全記事 ネタバレ含みます

MANIFEST/マニフェスト 2 第10話「コース逸脱」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
Manifest
スポンサーリンク

Episode10 Course Deviation

【ざっくりあらすじ】
逮捕されたミカエラの元にジークが駆け付ける一方で、ベンは弁護士を手配する。当のミカエラはジャレッドが言った「君を助けてる」という言葉に困惑している。面会終了を告げ、ジークを追い払ったジャレッドは「とにかく黙ってろ」と、質問しようとするミカエラを止めた。

 

 

 

 

思い出の場所で

サイモンにミカエラ殺害を指示されているディバッコは、保釈されたミカエラを殺すつもりで待機していたが、ジャレッドは弁護士にミカエラを引き渡す。

 

 

保釈する際、密かにミカエラにメモを渡したジャレッドは、ふたりの思い出の場所でミカエラと落ち合う。そこは、ベンたち家族の前でジャレッドがミカエラにプロポーズした場所だった。ミカエラを失った5年半の間も、戻って来てからも、ミカエラと話したくなる度、ジャレッドはその場所を訪れているのだ。

 

 

思い出の場所でミカエラと会ったジェレッドは、アンチに潜入していると打ち明ける。違和感のあったジャレッドの行動に納得したミカエラは、バーテンダーのタマラとの関係を確認する。本気だというジャレッドの気持ちを聞いたミカエラは、バーに盗聴器を仕組んだと告白するが、ジャレッドはすでに知っていた。

 

 

 

ジャレッドとミカエラ

ジャレッドの潜入捜査を援護していた署長は、協力を申し出たミカエラを歓迎する。捜査資料を見たミカエラは、アンチの親玉がベンの同僚のサイモンだと知り、愕然とする。用心深いサイモンは軽罪でしか逮捕できず、署長は「厳罰を与える方法を考えましょう」とふたりを鼓舞する。そんな中、動揺した様子のタマラがジャレッドを呼び出した。

 

 

タマラのバーの倉庫には、ビリーに捕らえられたジークがいた。拘束されたジークを見たジャレッドは盗聴器を通じ、ミカエラたちに会話を聞かせる。一方、約束の時間を必ず守るジャレッドが4分過ぎても連絡しないことから「何かあった」と確信したミカエラは、止める署長を無視し、バーを盗聴していた。ジャレッドの意図を理解したミカエラは密かにバーを包囲する。機転を利かせたジャレッドはビリーにサイモンを呼ばせ、下っ端のビリーたちだけでなくジーク殺害を指示したサイモン夫妻の逮捕に成功する。

 

 

逮捕される弟を見たタマラはジャレッドに背を向ける。そんなジャレッドを労った署長は、警部補昇進試験の手引き書を贈る。

 

 

 

呼びかけの真意

グレースに『助けてくれ』という呼びかけがある。場所を特定したベンとグレースは呼びかけが見せた橋へ向かい、イザヤの放火以来、姿を消したエイドリアンと鉢合わせる。逃げ出したエイドリアンを捕らえたベンは「放火の責任を取らせる」と息まくが、エイドリアンに同じ呼びかけがあったと知ったグレースは止める。呼びかけを信用しすぎだと言うエイドリアンとベンが口論になる中、足を滑らせたグレースが破水した。

 

 

グレースは危険な状態だった。出産は可能な時期だが、母子ともに救える専門医とは連絡が取れず、診察した医師は「輸血すれば母親は救える」と説明する。「何があっても親は子を守らないと」と訴えるグレースの望みをいったんは尊重したベンが思いとどまる中、連絡が取れなかった専門医が病院にいるとわかる。

 

 

専門医が病院にいた理由は、ベンたちが去った後も川辺に留まっていたエイドリアンに助けられたからだった。呼びかけは“悪”だと確信しなからも、エイドリアンは川に流される医師を助けたのだ。

 

 

手術は無事終わり、エイドリアンが呼びかけに従ったおかげでグレースと赤ちゃんが助かったと知ったベンは、待合室にいるエイドリアンに声をかける。「呼びかけは僕らを操って、服従させようとしている」と言うエイドリアンは、聖書に記された“しるしと不思議”について教える。説教師だった父とそりが合わず、信仰から遠ざかったものの、エイドリアンは828便の奇跡で戻った自分たちは“終末の使者”に思えるのだ。

 

 

 

3つの黒い影

イザヤの放火で警察に追われるエイドリアンは警官を避け裏道に入り、路地の壁に3つの黒い影を見る。一方、新たに家族に加わった妹エデンのため、『ストーン家のガイド本』をオリーブと作っていたカルは、最初に描いた“黒い影の呼びかけ”の絵に不吉なものを感じる。その夜、カルの部屋に黒い影が現れた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

 

ジャレッドの潜入捜査が実を結び、サイモン夫妻を逮捕できてよかったです。バーテンダーのお姉さんのことは本気だと言ってたジャレッドですが、心にはミカエラがいるんだと思います。あのベンチでずっとミカエラに語りかけてたジャレッドを想像すると、切なくなります。

 

ジークといるミカエラを見るのは辛いでしょうが、ジャレッドには昇進して、仕事の面で活躍してほしいです。ミカエラとジャレッドの絆の深さを知った署長はふたりを相棒に戻すでしょうか?ミカエラにはドレアがいるし~~。署内でも三角関係になりそう~(;^_^A

 

アンチの件はひとまず終わりかな?サンビのその後も気になるけど、黒い影ですよ!エイドリアンに迫る影には邪悪なものを感じました。“影=呼びかけ”なの?謎が深まる~((+_+))

コメント

テキストのコピーはできません。