『Major Crimes~重大犯罪課』あらすじ感想はこちら

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド 2 第10話「入らないで」| あらすじ感想

この記事は約4分で読めます。
FTWD2_10

Episode10 Do Not Disturb

【ざっくりあらすじ】
消えたオフェリアを探していたアリシアは、ゾンビに追い詰められた。アリシアはエレベーターの扉をこじ開け、ケーブルに飛びついた。ゾンビをエレベーターシャフトに落とすことは成功したが、アリシアも絶体絶命だ。そんなアリシアを階上から助ける女性が現れた。

 

 

 

 

 

ホテル内の出来事

女性はエレナという名で、ホテルの従業員だった。客室の鍵を持ちホテルの構造を熟知しているエレナは、甥のヘクターとふたりでゾンビを誘導して客室に閉じ込めホテルを支配していた。

 

エレナとヘクターは、生き残りの10名ほどの客たちと戦っているのだという。エレナは食料を調達に部屋を出たまま帰らないヘクターを心配していた。

 

アリシアはバーに居るはずのマディソンのもとへ行く為、ヘクターを一緒に捜すと約束してエレナに協力を求めた。ふたりは廊下のゾンビを客室に閉じ込め、バーへ向かった。

 

バーの中はゾンビで溢れていた。アリシアは中にマディソンがいるはずと焦るが、エレナはドアを開けようとするアリシアを止めた。ふたりがバーの前でもめていると、ヘクターを人質にした生き残りの宿泊客たちが現れた。

 

結婚式の最中に新婦の父が亡くなり、ゾンビ化した父が花嫁を襲う惨事を目撃したエレナはまだ生きている人たちを会場に閉じ込め鍵をかけたのだった。生き残りの客のひとりは、花嫁の母だった。ヘクターを人質にした母は、鍵と引き換えだとエレナに迫った。

 

エレナが鍵とヘクターを交換すると同時に、アリシアはバーの扉を開けゾンビを招き入れた。ゾンビは宿泊客たちを目指し、ドアの後ろに隠れたアリシアたちには気づかない。ゾンビをバーから出す事に成功したアリシアはマディソンを探した。マディソンとストランドは地下の部屋へ隠れて無事だった。

 

 

 

トラビスとクリス

トラビスとふたりで行動しているクリスは落ち着いたように見えたが、マディソンたちと合流することには依然拒否反応を示していた。

 

放置してある車を手に入れ、トラビスはクリスに運転を教えた。夜、たき火を囲み食事を始めると、クリスが物資を盗んだ店にいた男たちが現れた。

 

男たちはブランドン、デレク、ジェームズと名乗り、サンディエゴに帰るつもりだ話した。トラビスはサンディエゴもロスも軍が爆弾を落とし壊滅状態だと教えた。ブランドンたちは一緒に行動しようと誘うが、トラビスは断った。しかし、盗んだ車がガス欠で、トラビスとクリスは隣町までブランドンたちの車に乗せてもらうことになった。

 

道からはずれた場所に農場を見つけた一行は、食料を探し始めた。クリスと3人組は小屋で飼育されているニワトリを見つけ、食料だと喜んだ。

 

外を見回っていたトラビスは最近埋葬したばかりの墓を見つけ、住人がいるはずだとクリスたちを止めようとする。そこにライフルを持った住人の男性が現れた。トラビスは出て行こうとクリスに言うが、クリスはトラビスの言葉に従おうとはしない。農場の男性が3人組のひとりの足を撃つと、クリスはその男性を撃ってしまった。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★

マディソン&ストランドは無事でアリシアと合流できたけど、オフェリアの行方はわかりません。生きているとしても、生き残りの客に捕まってるか、自殺を考えていそうで心配です。

問題のクリスは、どうなっちゃうんでしょう。
最初は正義感の強い少年って印象だったのだけど・・・。

 

クリスがマディソンを嫌うのは、自分の行動を見透かされてると感じるからなのかな。確かに、マディソン役の女優さんの表情はいつもそんな感じ。

怪しい3人組との出会いで、クリスはますます悪い方向へ向かいそう。農場のおじさんを撃ったクリスの表情は、もう別の人間になってしまったという感じでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました