ほぼ全記事ネタバレを含みます

グッド・ドクター~名医の条件~3 第19話「大地震の日」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
The Good Doctor
スポンサーリンク

Episode19 Hurt

【ざっくりあらすじ】
グラスマンとメレンデスが出席していた元患者のマルタが経営するブルワリーでのチャリティーパーティー中、大地震が起き、醸造所が倒壊する。グラスマン宛の招待状でパーティーに紛れ込んでいたリアは抜けた床下に落ち、行方不明になる。

 

 

 

 

メレンデスとクレア

ERをアンドリュースに任せたリムは、ショーン、クレア、パクを連れて倒壊したブルワリーへ向かう。

 

 

脊椎骨折しているかもしれないマルタの救出に付き添うメレンデスと合流したクレアは、まずメレンデスをチェックする。脇腹に梁が当たっただけと説明したメレンデスは自身の治療を後回しにし、重症のマルタを優先する。

 

 

運び出そうとされたマルタの苦痛の表情から、ショーンは「下手に動かすと一生マヒが残る恐れがある」と見抜き、ポータブルレントゲンで確認すると、マルタは動かせない状態だと判明する。その場での処置を提案するクレアにメレンデスも賛成するが、マルタの妻ノリーンはマヒを覚悟のうえで病院への搬送を希望した。

 

 

マルタの意思でその場での手術が始まり、予想以上に出血したマルタには輸血が必要になる。クレアはアルコールで消毒したビールサーバーでマルタ本人の血を使う方法を思いつき、マルタは助かった。最初は手術に反対していたノリーンはクレアに感謝し、メレンデスは「彼女は本当に素晴らしい」とクレアを称えた。

 

 

病院へ搬送されるマルタの意識が戻り、マヒはないとわかる。安堵した様子のメレンデスは突然嘔吐し、その場で倒れてしまった。

 

 

 

ショーンの思い

リアもブルワリーにいたと教えられたショーンはリアを捜し、安全が確認されてない床下へ入る。「怖くない」と自分に言い聞かせながら、がれきの中を進むショーンは、弟スティーヴを見る。「リアのヒーローじゃない」と諭すスティーヴの幻と向き合うショーンに、助けを求める女性の声が届く。

 

 

声の主はリアではなく、ヴェラという女性だった。鉄筋に肩と脚を貫かれているヴェラは身動きが取れない。元カレに会うためパーティーに出席したと話すヴェラに、「気持ちはわかる」と理解を示し、自身のフラれた話をしていたショーンは、唐突にヴェラの肩から鉄筋を引き抜いた。

 

 

「予告されると痛みが増す」と説明し、トークであなたの気をそらせたと自慢気なショーンに心を開いたヴェラは、「生きて出られたら前へ進みましょう」と提案する。僕は前へ進みたくないと返事したショーンは、リアと知り合ったことで豊かになった人生を語り、無線を通じて聞こえるショーンの声を救出されたリアが聞いていた。その無線から救助を求めるショーンの声がする。余震で水道管が破裂し、ショーンとヴェラには水が迫っていた。

 

 

 

父を待つ息子

カウンターの下敷きになり、身動きがとれないケイシーが息子のケランと重なるパクは、ケイシーに付き添い、励まし続ける。母はすでに亡くなり、父には失望されていると話すケイシーは父親に今の姿を見られることを恐れていた。

 

 

ケイシーの救出は時間がかかると聞いたリムはケガの状況を確認し、下半身を圧迫しているカウンターをどければ失血死すると判明する。リムは「できることは早く父親を呼ぶことくらい」と判断するが、父親が到着するまで3時間かかる。諦めきれないパクは時間を稼ぐ方法を考え、リムはその場での手術を決断する。

 

 

 

モーガンの手

両手を手術したばかりのモーガンは混乱するERを手伝おうとするが、アンドリュースは認めなかった。信頼を失ったアンドリュースを説得するため、モーガンはブルワリーから戻ってきたグラスマンを味方につける。

 

 

患者の処置は私が看護師に指示しますと訴えるモーガンにERを任せたアンドリュースとグラスマンは手術室へ向かい、看護師を集めたモーガンは「私のことを“クソ女”と呼んで」と言い、みんなが私の“手”になると宣言する。

 

 

“クソ女”らしくERを仕切るモーガンを見かねたペトリンガは「度が過ぎる」と指摘し、“手”を粗末にしないでと忠告する。ERのベッドを空けたいモーガンの指示を無視したペトリンガは妊娠を疑うタマラにエコー検査をするが、子宮に胎児はいない。「帰ってもらって」とペトリンガに声をかけたモーガンは強い痛みを訴えるタマラの卵管を調べるよう指示し、子宮外妊娠が判明する。

 

 

卵管が破裂したタマラはすぐに手術が必要になるが、手が空いている外科医はいない。「無理をしたら、一生、使えなくなる」とグラスマンに念押しされていたモーガンは、手に巻かれた包帯を外した。

 

スポンサーリンク

 

 

おちゃのま感想

3.5
なんだか『グレーズ・アナトミー』のようなショッキングな展開のシーズンフィナーレになりそうな予感。ショーンは大丈夫だろうけど、メレンデスは心配です。こんなのやだよ~(泣)

 

ショーンの思いを聞いていたリアの気持ちに変化があるんでしょうかね?ショーンは前にも、リアが自分の人生をより良いものにしてくれるって言ってたけど、友達じゃダメなのね。まずリアの気持ちを受け入れるとこから始めるってのは、どうでしょうね?

 

モーガンは早々に手術を受けたんですね。ジャレッドのことを許さなかったアンドリュースの頑固さを思うと、信頼を失ったモーガンは苦労しそうです。手は大丈夫なのかな~?次回の最終話はとんでもない展開になりそうです。
0

コメント

テキストのコピーはできません。