掲示板作りました

エレメンタリー 4 第9話「操られた暴走車」| あらすじ感想

この記事は約4分で読めます。

 

Elementary4_9

 

スポンサーリンク

Episode9 Murder Ex Machina

【ざっくりあらすじ】
世界屈指のロシアの資産家ゾロトフとそのボディガードが射殺され、ストリップクラブの駐車係が巻き添えになった。銃撃犯は逃走中事故死したが、事故車を見たシャーロックは銃撃犯を雇った黒幕が車をハッキングして証拠隠滅のため殺したと断言した。

 

 

 

事件メモ

車のハッキングを調べたメイソン(シャーロックの協力者)が、ソフトを書き換えたのはペンティリオン・エッジ社の主任プログラマーのフィオナだとつきとめた。しかし、フィオナは自閉症の障害のため嘘をつくことができず犯人とは考えられなかった。

 

 

ペンティリオン社の開発部長のバルサムは、ソフトにアクセスできる人間は社内だけでなく社外にも大勢いると言い、最近テトラビット社にハッキングされたと話した。ハッキングが慣習化されている業界で、逆にテトラビット社をハッキングした際に「CEOのフィネッリのメールボックスにロシア語のメールが何通もあった」とシャーロックたちに教えた。

 

事情を聴かれたフィネッリの話からゾロトフがコネチカットの貿易港を買収予定だったことが判明し、ゾロトフ銃撃の目撃者でもあったNY港湾労働組合委員長のマガラックに疑いがかかる。しかし、マガラックはゾロトフとは話がついていたと説明し、ゾロトフから受け取った頭金を示してみせた。

 

マガラックとゾロトフはストリップクラブで取引の話し合いをしていたが、突然ゾロトフたちはストリッパーに怯えて店を出て行ったという。ベルとストリップクラブへ行ったシャーロックは、ゾロトフたちが怯えたストリッパーはロシアのスパイだと気が付いた。シャーロックに正体を見破られたスパイは、ゾロトフはウクライナとの極秘交渉の任務で渡米していたと明かした。

 

ヨーロッパ担当国務次官のシンディ・パークが署へ現れた。パークはゾロトフとロシア・ウクライナ紛争の和平交渉をしていた人物で、捜査を引き継ぐと告げた。警察は捜査できなくなったが民間人のシャーロックとジョーンは独自に調査を続け、紛争の長期化を望むのはロシアが経済制裁で得をしている人物だとつかんだ。

 

ロシアの輸出禁止品目を調べたシャーロックは、犯人はペンティリオン社のバルサムだと気が付いた。このまま経済制裁が続けば世界標準として広く使用されているロシア製のロケットエンジンの備蓄がなくなり、ペンティリオン社が開発中のロケットエンジンを売り出せるはずだ。ロケット事業に投資しているバルサムは、なんとしても紛争を終わらせたくなかったのだ。

 

 

シャーロックはフィオナにバルサムの車をハッキングしてもらい、その車に乗り込んだ。シャーロックに次々と事実を突きつけられたバルサムは、フィオナが携帯もハッキングして会話をFBIや市警に聴かせているとは気づかず「悪党を殺して何が悪い」と自白した。

 

スポンサーリンク

 

モーランドの秘密

モーランドから食事に誘われたジョーンは、自己輸血のための血液保存できる施設を調べて欲しいと頼まれた。

 

 

食事の様子からモーランドが胃の手術をしていると気づいたジョーンは、病気の兆候を調べるためメイソンがそのままにしていた顔認証システムでモーランドを探した。

 

 

実業家の女性サビーヌ・ラウールと親し気に写る画像が見つかり、サビーヌが2年前パリで射殺されていることがわかった。その事件を調べたジョーンは、モーランドは病気ではなくサビーヌが撃たれたとき一緒に撃たれたのだと判断した。自己輸血の準備をしているモーランドは現在も命が狙われているのだ。

ジョーンはシャーロックに、モーランドが狙われていると知らせた。

 

 

 

おちゃのま感想

モーランドが命を狙われている・・・( ゚Д゚)

モーランドがNYに滞在してる理由は、やはり”敵”からシャーロックを守るためなんでしょうか。どうやって守るのかはわからないけど。

このことを知ったシャーロックは独自に調査しそうな予感。
そのことで、またパパともめるんじゃなかろうか・・・。

モーランド役のジョン・ノーブル(John Noble)さんは、このドラマのシャーロックのパパ役にピッタリはまってる印象です。溝を埋められない息子への悲哀や、その裏にある闇の部分など、何も言わずとも伝わってくるものがあり、このドラマの”シャーロック”のイメージを壊さない人物だな~と感心してしまってます(^◇^)

中盤はモーランドの事件がメインになるのでしょうか?



コメント

タイトルとURLをコピーしました