『レジデントエイリアン』あらすじ感想はじめました

ナイトシフト~真夜中の救命医 シーズン1| ネタバレ感想

この記事は約4分で読めます。

 

Season1 全8話

【ざっくりあらすじ】
舞台はテキサス州サンアントニオ記念病院。ERのナイトシフトのチーフにジョーダンが立候補した。患者のための治療を行う医師たちと経営側の事務長ラゴーサは、意見が合わないこともしばしば。とくにラゴーサともめる医師のTJはジョーダンの元カレで、従軍時代のPTSDを抱えていた。

-2016.12.27加筆-

 

↓ネタバレを含みます↓

おちゃのま感想 ★★★☆☆

WOWOWにて放送の『ナイトシフト~真夜中の救命医』シーズン1、観終わりました。

全8話という短いシーズンだったので、撮りだめしていたものを一気にどどどどどーと。

作品の第一印象は「どこかで見たことある人がたくさん出てるドラマだなー」ってことでした。

ナイトシフトに勤務変更しチーフに名乗り出たジョーダンは、個人的にまだまだ『ロイヤル・ペインズ』のジルだし。なんだか頼れる先輩ふうな外科医トファーは、『LOST』というより(わたし的には)『パーソンオブインタレスト』のレオンだし。精神科医のクルスは『レボリューション』のノーラだし。

 

 

 

仲間意識感じるストーリー

ストーリーはこれまたどこかで見たような感じではあるのですが、テキサス州サンアトニオが病院のある街で、軍と深く関わっている点が他の医療ドラマと違うところかな。それがなければ、ERとグレーズアナトミーを混ぜたような感じです。

 

第1話の「Pilot」は、ちょっとテンションをあげて作ってしまったのか、このERがお祭り騒ぎのような病院として描かれておりました。救急の患者が大勢来てバタバタというより、病院スタッフがハイテンションでお祭り騒ぎな印象です。”ナイトシフト”なのにハイテンション・・・。患者にはなりたくないような病院ですが、回が進むにつれこのお祭り騒ぎは収まり、案外真面目な医療ドラマに落ち着きました。よかったです。

 

メインのテーマは、主人公TC(だよね?)のPTSDが、今後回復していけるのか。恋人がいるものの、そのTCの事が気になり(まだ好きだと言っていたような?)ジョーダン。これが、大きな主軸でしょうか?

 

最終回でTCは自分のPTSDを認め、戦地での出来事をジョーダンに話すことができました。ジョーダンはそっと優しくTCのそばにいて、そんなふたりをジョーダンの現恋人のクレメンスがこっそり見てました。来シーズンは、このあたりの恋愛模様はごちゃごちゃしそうです。

そのジョーダンは、医療過誤で警察から訴えられそうなトコで終わりました。病院スタッフを殺し、トファーを撃った犯人の処置を間違え死なせてしまったと。事もあろうか現恋人クレメンスが「誰がこんな処置をしたんだ」と警官の前で言い、医療ミスを告発したかのように描かれていました。

 

 

 

魅力感じる登場人物

登場人物も面白味ある人が多かったです。

事務長のラゴーサ
ラゴーサは目の病気で医師になることを諦め、医療の知識は外科医並にあるという人物。私生活でも離婚したり、最終話では視力が戻るかもと期待していたところ、目の裏に腫瘍が見つかってしまうという、この人が主人公でもいいんじゃないの・・・と思う設定の人。病院内では強引なとこもありヒールな役柄なんですが憎めない。この人、わたしのツボにはまりそうなキャラです。

 

新人研修医のクリスタとポール
クリスタは、どーーーーみても新人に見えないんですけど。そのおかげ(?)で、ポールが子どもっぽく見えてる気がする・・・。このふたりも、だんだんと存在感と味を出してます。成長が見せどころだと思うので、今後が楽しみ。

 

仲間意識の強い、TCとジョーダンとトファー
TCのPTSDのこともあり、たびたび過去の戦場シーンが挟まれるんですが、TCの兄が戦死した時もトファーがそばにいました。強い信頼と友情で結ばれているのは、見ていて気持ちよいものです。足の引っ張り合いとかなくって。

余談ですが、TCはこのドラマのイケメンキャラ(というポジションだと思う)なんだけど、個人的に見る角度によって微妙です。かっこよく見えたり、じーさまに見えたり(^▽^;)

トファーは、父性を感じさせるドラマの良心的な良いキャラです。『ER』でいうところのマークのような?撃たれたときはどうなるのだと心配したのですが、元気にシーズン2でも活躍してくれそうです。(たまには『パーソンオブインタレスト』にも出て欲しいですが)

 

シーズン2は、8話ってことはなさそうです。(短すぎだよね)
テンポよくきたシーズン1から、どんな展開になってゆくのか楽しみにしたいと思います。

コメント

テキストのコピーはできません。