ほぼ全記事 ネタバレ含みます

アブセンシア2~FBIの疑心~ 第4話「指名手配」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
Absentia

 

スポンサーリンク

Episode4 Offenders

【ざっくりあらすじ】
FBIは毒ガステロ犯としてタイラー・ブランドン・ミルズを指名手配した。ミルズ手配のニュースを記者のライルと一夜を過ごしたホテルの部屋で見たクラウンは情報を得ようとするライルの質問には答えず、逮捕後の独占取材を約束した。

 

 

犯人逮捕

押収したミルズの私物を調べたニックとガナーセンは『ライザ・トゥティ』という女性がミルズに宛てた手紙を見つけた。ミルズが消えた3日前からSNSへの投稿をやめているライザは、カセットガスと寝袋2つ、さらに銃弾を購入している。ライザがミルズといる可能性が高いと考えたFBIはライザを捜した。

 

 

スーパーで大量の買い物をしたライザに手を貸したニックは、ライザの車に発信器を仕込む。ライザが向かった先は、アーサーという男性が娘のエルシーと滞在中の森の家だった。森にアーサーらしき男性の遺体が見つかり、慎重に家へ侵入したニックたちはまずライザを捕える。エルシーを人質にしたミルズは銃撃を始め、装填にもたついた。その瞬間を逃さなかったニックはミルズを捕え、エルシーを救出した。

 

 

ニックはFBIの仲間たちに拍手で迎えられ、クラウンは「君のおかげでボストンは安全な夜を迎えられる」とニックを労った。「チームワークの成果だ」とアピールしつつも手柄を独占する結果になったニックは「プロファイリングを読んでて助かった」とガナーセンに感謝し、ガナーセンは気にしてない様子でニックを祝福した。

 

 

 

現場復帰

友人としてエミリーを気にかけるクラウンは「君なら、彼女の苦しみが見抜ける」と、チームを組んだカルにエミリーを頼む。元軍人のカルは「俺のイラクの戦友よりタフです」と話すが、昔のエミリーを知っているクラウンは安心できない。

 

 

無差別か否かで議論していたエミリーとカルに、同じ手口で殺された下院議員のラモスの遺体が見つかったと知らせが入る。議員が殺された現場には大勢のマスコミが押し寄せ、エミリーは動揺する。FBIのオフィスに戻っても動揺が収まらないエミリーは、パニックに襲われる。「今日は早退する」とカルに断ったエミリーは、トミーを呼び出した。「ただ普通に会いたかった」と話すエミリーはトミーにキスをし、部屋へ誘った。

 

 

 

手がかり

トミーのおかげで落ち着き、笑顔が戻ったエミリーに、また遺体が出たと知らせが入る。今度の被害者は元フットボール選手のクレイ・ビショップだった。カルはビショップの体に痣を見つけ、エミリーは首の注射痕に残る注射針に気が付いた。大男のビショップが殺されたことから、カルは「犯人も大男」と推理する。一方、短パン姿のビショップのポケットに犬の散歩に使うビニール袋を見つけたエミリーは「女かも」と指摘し、離れた場所で倒れている犬を発見した。犬の歯には血液が残っていた。

 

 

毒ガス事件の犯人が捕まったことで、ガナーセンがフェンタニル事件に加わった。手がかりゼロと状況を教えたエミリーとカルは現在被害者の共通項を探してると説明する。「可能性はあるわ」とそっけないガナーセンの意見を聞いたカルとエミリーは、再度被害者を見直した。エミリーは、ラモス議員の遺体にあった発疹がウルシかぶれのようなものではないかとひらめき、調べると被害者全員に似た痣がある。それは初めてつかんだ手がかりだった。

 

 

 

それぞれの問題

外科医に戻るため、ジャックは上司の指示に従い救命士の仕事を続けている。しかし、救えるはずの患者を助けられないジャックは虚しさを感じ、落ち込んだ。ジャックは同じ医療の現場で働くアリスを頼り、アルコールに逃げたい気持ちを吐露した。「飲んでないことが大事」と励ましたアリスは、両親が依存症だったと打ち明けた。両親について話すと言うアリスはジャックをランチに誘う。犯人を逮捕したニックがやっと自宅に戻ると、迎えてくれるアリスはいなかった。

 

 

トミーとヨリを戻したエミリーはこだわっていたルールをやめ、トミーを自宅に泊めた。トイレを借りたトミーは偶然ゴミ箱を開け、エミリーの問題を知った。記憶を取り戻すため、エミリーは自白剤を使っているのだ。危険すぎるとトミーに責められたエミリーは発作に襲われる。我を失ったエミリーは、落ち着かせようとするトミーを殺しかけた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

早くも毒ガス事件は終了でしょうか。それとも、ここから何か別の事件に繋がるのかな。次回を見よ!ですね。

 

エミリーがトミーを殺すのではないかとハラハラのラストでした。エミリーが使ってる薬は自白剤だったんですね。なるほど~。エミリーがシェンの実験の“殺人マシン”になっていると、トミーは気づいたでしょうか。殺されかけたトミーが今後エミリーとどう向き合うのか心配です。今のエミリーには精神的に支えてくれるトミーが必要ですよね。

 

フェンタニル事件のほうは、やっと糸口が見つかりました。実行犯はプロの暗殺者で、雇い主がいるということなのかな?まだまだ全貌は見えません。

 

コメント

テキストのコピーはできません。