掲示板作りました

エレメンタリー 6 第18話「ホロウィッツの大予言」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Elementary

 

スポンサーリンク

Episode18
 The Visions of Norman P. Horowitz

【ざっくりあらすじ】
「命にかかわる問題なんです」と、アポもなしに訪ねてきたデヴィッド・ホロウィッツに、シャーロックは死の警告をされた。2か月前に亡くなったデヴィッドの兄ノーマンの予言が当たり、すでに3人が死んでいるというのだ。ノーマンの予言によると、シャーロックは3日後に死ぬことになっている。

 

 

 

死の予言

統合失調症だったノーマンは薬の過剰摂取で亡くなっていた。デヴィッドによると、ノーマンが予言を書き始めたきっかけは、デヴィッドの紹介で始めた地方紙の訃報欄の仕事だった。仕事にのめりこんだノーマンは、見知らぬ人が、いつ、どうやって死ぬかを書くようになり、その記事はこれまで3つ的中しているのだ。

 

 

病気にしては社交的だったというノーマンは、信仰する『シミュレーション理論』のシンポジウムに参加し、デヴィッドの知らない仲間たちと交流していた。デヴィッド宅の地下にあるノーマンの部屋を見たシャーロックとジョーンは、元依頼人ヘンリー・バスカヴィル(シーズン4第16話「キラー・ドッグ」)の名前を発見した。『シミュレーション理論』の信者であるヘンリーとノーマンは手紙のやりとりをしていた。シミュレーション信者が犯行にかかわっていると考えたシャーロックはヘンリーに協力を求め、ヘンリーは『要注意者リスト』を提供した。

 

エレメンタリー 4 第16話「キラー・ドッグ」| あらすじ感想
資産家のチャールズ・バスカヴィルがランニング中に土手から落ち事故死した。熟知している...

 

 

リークの波紋

シャーロックは『誰かがノーマンの記事に従い殺人を犯している』と確信していたが、防犯カメラに映った3人目の死者の映像は、自殺以外考えられないものだった。自殺のからくりがわからない中、ノーマンの予言がリークされ、デヴィッド宅に報道陣が押しかけた。

 

 

リークした人物の特定はできなかったが、ノーマンの記事は『現実はドット・ネットじゃない』というシミュレーション信者が集う個人チャットに公開されていた。予言のリークを受け、自殺未遂を図ったサイトの管理人テリーに疑いがかかる。しかし、テリーが自殺しようとした理由は、『3週間後、拷問死する』という自分の死の予言に恐怖したためだ。疑われたテリーは“編集者”が怪しいと指摘した。ノーマンは友人の“編集者”に「出版するから誰にも見せるな」と言われ、『ヴィジョン』という予言の本を書いていたのだ。

 

 

 

予言の目的

ヘンリーの警備主任が駅で火災報知機を鳴らし大騒ぎを起こした。「テロを防いだ」と得意げなヘンリーは、ノーマンが書いた『ヴィジョン』をシャーロックたちに見せた。シャーロックを訪ねた際、飛び降り自殺した“3人目の死者”の映像を偶然見たヘンリーはノーマンの予言を信じたのだ。400万ドルで『ヴィジョン』をデヴィッドから買ったと聞いたシャーロックは、デヴィッドに利用されたことに気が付いた。ノーマンの予言の目的はヘンリーに『ヴィジョン』を買わせることだと悟ったシャーロックはグレグソンに知らせるが、すでにデヴィッド夫妻は姿を消した後だった。

 

 

48時間経ってもデヴィッド夫妻の行方はわからず、シャーロックは自分を責めた。「俺たちの負けだ」と言いながら捜査資料を片付け始めたシャーロックは、ジョーンが万一に備えコピーしていたデヴィッドとノーマンの写真に目をとめた。ふたりの背景に写るボラチェロはコロンビアとベネズエラにしか自生しない木だ。“スコポラミン”という相手を自在に操れる麻薬に使われるため、アメリカでは違法のボラチェロがデヴィッド宅の裏庭に生えていると確認したシャーロックは、コロンビア出身のデヴィッドの妻ルスを調べた。

 

 

デヴィッド夫妻は、2日後ボゴタへ出航予定のルスの悪徳貿易業者の兄の船に隠れていた。「なぜここがわかったの」と憎々しげに問うルスに、シャーロックは「予知したんだ」と返事した。

 

 

 

シャーロックの遺産

今回の事件で死の予言をされたシャーロックは分厚い遺言書の控えをジョーンに渡した。しかし、ジョーンが確認すると口座はカラになっている。シャーロックの口座の金を盗んだのは、モーランドの財産管理人だった。シャーロックが手を付けない信託財産を様々な悪徳企業の株に変えた財産管理人は、その利益を着服していたのだ。シャーロックに脅された財産管理人は、盗んだ財産を金の延べ棒で返却した。

 

 

自宅に山積みにされた金塊を見たシャーロックは、父が悪事で手に入れた金だとしても毛嫌いするのは愚かだと悟った。シャーロックはずいぶん薄くなった遺言書の改訂版をジョーンに渡した。財産を慈善団体や警察の銃買戻し事業に寄付したと報告するシャーロックを、ジョーンは誇らしげに見つめた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4

今回はジョーン役ルーシー・リュー(Lucy Liu)さんが監督。
キャスト監督エピソードが3つ続きました。比較するわけではないのですが、ルーシー・リューの演出は、凝りすぎず、主張しすぎず、全体にバランスがよくって、わたしは好きだな~と感じてます。

 

死の予言のおかげというべきか、シャーロックは財産整理しました。分厚かった遺言書がペラペラになってたので、手元に残したのは家と自分が稼いで手に入れたものくらい・・・ってことなのかな。あの金塊からして、莫大な寄付をしたんでしょうね~。想像できないくらいの…( 一一)

 

さて、今シーズンも残り3話ですよ。マイケルは?

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました