お探しのドラマは検索窓からどうぞ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド 7 後半エピソード9~12【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。
Fear the Walking Dead
スポンサーリンク

Episode9~12

この記事は第9〜12話までのあらすじを簡単にまとめたものです。 詳細ははぶいておりますので、ご了承下さい。

 

第9話「ついてこい」(Follow Me)
第10話「キベリタテハ」(Mourning Cloak)
第11話「オフェリア」(Ofelia)
第12話「サニーボーイ」(Sonny Boy)

 


 

【ざっくりあらすじ】
ストランドに宣戦布告したアリシアはテディの信者を率いるアルノと手を組もうと考えるが、アルノにとって多くの仲間を犠牲にしたアリシアは敵だった。

 

 

アリシア

アルノに追われるアリシアは、聴力を失くした音楽家ポールと出会う。テディの核攻撃で妻を亡くしたポールと打ち解けたアリシアは、ウォーカーに噛まれた直後から見続けている夢の話をする。アリシアがパドレを信じた理由は、その不思議な夢のせいだった。

ポールとの出会いで、「夢は自分の内なる声」と悟ったアリシアは、パドレのような場所を探している人たちを集めると決める。戦いの準備をモーガンに任せたアリシアは、発熱しているにもかかわらず、ひとり潜水艦を出発する。

潜水艦チームの出来事

戦いの準備をするモーガンたち潜水艦チームは武器調達に向かう。そんな中、娘のオフェリアが生きていると思い込んだ混乱状態のダニエルが潜水艦からいなくなり、ダニエル捜索を任されたルシアナとウェス共々、潜水艦の無線を傍受していたアルノに捕まる。

武器が必要なアルノは、モーガンたちが向かった先を聞き出そうとする。アルノは混乱状態のダニエルを利用しようとしたが、「オフェリアを捕らえている」とウソをついたアルノはダニエルに報復される。

アルノは仲間を守ると約束したルシアナに、何者かが核のクレーターにいる死人を逃していると教える。「みんなをタワーに避難させろ」というアルノの最期の言葉を真摯に受け止めたルシアナは、残された手下たちに協力を呼びかける。「ストランドのタワーを奪って、新たな始まりを迎える」と訴えるルシアナの声は、元テディの信者たちの心に響いた。

アルノの集団が潜水艦チームに加わり、武器も確保した。その一方で、ストランドの考えが読めるダニエルが鍵だと確信するルシアナが「アルノがオフェリアはストランドのタワーにいると言っていた」とウソをついたことで、信じた人たちが変わってゆく様に落胆していたウェスが去ってしまった。

タワー内の戦い

モーガンに頼まれた任務のため、タワーへ入りたいチャーリーはハワードが交換条件にした危険な任務を引き受ける。生きて戻った者のいないその任務でチャーリーが被爆し、チャーリーと恋に落ちたタワーの青年アリもハワードに処刑される。

チャーリーとアリの件に心を痛めたジューンとJDは、それぞれ密かに動き始める。チャーリーを助けに行った際に被爆したJDは、残された時間でタワーを安全な場所に変えようと考え、ストランドの側近になるためハワードをハメる。一方、赤ちゃんモーがいる限り、モーガンたちがタワーを攻撃できないと考えたジューンはグレースと協力し、レスラーのミッキーが脱出した方法でモーをタワーの外で待機しているモーガンに届けようとする。

「赤ん坊を見つけたらあんたの意見を聞く」と言うストランドの言葉を信じたJDは、危険を冒しモーを外へ連れて行こうとしていたジューンを止める。しかし、モーを取り戻しても、ストランドは約束を守らなかった。側近になっても無駄だと悟ったJDは、背を向けたストランドを殴り倒し、モーを連れ去る。

ストランドの無線で外にいるモーガンに連絡をとったJDは、ストランドの命令で屋上から突き落としたハワードが集めていた鎧を身にまとう。ジューンたちに見送られたJDは死人の群れを歩き、モーガンにモーを届けた。死を受け入れたJDは自ら犠牲になり、モーガンたちを逃がす。

タワーの屋上からJDの様子を見ていたストランドの傍らにはウェスがいる。切り札だったモーを奪われたストランドは「タワーに一歩でも入ればジューンたちを殺す」と告げ、自分に従う者はタワーに来るよう呼びかけた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

2.8

 

FTWDファンのみなさま、ごめんなさい。今回も愚痴が止まりそうにありません(涙)

 

第8話でようやく物語が動き始めたと喜んだのに、またもや停止状態に逆戻り・・・。しかも、あんなに連呼してた“パドレ”は、あっさり失敗したって・・・。いったいぜんたい、どうしちゃったんでしょう。この薄い内容では、観る気力を失いそうです。

 

今回も感じたことですが、やはり核攻撃以来、行き詰まってるな〜と感じます。第10話のチャーリーの件にしても、あの建物だけが危険だなんてありえないと思うんですけど。こんな形でチャーリーが去るとしたら、本当に残念。もうちょっと言うと、チャーリーとダニエルの絆はどうなってるんでしょうね。混乱してるダニエルはチャーリーのことを忘れたの?

 

そして、JDの退場シーン・・・。この4話の中でのクライマックスは、第12話のJDの物語ですよね。JD最大の見せ場なのに、ストーリーの流れが悪いせいで感情移入もできず、そこが非常に悲しく感じる部分でした。

 

こうゆう展開になるのなら、FTWDはマディソン一家の物語として描き、シーズン5あたりで終わらせてたほうが良かったな・・・なんて考えてしまいます。ストランドが敵になるのは面白いアイディアだと思うけれど、対するモーガンがブレブレ状態ですよね〜。赤ちゃんモーを連れてストランド暗殺にタワーに乗り込んだり、高熱のアリシアひとりに戦闘員確保を任せたり、まだ13歳のチャーリーにタワーへの侵入を指示したり、ウォーカーに襲われるJDを助けなかったり・・・と。挙げればキリがありません。

 

良かった部分は、ウェスがストランドのもとへ行ったこと。モーガンのもとでは埋もれたキャラになりつつあったので、存在感を示せるポジションを手に入れた点は良かったな〜と思います。

 

文句たらたらで本当にごめんなさい。こんな気持ちで観るのは非常に辛いので、後半戦で盛り返してくれますように(祈)
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。