『Major Crimes~重大犯罪課』あらすじ感想はこちら

Major Crimes~重大犯罪課 4 第9話「報われぬ愛」| あらすじ感想

この記事は約4分で読めます。
 
MajorCrimes4_91

Episode9   Wish You Were Here

【ざっくりあらすじ】
首から血を流し、銃を片手に下着姿で歩く男性の動画がSNSで広まった。男性は「妻を愛してる」と言い、道に倒れ死亡した。男性が銃を持っていたため近づけなかった警察は非難を浴びる事になった。男性の衣類が見つかったモーテルの部屋からは血痕が見つかり、ゴミ箱にはシーツの包装が捨てられていた。

ネタバレを含みます   すぐさま感想を読むはこちら

 

プラスドライバーを凶器に使った連続殺人

男性はジョン・プライスと判明し、検死の結果ジョンはプラスドライバーで後頭部を刺され死亡した事がわかった。

「妻を愛してる」と言い死んだジョンは、2前にグレッチェン・タッカーと離婚していた。グレッチェンは建設業で財を成した父の遺産を受け継いだ裕福な女性だ。ジョンの最後の言葉を聞いたグレッチェンは、悲しむことなく激怒していた。

 

ジョンの服が見つかったモーテルに止めてあった配管工の車の所有者”マックス・ライリー”を探す為、その妻を尾行していた重犯課は、なぜか妻が見つけたジョンの車からマックスの死体を発見した。

マックスの妻は夫の浮気を疑い、車のキーに追跡装置を仕込んでいたのだった。マックスもジョンと同じく後頭部をドライバーで刺され殺されていた。

 

ジョンの車から見つかったレシートを手がかりにジョンの住処であるスクラップ工場が見つかった。スクラップ工場の敷地にはジョンが寝泊まりしていたと思われるキャンピングカーがあり、配線をたどると冷凍保存された死体が2体見つかった。モーテルで血痕を隠す為に使われたのと同じシーツも見つかり、PCからは冷凍保存の死体の映像が見つかった。

冷凍死体の身元は、エリック・シューマンというセメント職人とポール・ドナヒューという塗装工だった。ジョンが持っていた銃はエリックのものだと判明した。ふたりともやはり後頭部をドライバーで刺されており、最後の目撃場所は安モーテルの近く、そしてこれまでの被害者同様建設業の関係者だった。

 

 

連続殺人犯の言い分

似た手口の事件を調べたエイミーが、5年前モーテルでホームレスにドライバーで襲われたダグラス・マーティンという土木作業員を発見した。当時ダグラスはジョンの元妻グレッチェンの建設会社で勤務していた男性だった。

署で事情を聞かれたダグラスは、当時グレッチェンと浮気をしており、グレッチェンにドライバーで襲われた事を認めた。お互い既婚者で、ダグラスにとってグレッチェンは都合の良い不倫相手だったという。ドライバーで襲われた理由は、グレッチェンに「愛してる?」と聞かれたダグラスが否定した為だった。ダグラスが「ホームレスに襲われた」と言ったのは、妻に知られたくなかったからだ。

 

シャロンはグレッチェンをジョンの遺体確認の名目で遺体安置所へ呼んだ。事前にミランダ警告の書面にサインさせ、被害者たちの遺体と対面させた。自分が殺した被害者たちと思わぬ形で再会したグレッチェンは「ジョンにハメられた」と主張するが、シャロンに「ジョンが被害者を冷凍保存していたのは、生活費を手に入れる為だったのではないか」と指摘されてしまう。

追い詰められたグレッチェンは、自分が全員からレイプされたと主張を変えた。グレッチェンは「レイプ犯を殺しても殺人じゃない」と自らの犯行を自白してしまった。

逮捕されたグレッチェンは今度は正当防衛を主張し、「警察には法廷で謝罪してもらう」と強気なままだった。ホッブス検事は、彼女とは取引しないときっぱり決めた。

 

 

ガスとの取引

ガス(グスタボ)がマリアナ(アリス)の兄である事はDNAで確認された。

ガスはホッブス検事への協力を拒み、まず葬儀の費用を出して欲しいと要求していた。ホッブス検事もガスが答えるまで一切支援はしないつもりだ。頑ななガスをフリンが預かると申し出て、自宅へ連れ帰り世話をすることになった。

ガスは警察がパロマを探してくれない事にも不満を感じていた。フリンは「警察が公式に探すことになれば、パロマが見つかった場合、親に引き渡される事になる」と説明した。

ガスは、無理やり連れ戻されると思ったからマリアナは逃げ出し、死ぬことになってしまったと言い、それはダメだと言う。フリンは自分が記録に残らない形で探すとガスに約束し、ラスティーもフリンを後押しした。ガスはフリンを信じ、ホッブス検事に協力することにした。

ラスティは、本当にパロマを探してとフリンに頼んだ。フリンは、ガスの目的はパロマを探す事だけでないかも知れないとラスティに忠告した。

 

 

おちゃのま感想 ★★★☆☆
自分の会社の既婚男性と不倫して、自分の「愛」に応えない男たちを安モーテルでプラスドライバーで殺害するという殺人鬼グレッチェンのエピソードでした。
この人、毎度毎度ドライバーを準備して男性たちと会っていたのだから、全部計画的な殺人だったんですよね~。殺す為に不倫してたのかしらね・・・。ホッブス検事も不愉快そうでした。

フリンが言っていたように、ガスは何か隠している事があるように感じるなぁ。パロマは母親たちと一緒に居ないと思ってるのは何故なんだろう?アリス改めマリアナの件は、まだまだ何かありそうな予感がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました