ほぼ全記事ネタバレを含みます

レジデント 3 第12話「計画倒れ」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
The Resident
スポンサーリンク

Episode12 Best Laid Plans

【ざっくりあらすじ】
ニックとミーナが郊外の無料診療所でボランティアをしている頃、迷子の捜索に協力していたコンラッドは、車がレッカーされたニックの父カイルに呼び出される。一方、チャスティンのERで働くデヴォンのもとには、再び王女ナディーンが現れる。

 

 

 

 

レッドロックの被害者

カイルを自宅へ送ろうとしたコンラッドに多発性硬化症の患者、アーチャーから電話がかかる。思いつめた様子のアーチャーを心配したコンラッドは、カイルを連れてアーチャーの自宅を訪ね、カギをかけた部屋の中で鎮痛剤を手にしているアーチャーを発見する。

 

 

アーチャーが自殺しようとした原因はチャスティンだった。チャスティンは事前の説明もせず、アーチャーの手術に保険適用外の麻酔科医を使い、支払いができないアーチャーを訴えたのだ。

 

 

到着した救急隊員にコンラッドが説明している隙に、アーチャーは妻とカイルの前で自分を銃で撃ってしまう。チャスティンへ搬送されたアーチャーはベルが執刀を引き受け、助かった。コンラッドにアーチャーの自殺未遂の理由を教えられたベルは「今回は請求しない」と言い、あとは方法を考えると約束する。レッドロックの支配下になったチャスティンで、生きがいだった居場所を奪われたコンラッドとベルは、互いを気遣った。

 

 

 

最期の瞬間

ニックたちがボランティアをする診療所には、医療を必要とする大勢がつめかけた。4時間もかけ、姉のジョイスと診療所を訪れたビアンカの補助人工心臓(VAD)が警告音を発し、交換バッテリーも手動ポンプも自宅に置いてきたと気づいたビアンカは愕然とする。電池は簡単に手に入るものではなく、電池交換が間に合わないとビアンカは死ぬことになるのだ。

 

 

救急ヘリも近隣のVAD患者もつかまらず、チャスティンを出発した電池を届ける救急車と途中で落ち合うことにするが、落ち合う場所まで30分以上かかる地点で、残り時間は15分になる。死を受け入れたビアンカは青空の下で安らかに旅立つことを希望し、「蘇生処置はしないで」とニックに頼む。

 

 

電池切れを知らせる警告音が鳴り、姉に手を握られたビアンカは自分の心臓が動いてると気づく。力強く脈打っているビアンカの心臓は、VADをつけた5年の間に回復し、装置が切れたことで動き出したのだ。到着した救急車に積んでいるエコーで心臓の機能を確認すると、血栓ができ始めていると判明する。心臓が動き出したものの、ビアンカは装置を出さないと危険な状態だった。

 

 

チャスティンに到着したビアンカはオースティンとミーナが執刀した。環境に適応し、自己修復したビアンカの心臓に感動するオースティンは「最期のときに気持ちを伝える相手は、間違いなく君だ」とミーナに告げる。オースティンの想いを察したミーナは、ふたりの関係は今が完璧だと返事した。

 

 

 

デヴォンと王女

「棚に頭をぶつけた」という理由でデヴォンの診察を受ける王女ナディーンは、入院を希望する。デヴォンはERでしばらく様子を見ることを提案し、ナディーンは「あなたを観察してるね」と喜んだ。

 

 

「頭を打ったけど、あなたに会えてうれしかった」と話すナディーンの孤独を知ったデヴォンは、“検査”というウソの説明で護衛を遠ざけ、ナディーンにつかの間の自由をプレゼントした。常に監視され、望むように生きられないナディーンはデヴォンに感謝し、ふたりはキスをした。

 

 

 

新たな出会い

ベルとアンドレアのサプリビジネスに加わったケインは「俺なら収益を拡大できる」と豪語し、アンドレアをディナーに誘う。“広告会社の投資家との食事”と説明されたアンドレアは資料持参でレストランへ向かうが、そこにいるのはケインだけだった。

 

 

当然のようにディナーを始めるケインに不快感を抱くアンドレアに、タイミングよくオースティンからメッセージが届く。チャスティンにサプリの試供品を届けたアンドレアは心惹かれたオースティンに名刺を渡していたのだ。「行かなきゃ」と席を立ったアンドレアは、意識が戻ったアダクに付き添うミーナに背を向けたオースティンの電話に応じた。

 

 

 

カイル

コンラッドは、夫の異変に気付かなかったと嘆くアーチャーの妻を慰めるカイルの「死ぬことが最善策に思えるものだ」という言葉が気になった。一緒にピザでも食べようと言うコンラッドの誘いを断ったカイルは、レッカーされた車を引き取りに行く。車に乗ったカイルは、グローブボックスにしまっていた銃を手にとった。

 

スポンサーリンク

 

 

おちゃのま感想

3.5
ひゃ~、まさかのサイクス&クーパーの復活!
『Major Crimes』で恋人だったふたり(オースティンとアンドレア)ですが、こちらでも恋人に~…なんてことになるのでしょうか。

 

いずれミーナとオースティンは恋人になるんだろうな・・・と想像しておりますが、今のミーナはアダクのことで手一杯だし、想い合ってたとしても、まだまだ時間がかかりそうですよね。てことで、アンドレアと?ふたりの出会いのシーンは、心が弾む様子が伝わってきました…( ̄▽ ̄;)

 

恋愛事情はさておき、カイルが心配です。先日の感謝祭のときもそうでしたが、うつ状態のように感じます。今回、アーチャーの自殺未遂を目の当たりにしたショックは大きかったんじゃないかな。ああ、大丈夫かな~。
0

コメント

テキストのコピーはできません。