『ニュー・アムステルダム』あらすじ感想始めました

ブラインドスポット 4 第19話「盗まれた発射コード」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Blindspot

 

 

スポンサーリンク

Episode19 Everybody Hates Kathy

【ざっくりあらすじ】
国の研究機関であるエレクトロ・ヴェロシティ・センター(EVC)の創立50周年のパーティー中、データの漏えいが発覚した。盗まれたファイルの一部と関係するタトゥーを解読すると、政府の極秘プロジェクトだと判明した。

 

 

 

盗まれたコード

タトゥーが示した国防総省とEVCの極秘プロジェクトは衛星の軍用化だった。先週打ち上げた衛星には試験段階だが100%運用できるミサイルが装備されており、盗まれたのはそのミサイルの発射コードだ。発射コードが盗まれるまでの間に立ち入り禁止区域に入った10名のうち、確認の取れない副社長のエヴァン・マイヤーズが息子トーマスを連れて姿を消したとわかる。糖尿病のトーマスはハイテクのインスリンポンプを使っており、データの保存も可能だ。

 

 

キートンのCIA情報で、事件にロシア工作員が関わっていると判明した。エヴァンに疑いがかかる中、ガソリンスタンドでエヴァンがロシア工作員ニコライ・ベルリンスキー撃たれる事件が起きた。防犯カメラに映るニコライはトーマスを追い、ふたりの行方はわからない。エヴァンが雇っていた探偵の情報で、スカーレットとニコライが繋がった。エヴァンが息子を連れて逃げたのは、妻から息子を守るためだったのだ。

 

 

スカーレットが犯人だと判明した頃、ひとりで逃げているトーマスの電話を受けたスカーレットが姿を消した。ふたりが向かった先は『家族で花火を見た場所』とわかるが、場所の特定はできない。手がかりのないチームは、危険を承知で手術を終えたばかりのエヴァンを目覚めさせた。

 

 

エヴァンが教えた場所には、スカーレットとニコライが到着していた。FBIに気づいたニコライは銃撃戦を始め、スカーレットはトーマスを盾にした。「息子を守っている」と主張するスカーレットは、「僕を行かせて」と懇願するトーマスを引き留められない。トーマスに謝ったスカーレットは銃を置き、降伏した。

 

 

 

母の告白

サンドストームのアジトに出入りしていた人物がウェラーの母リンダだとわかったことで、ウェラーとジェーンはフィラデルフィアのダイナーで働くリンダを訪ねた。リンダは息子との再会を喜び、ジェーンを歓迎するが、子供のころ母に捨てられたウェラーは喜べない。

 

 

リンダとシェパードの出会いは5年ほど前のバーだった。リンダがサンドストームのアジトに出入りした理由は、2週間ほど前にシェパードの弁護士から届いた封筒にカギと「彼女が残した金を取りに行け」という手紙が入っていたからだ。シェパードの狙いは、ウェラーとリンダを引き合わせることだったのだ。

 

 

リンダが売人のジェイソンに脅されていると知ったウェラーとジェーンは、リンダをNYへ連れ帰った。借金を帳消しにするかわりに運び屋を命じられたものの、怖くなったリンダは薬物を捨て、ジェイソンの組織に10万ドルの返済を求められていた。

 

 

自宅に案内したジェーンに、リンダは子供たちを捨てた理由を打ち明けた。夫のビルがテイラーを殺したと気づいたリンダは子供たちを連れてシェルターへ逃げたが、事情を知らないウェラーが父に知らせたのだ。「次は皆殺しだ」とビルに脅されたリンダは1人で逃げ、自身の心の闇を悟ったのだ。

 

 

今さら親子の絆は戻らないと言うリンダの代わりに、ジェーンはリンダが去った理由をウェラーに教えた。わだかまりは消えないものの、ウェラーは母のため10万ドルを準備し、リバビリ施設を手配した。

 

 

 

檻を出たネズミ

『3匹の盲目ネズミ』のキャシー(シーズン3第3話)が刑期5年を残し仮出所した。さっそくニューイングランド・ナショナル銀行をハッキングしたキャシーは、全従業員に『3匹の盲目ネズミ』の名で告発メールを送信した。キャシーが告発した銀行の不正は事実だったが、ハッキングは連邦犯罪だ。『3匹の盲目ネズミ』のメンバーだったパターソンとリッチは無関係と確認したリードは、ふたりにキャシーの捜査を指示した。

 

 

告発メールの暗号メッセージを解き、訪ねて来たパターソンとリッチを迎えたキャシーは「世界一大好きなふたりに会えた」と喜び、唐突に結婚すると報告した。パターソンに「逮捕する」と告げられたキャシーは「あなたたちが共犯だとバラす」と脅迫し、さらに結婚費用が足りないと言い出した。パターソンは「罪を犯さず、私たちの正体を明かさないこと」という条件付きでリッチとふたりで40万ドル寄付した。

 

 

キャシーを逮捕できなかったパターソンは「見つからなかった」とウソの報告をリードにした。一方、キャシーは婚約者と計画成功の祝杯を挙げている。キャシーの婚約者はドミニクだった。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

メインの事件よりサイドストーリーが盛りだくさんのエピソードでした。

シェパードの思惑はウェラーとママを引き合わせることだけだったのかな?ウェラーとジェーンは納得してたけど、ちょっと物足りません。ママの借金をかぶったウェラーは大打撃だとは思うけど。

 

それより驚きなのが『3匹の盲目ネズミ』のほうです。キャシーの仮出所にワイツがからんでるんじゃないかと、ヒヤヒヤしています。今回も姿を見せてないし、ホント何してるんだろう。

 

ところで、またまた“ロシア”がからんできましたが、マデリンの計画と関係があるのでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました