ほぼ全記事 ネタバレ含みます

エレメンタリー 5 第1話「過去の漂白」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

 

スポンサーリンク

Episode1  Folie a Deux

【ざっくりあらすじ】
世間を震かんさせた連続爆弾犯が6年の沈黙を破り活動を再開した。通称ベンソンハースト爆弾魔と呼ばれる犯人と今回の爆弾魔の違う点は、爆弾が仕掛けられる地区がベンソンハーストではなくフラッシングということだけだった。

 

 

 

 

不審な男

公園の爆破現場に来たシャーロックは、ヤジウマの中の不審な男に気が付いた。男を追いかけたシャーロックは、車にはねられながらも男が手をついたタクシーを逃さなかった。

 

 

シャーロックが足止めしたタクシーから男の指紋が採取され、逃げた男はこの4年間服役していた開発業者のネイサン・リーサーだとわかった。服役の理由は飲酒運転で歩行者をひき殺したためで爆弾とは無関係だったが、シャーロックの直感は「ネイサンは怪しい」と告げていた。

 

 

ネイサンを犯人とする証拠がない警察は、元妻から話を聞くことにした。服役ですっかり性格が変わったネイサンと離婚したという元妻は、今のネイサンはカナーシー地区で計画中の巨大複合娯楽施設の契約を取ることしか頭になく、爆弾を仕掛けたくても暇はないはずだと話した。

 

 

 

元患者の協力

ネイサンのファイルを見たジョーンは、刑務所での作業名簿に自分の患者だったシンウェルの名前を見つけた。売人だったシンウェルは敵に撃たれ、ジョーンが執刀していた。

 

 

ジョーンは仮出所中のシンウェルの職場を訪ね、ネイサンの情報を得ようとした。しかし、シンウェルが知っていることはなかった。ジョーンが帰ると、シンウェルは仮釈放の規定違反だと知りつつも、ジョーンのために刑務所時代の知人と連絡をとり「ネイサンがクレイ・フィールダーとつるんでいた」という情報をもたらした。

 

 

調べると、出所後クレイはネイサンの会社に雇われていることが判明した。

 

 

 

逮捕された爆弾魔

警察がネイサン監視中に新たな爆破事件が起き、シャーロックは「爆弾魔はネイサンとクレイのふたり」だと考えた。クレイの刑期は爆弾魔の休止期間とぴったり重なり、服役前のクレイの住所はベンソンハーストだった。

 

 

「理屈はなくとも、直感を信じろ」と言うシャーロックは、ジョーンを連れてクレイの自宅に侵入した。ごく普通の住居のクレイ宅には高級な鍵がつけられており、子供のものとは思えない鉄道模型が置かれてあった。模型の材料を見たシャーロックは、模型は爆弾作りをするためのカモフラージュだと見抜いた。鑑識が調べた結果、クレイの模型の材料は爆破現場のサンプルと完全に一致した。

 

 

逮捕されたクレイは犯行を認めたものの、相棒はネイサンではないと繰り返した。取引を持ち掛けられてもクレイは相棒の名を教えず「相棒と20個の爆弾を“フラッシング”に隠した」と教えた。

 

 

 

隠されていた目的

爆弾魔のニュースは大きく報じられ、ジョーンは「フラッシングに20個の爆弾を隠した」という脅迫はハッタリで、報道されることが狙いだったのではとひらめいた。

 

ちょうどベルから知らされた現在のネイサンの様子は、カナーシー地区開発の商談に競り勝ち、建設計画に奔走しているというものだった。ネイサンが競り勝った相手の土地は、フラッシングだった。

 

 

ネイサンとクレイは、この契約をとるためフラッシング地区で爆弾騒ぎを起こしたのだ。シャーロックたちは娯楽施設を計画していた会社にネイサンの企みを知らせ、この開発計画は無期限の保留になった。

 

契約無効の書面を見せられ、家族に支払われるはずだった金が消えたと知ったクレイは、やっとネイサンが共犯だと自供した。

 

スポンサーリンク

 

ジョーンの生きがい

ジョーンが探偵になって、もうすぐ5年。

転職を考えているのではと疑うシャーロックに、ジョーンは「人助けが恋しい」と打ち明けた。シャーロックにとっては探偵業も人助けだったが、医師だったジョーンは誰かを助け回復を見守りたいと思っていた。

 

 

シャーロックに「本物の悪党はムショに戻るが、そうでない者には少しばかりの助けが必要だ」と背中を押されたジョーンは、出所後更生しようとしているシンウェルを訪ねた。

 

ジョーンに散歩に誘われたシンウェルは、背中に持っていた銃を部屋に隠し、ジョーンと外へ出ていった。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

新シーズン、始まりました( ^ω^ )
落ち着いた雰囲気を感じる第1話でした。

 

シーズン5はジョーン周辺が描かるんでしょうかね。
新たに登場したシンウェルに、ジョーンが関わってゆくことになるのかな?

情報を持ってきたシンウェルを迎えたシャーロックとのシーンに、なにやら相性の良さを感じたのですが、どんなふうに関わるのか楽しみです。

 

今シーズンは、モーランドは無理だとしても、ジョーンの妹のリンや、検死医のユージーンや、アルフレードなどにも姿を見せて欲しいです。

そういえば、今回話には出なかったけど、シャーロックはフィオナと順調なんですかね~。

 

今回、シャーロックがジョーンの装いについて「君らしくない」と意見してたけど、わたしとしてはシーズン4のジョーンはちょっと派手かな~と感じたので、シーンに合った着こなしを期待したいです。

コメント

テキストのコピーはできません。