ほぼ全記事ネタバレを含みます

グッド・ドクター~名医の条件~2 第2話「嘘の練習」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Good Doctor

 

スポンサーリンク

Episode2 Middle Ground

【ざっくりあらすじ】
ショーンの指摘で、メレンデスは清掃員のポールにすい臓がんの症状があると気付いた。「本人に理由は言わず検査をしろ」と指示されたショーンはウソの練習をしていると説明を始め、メレンデスは“クレアと一緒に”と付け加えた。

 

 

ウソのつき方

『胃酸の逆流の確定診断』というクレアの説明にポールは疑問を抱く。ショーンも自分が考えた“嘘”の説明をするが、ポールを納得させることはできず、ショーンは「あなたはすい臓がんかもしれない」と真実を教えてしまう。

 

 

検査の結果、ポールは末期のすい臓がんだった。余命は1年。残された時間を大切にすべきと考えるメレンデスに、ショーンは手術で死ななければ何年も生きられるかもと反論した。リスクを説明したうえでポールに決めてもらうと言うクレアを止めたメレンデスは、ポールへの説明をショーンに命じた。

 

 

余命1年と率直に告知されたポールは、家族と一緒に説明を聞くことを望んだ。手術は難しくリスクも高いと説明されても家族は手術を勧め、ポール本人は『家族の望みをかなえる』と決めている。

 

 

手術でポールの腫瘍はすべて切除できた。大喜びする家族を見たショーンは、自分の説明がよくなかったと反省する。まだ予断は許さず、合併症の恐れもあるのだ。その後、ポールは合併症で亡くなり、失意の家族は手術を勧めたことを悔んだ。互いを責め合う家族に、ショーンは「ポールは手術をしたいと僕に言った」とウソをついた。それはポールが「真実が相手のためにならないときはウソを言うんだ」とショーンに教えたウソのつき方だった。

 

 

 

リムの患者

リムはERを受診した少女アーシャに膣の再生手術を頼まれた。2歳のとき縛られて割礼されたと説明したアーシャは、偽のIDを持参していた。

 

 

両親に知られたくないというアーシャの希望通り、リムは日帰り手術の計画をたてる。しかし、手術を終えたアーシャが激痛に襲われ、鎮痛剤で眠らせるしかなくなった。報告を受けたアンドリュースは驚きつつも書類仕事は私がすると請け合い、家族への連絡を指示した。

 

 

病院へ駆けつけた両親はリムを責め、転院させると言い出した。アンドリュースが呼んだ児童福祉局のヴァートラは「調査が終わるまで転院はできない」と告げ、両親とリムから事情を聴いた。処置をしたのは両親ではなく、子守を頼んだ祖母と叔母だった。父親は「大した問題じゃない」と言い、母親は「もししなかったら、私たちの社会では夫が見つからない」と説明する。激痛を訴えるマーラ(アーシャの本名)には再手術が必要だ。神経を完全に除去するか、再生手術にするか、ヴァートラはマーラ本人に決めさせた。両親の前でどうしたいか質問されたマーラは、両親の意見に従った。

 

 

モーガンの「どんな女性でも両親のいない場で性を語る権利があるはず」という意見を受けいれたアンドリュースは、両親抜きでマーラに確認することを認めた。しかし、ふたりきりでリムに再確認されたマーラの返事は「家族や伝統に背くことはできない」だった。

 

 

マーラの本心は再生手術だと信じるリムは「マーラが口頭で同意した」とウソをつき、手術を行った。術後、マーラは頬の内側に違和感を感じた。それは再生手術のために使った組織の傷痕だ。リムがしてくれたことに気づいたマーラは、「ありがとう」とリムに感謝した。

 

 

 

グラスマンの恐れ

執刀医を決めらないグラスマンに、主治医のブレイズは「48時間以内に執刀医を決めるか、新しい主治医を探すか」と最後通告をした。

 

 

グラスマンが恐れているのは死ぬことではなく、手術の後遺症で外科医を続けられなくなることだった。ショーンは「あなたは僕の友達だ」と励ますが、グラスマンの不安を消すことはできない。

 

 

覚悟を決めたグラスマンはコー医師に手術を頼んだ。

 

 

 

ショーンとリア

戻ってきたリアを居候させているショーンは、リアを避けるように仕事をしている。同じ部屋で暮らしているのに、まったく顔を見ないショーンを訪ねてリアが病院へやってきた。リアはランチでもと誘うが、ショーンは「僕は暇じゃない」と断った。

 

 

やっとリアと向き合うことができたショーンは、リアが去ったあとの苦しみを話し、リアからもらった思い出の野球ボールを返した。今すぐ出て行ってほしいと訴えるショーンは、本気だった。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

ショーンはリアとの関係に苦しんでます。

これって、ショーンでなくても悩みますよね。問題はリアのショーンに対する気持ちだと思うんですよ。単なる友人と思っているなら、ショーンの部屋に居候することは失礼だと思うし、そうでないならはっきり説明しなきゃ!・・・と思います。ハーシーで、何かあったんでしょうかね。

 

もう登場しなくていいと思うんですが、隣人ケニーはまだ住んでるのかな?ケニーの部屋が空けばいいのに。

 

手術を受けるグラスマンのそばにジェシカがいないことがとーっても不自然で、気になります。ジャレッドは卒業っぽいエピソードで見送ることができましたが、ジェシカの退場はどう説明するんだろう?

 

1+

コメント

テキストのコピーはできません。