『ニュー・アムステルダム』あらすじ感想始めました

ブラインドスポット 4 第14話「模倣犯の罠」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Blindspot

 

スポンサーリンク

Episode14
 The Big Blast from the Past Episode

【ざっくりあらすじ】
2年前に解決したウィリアムズバーグを狙った連続爆弾事件を模倣した事件が起きた。すでに12人の犠牲を出した犯人は、2年前の爆弾犯逮捕をでっちあげた本人が公表しろと要求した。しかし、犯人のリリー・テラスは確かな物証に基づき逮捕されていた。

 

 

 

2年前の爆弾事件

2年前の連続爆弾事件は、リードの次長としての初の大事件だった。この事の最中、ザパタはCIAへの転職を決意し、リッチは仮釈放とFBIコンサルタントの職を得た。姿を消したジェーンを捜していたウェラーは休職中で、FBIを辞めたパターソンはシリコンバレーにいた。

 

 

被害者に共通点はなく、手がかりを捜すチームに情報を提供したのは服役中のリッチだった。刑務所仲間の宅配専門の泥棒が被害者だと知ったリッチは、被害者の共通点は『宅配サービスの“スウィフト・ショップ”』だと気づいたのだ。リッチの協力で、スウィフト・ショップに大量の苦情を寄せていた『サンブリア・マーケット』の娘であるリリーが見つかり、被害者たちの共通点はサンブリアからスウィフトに乗り換えた客だと判明した。

 

 

 

操作された証拠

リリーの自白を引き出した防犯カメラの映像を調べなおしたパターソンは映像の改ざんを発見した。模倣犯が指摘した通り、証拠は捏造されていたのだ。捏造した人物は、防犯カメラのクラウドに残っていたハッキングの痕跡から、当時ラボを仕切っていたスチュワートだと判明した。

 

 

犯行を止めるため、リードは事実の公表をワイツに訴える。正義を行うと主張するリードを止めたワイツは、公表すれば刑務所へ送った犯罪者たちが全員野放しなると指摘した。しかし、ワイツの本音は保身だった。スチュワートに捏造を促したのは、この事件を選挙に利用したワイツだったのだ。そのことを知っている模倣犯はワイツを直接脅迫し、1時間以内の公表を要求した。

 

 

ワイツが証拠を捏造させたと知らないチームは模倣犯を捜し、化学の教師をしているリリーの父アルバートを疑った。アルバートの車を追跡したチームは、北部の閉鎖された農場にいると突き止めた。すでに警官一人が犠牲になり、爆発物があるため近づけない。現場へ向かうチームを止めたワイツは、FBIが導入に反対している国防総省の極秘プログラムである無人機での攻撃を命じた。

 

 

 

脅迫

理不尽な無人機攻撃がきっかけでシェパードに忠誠を誓ったジェーンは反発し、ウェラーは強引に無人機を使ったワイツに不審を抱く。ウェラーは当時のことを知る獄中のハーストを訪ね、保護拘置エリアでの“個室”と引き換えにワイツが捏造したという情報を得た。

 

 

無人機攻撃を隠し、爆破犯のアルバートが自爆したと発表したワイツに、ウェラーは「告発してやる」と迫った。ワイツはレミーが起こした核騒ぎの件で脅し、ウェラーの口を封じた。目先の問題を片づけたワイツに模倣犯から電話が入る。模倣犯はマデリンの手下ドミニクだった。ワイツはドミニクの罠にはまったのだ。

 

 

 

ザパタ

姿を消したマデリンには、エアフォース・ワンへのハッキングとHCI幹部らの殺人容疑で逮捕状が出た。チューリッヒでドミニクの手下に襲われたザパタは、マデリンの潜伏先を突き止める手掛かりがあると考えていたSDカードを奪われた。ザパタはアップロードした一部のデータに期待したが、データは暗号化されていた。

 

 

ザパタの無事を喜ぶことなく、リードは「勝手な行動は慎め」と戒めた。ザパタにわだかまりのあるリードを理解しながらも、ウェラーは「あれはCIAの任務だった」とザパタを擁護し、FBIに居場所はないと感じているザパタをジェーンが気遣った。

 

 

チームへの復帰を認めるか決めろとウェラーに助言されたリードは「チームに戻って欲しい」とザパタに話し、ザパタを追うCIAには対処すると約束した。

 

 

 

シェパードが遺したパズル

死後ジェーンに渡るよう手配されていたシェパードのパズルは、シェパードに引き取られたジェーンとロマンが名前を選んだ由来の神『軍神マルスとヴィーナスの祭壇』のレリーフだった。これが最後のゲームと考えるパターソンは、パズルが全てのタトゥーの鍵ではないかと期待している。その期待通り、パズルに空いた小さな穴は3Dプリンターの鍵のコードを示し、それはジェーンの知る“鍵”だった。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

シーズン2からシーズン3の間の空白を埋めるようなエピソードで、チームに馴染んできたワイツの本質を思い出させる内容でした。やはり、ワイツは正義よりも自分のことが大事なんですよね~。それでこそのワイツですが、長官としてそれなりに頑張っていただけに残念にも思えます。

 

これまでの長官のことを考えると、ワイツも無事に済むとは思えません。ずる賢さを発揮して、マデリンに屈せず闘ってほしいです。ジェーンのことでウェラーを脅したのはマズかったと思うけど。

 

シェパードが遺した鍵はどう繋がってくるのでしょうか。ジェーンがロシアにいたことに意味があるのかな?乞うご期待…ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました