ほぼ全記事ネタバレを含みます

ナイトシフト3 第10話「希望と失望の夜」| あらすじ感想

この記事は約4分で読めます。

Episode10  Between a Rick and a Hard Place

【ざっくりあらすじ】
肺移植を待つブリアナの待機リストの順番が繰り上がった。それはブリアナの症状が悪化したことを意味していた。

 

 
ナイトシフト3_10

すぐさま感想を読むはこちら
↓ネタバレを含みます↓

 

 

診療メモ:脳死の少年

TCとポールが向かった採石場の事故現場では、ジェイレンという少年が風で倒れたクレーンの下敷きになっていた。ジェイレンはすでに脳死状態で、TCは家族の到着を待たず臓器移植の適合確認用にジェイレンの血液をドリューへ送った。

 

ジェイレンと母親はふたり家族で、母親は息子のそばを離れられない。臓器提供について母親に話すことになったポールは、息子を失ったばかりの母を思いやれない言葉を使ってしまい、母親は提供を拒否してしまう。ジェイレンの財布にドナーのカードを見つけたポールは、母親が落ち着くのを待って再び声をかけた。息子の意思を知った母は、息子を尊重し提供に同意した。

 

ブリアナは6つの抗原のうち最後のひとつが適合せず、ジェイレンの肺は全てがマッチした他の患者に回されることになった。ドリューから移植ができないと知らされたブリアナは、失意を見せず受け入れている。ドリューは移植を受けたら一緒に暮らそうとブリアナを誘った。ドリューは里親ではなくブリアナを養子にしたいと考えていた。家族になって欲しいと言われたブリアナは喜びでドリューを抱きしめた。

 

 

診療メモ:砂に落ちた少年

採石場の流砂にロビーという少年が落ち、今にも砂の中に沈んでいきそうだ。少年たちにいつも迷惑をかけられている採石場のオーナーは助ける必要はないと言うが、TCはロビーを救助するため迷いなく砂の穴に飛び込んだ。

 

救出したもののロビーは器官に砂がつまり呼吸ができない。切開の道具もなくTCはその場にある物を使い器官に穴をあけ、ロビーの呼吸を助けることに成功した。ERへ運ばれたロビーは、電解質異常を引き起こしている。ロビーは生化学検査をすることになり、トファーは同じ砂に入ったTCにも検査を命じた。

 

ロビーのもとへやってきたのは家族ではなく保安官たちだった。採石場のオーナーがロビーを訴えたのだ。TCは「必ず君の人生を良い方向へ導いてくれる人が現れる」とロビーを勇気づけ、生きるチャンスをムダにするなと励ました。

 

 

診療メモ:クレメンスの贖罪

以前、クレメンスが起こした事故で車椅子生活になった少年マリクが救急車で搬送されてきた。付き添っている父親のブランドンは、この病院だけはダメだと大声をあげている。マリクはシャントが閉塞してしまい透析ができず、すぐに処置が必要だった。

 

処置を終えたクレメンスはそのままマリクに透析をしようとするが、ブランドンは息子を連れて透析センターへ戻ると言い張った。手配の電話をしていたブランドンは、ジョーダンの前で突然倒れてしまった。

ブランドンは動脈瘤で、すぐに手術が必要だ。クレメンスは「彼らの役に立ちたいとずっと思っていた」とジョーダンに打ち明け、絶対に失敗が許されない手術に緊張していた。一緒に手術に入ったジョーダンは、緊張で集中できないクレメンスを支え、難しい手術を乗りきった。

 

意識の戻ったブランドンは、自分の命を救ってくれたことは感謝するが息子にしたことは許さないと、やはりクレメンスへの憎しみを消すことができない。隣のベッドで父とクレメンスの会話を聞いていたマリクは「もう許してあげて」と父に頼んだ。マリクは、クレメンスが調べた新しい治療法を試したいと思っていたのだった。それをマリクに教えたのはジョーダンだった。

 

 

ジェシカの目的

病院の買収に備え、トファーはERを残す方法を見つけるため経費の見直しを始めた。

ちょうど病院へやってきたジェシカが手伝うと名乗り出て、トファーはジェシカの親切に甘えることにした。

 

書類を調べたジェシカは、トファーにヘッドハンターの名刺を手渡した。ジェシカの話は魅力的だったが、トファーはERと運命をともにすると言い断った。ジェシカは、ホバート(保険会社)の買収が決まりトファーの解雇を考えていると教え、誘いをうけるべきと説得しようとした。ジェシカはホバートに雇われ、組織の移行の仕事をしていたのだ。ジェシカがトファーを手伝ったのは、ERの帳簿を見るためだった。

ジェシカの目的を知ったTCは、「愛してる」とすがるジェシカを許さなかった。

 

 

おちゃのま感想 ★★★☆☆

ドリューはブリアナを養子にすることにしましたね!
手続きやらの難しいことはおいといて、これはお互いにとって良い決断ですよね。
ドリューとブリアナの姿は見てて温かい気持ちなります。
どうか悲しいことになりませんように・・・と祈らずにはいられません。
 
そして・・・どんな心の揺れがあったのか
今回のジョーダンは完全にクレメンスを誘惑してる瞳でしたね~(ー_ー)
TCもジェシカと別れたし、ふたりがとヨリを戻すなら早めにお願いしたいです。
そうしないと、ジョーダンというキャラがブレブレになってゆく気が・・・。
 
今回は、シーズン2の第8話「ヒーローの倒れた夜」に登場したベネットが再登場してました。
ヒーローのごとく人命救助をしていた彼が、本物の救急隊員になってました。
登場した人物のその後が見れるのって嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました