ほぼ全記事ネタバレを含みます

エレメンタリー 5 第21話「浮遊する怒り」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Source:CBS

 

スポンサーリンク

Episode21
 Fly Into a Rage, Make a Bad Landing

【ざっくりあらすじ】

シャンタルは意識不明の重体だった。シャーロックは捜査から外されシャンタルに付き添うベルを気遣い、「犯人は捕まえる」と約束した。

 

 

 

ロイのアリバイ

容疑者になったロイは弁護士連れで署へ現れた。犯人がシャンタルのベッドに放尿していたと聞いた弁護士は、「DNAが検出されると知っていて、そんなことをするはずがない」と主張するが、グレグソンは「怒りはミスを誘う」と反論した。

 

 

現在、離婚専門の法律事務所で調査員をしているロイは、依頼人の夫を尾行していたとアリバイを主張した。

 

 

ロイのアリバイを確かめるため、シャーロックは昨夜ロイが張り込んでいたと話した秘密保持がウリのカントリークラブへインターポールの最重要指名手配犯似の俳優を入会希望者として送り込んだ。「クラブ内で撮影した逃亡犯らしき男の写真を見たら、FBIやインターポールが押し寄せる」とシャーロックに脅されたクラブは、しぶしぶ防犯カメラの映像を提出した。

 

 

防犯カメラの映像でロイのアリバイは証明されたが、シャンタルのベッドにかけられた尿のDNAはロイのものと一致した。何者かがロイをハメるためシャンタルを襲ったことがわかると同時に、車の中で拳銃自殺したロイの遺体が見つかった。

 

 

 

ロイを恨む者

共謀罪に加え暴行の容疑をかけられ、追い詰められたロイが自殺を選んだように証拠は示していた。しかし、毒物検査の結果、ロイの遺体から微量の大麻の成分のほかに睡眠薬が検出され、他殺だと判明した。

 

 

シャーロックは捜査を外されたベルを伴いロイの雇い主の法律事務所を訪れた。離婚弁護士のテッド・ウインスロップは、守秘義務があると言いながらもロイが調査していたユーコフという人物を教えた。

 

 

妻への暴行で逮捕歴のあるユーコフの掌紋がロイの車の窓から検出され、ユーコフに疑いがかかる。ユーコフはトモリノという調査員を使いロイ周辺を調べ、シャンタルの情報も握っていた。しかし、トモリノがロイの情報をユーコフに渡したのはロイが殺された後のことだった。

 

 

 

煎じ薬の意味

シャーロックとジョーンは、ロイが調査していた別の離婚者を調べることにした。先月のロイの移動記録から、ロイが解毒効果のある煎じ薬を購入し、何度もブルックリンの銀行へ行っていることがわかった。ロイはその銀行の貸金庫に、調査していた夫たちの隠し口座のリストと10万ドル近い現金を隠していた。

 

 

隠し口座をロイに握られた夫の中に犯人がいるようにも思えたが、ロイが煎じ薬で大麻を解毒しようとしていたことからシャーロックは「犯人はロイの雇い主のウインスロップだ」と特定した。

 

 

シャーロックは、ウインスロップの依頼人である離婚する妻たちに協力を求め、ロイの貸金庫にあった隠し口座の残高を確認した。その結果、ウインスロップは見つけた隠し口座の残高を実際よりはるかに少なく妻たちに報告していたことがわかった。ウインスロップは依頼人を裏切り、夫たちから報酬を受け取っていたのだ。

 

 

夫たちとの裏取引に気付いたロイはウインスロップを脅し、ウインスロップはロイを自殺に見せかけ殺す計画を考えたのだ。シャンタル暴行やロイ殺害について「完全に憶測だ」と自信満々だったウインスロップだが、法律事務所が行った薬物検査の担当者が1000ドルでロイの尿をウインスロップへ売ったと証言していた。担当者の宣誓供述書を突き付けられたウインスロップは、空をにらんだ。

 

スポンサーリンク

 

ベルの過去

以前からベルが虐待被害者だと気づいていたシャーロックは、恋人が暴行されたベルの怒りを心配した。ベルは子供のころ母親が交通事故で入院した話をジョーンにしていたが、それは父の暴力によるものだった。

 

 

事件も解決し、シャンタルも回復に向かい、ベルはシャーロックに気遣ってくれた礼を伝えた。ベルを素晴らしい人間だと認めているシャーロックは、自分の探偵の才能よりそちらのほうがずっと大事なことだとベルに話した。「自分の問題と向き合うことにした」というベルの報告を聞いたシャーロックは満足そうにベルを昆虫レストランへ誘った。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

ロイ、死んじゃいましたね・・・。

嫌な人だったけど、元夫がこんな形で死んでしまって、シャンタルはさらに深く傷ついてしまうような気がします。ベルがそばにいてよかったです。

今回のエピソードでは、ベルが子供ころに虐待を受けていたというショッキングな背景が明かされました。辛い気持ちになりましたが、シャーロックのストレートに表現できないベルに対する『男の友情』や、ラストの昆虫レストランへ誘うオチでなごみました。

ベルはママや兄弟のことも気遣ってるし、苦労人ですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました