ほぼ全記事ネタバレを含みます

ブラインドスポット 4 第20話「殺人マシン」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Blindspot

 

 

スポンサーリンク

Episode20 Coder to Killer

【ざっくりあらすじ】
“一刻を争う”情報を提供したいと言う服役中のショヒード・アクターが、新システムへの交換作業中の支局に移送されてきた。まず証人保護を要求したショヒードの情報は「対戦車ミサイル10基を手に入れたテロ組織ダバー・ザンがNYを攻撃する」というものだった。

 

 

 

システムのないラボ

“一刻を争う”と言いながらも、ショヒードは取引の話しかしない。ショヒードに喋らせる策を思いついたウェラーは「保護の要望を何でもいいから書き出せ」と言い、夢の保護計画に夢中になったショヒードは墓穴を掘った。ショヒードは10月23日にラスベカスにいたことを隠そうとしていたのだ。

 

 

パターソンとリッチは逮捕時押収したショヒードのPCを調べることにするが、ショヒードはPCのパスワードを覚えていない。新システムへの移行作業の中断はできず、パターソンは「せめてラボのシステム交換前に連絡して」と、新システムに採用されたブルー・アネックス社の責任者パーキンズに頼んだ。しかし、作業に追われたパーキンズは、パターソンに知らせることなくラボのシステムをシャットダウンしてしまう。パーキンズが話していたシャットダウンの時間は10分のはずだが、再起動しない。システム復旧のためサーバールームへ向かうリッチにリードが付き添った。サーバールームのドアを開けるにはリードの生体認証が必要なのだ。

 

 

コンピューターなしでパスワードの解析を命じられたラボでは、リードの指示で捜査に加わったブリアナが「時間はかかっても、解析できるはず」とみんなを鼓舞した。地道な作業を続けた結果、ショヒードのPCのロックが解除された。ショヒードが隠そうとした『10月23日、ラスベカス』に関係するファイルは、ベガスにあるネリス空軍基地の緊急対応マニュアルとFBIの古い事件のファイル番号だとわかる。事務仕事ばかりのブリアナのお手柄で、紙で保管されている事件ファイルが見つかった。それは、2009年にダバー・ザンに加入したパヴェル・マカロフというブルガリア人の逮捕記録だった。パヴェルの写真を見たパターソンは、間違ったケーブルを運んでいた作業員だと気が付いた。

 

 

 

真の標的

そのころ、サーバールームではリッチがパーキンズの死体を発見していた。パーキンズを殺したパヴェルは意識を奪ったリードの生体認証を使い取調室のショヒードを脱走させた。ショヒードの情報は、作業中の支局に移送させるための策略だったのだ。リードを人質にしたパヴェルとショヒードは、阻止しようとするウェラーたちの前で引火性の液体に火を放った。ショヒードとパヴェルは逃げ去り、体に火がついたリードはザパタが捨て身で助けた。

 

 

ショヒードのテロ情報はウソだったと確認される一方で、国防総省の情報で、パヴェルの目的は妻と娘を殺した空爆を指揮したミークス大佐への復讐だと判明した。パヴェルがショヒードを脱走させたのは、ミークスの情報を握ったままショヒードが逮捕されたためだったのだ。

 

 

退役し、家族とともに暮らしているミークスの保護にチームを送ったリードは地元の警察にも応援を要請した。FBIと警察は合言葉を決めていたが、復讐に燃えるパヴェルは警官を殺し、難なくミークスの自宅に侵入した。ウェラーを締め上げるパヴェルをジェーンとザパタが撃ち、ミークスの家族は無事だった。

 

 

その後、作業員に化けていたのはパヴェルだけだと確認される。脱走後のショヒードの行方はわからない。

 

 

 

プライベート

母の借金を返済したうえ、その母を依存症のリハビリ施設に入所させたウェラーは金欠になりながらも、後悔はなかった。今回の任務で保護したミークス大佐の「任務が終わるのは自分に何かあったときかもしれない」という忠告は、ウェラーに家族と過ごす大切さを教えた。

 

 

パターソンのPCを覗き見したリッチは、パターソンが養子縁組を考えていると知った。最近、父やウェラーの娘ベサニーと過ごしたパターソンは子供を持つことを考えるようになっていた。リッチに背中を押されたパターソンは養子を迎えるための1歩を踏み出した。

 

 

 

裏切り

ドミニクは、FBIでの評価に不満を持つブリアナに変声器を使い接触していた。今回、チームの一員として事件を解決したブリアナは協力者になることを断った。しかし、ドミニクはブリアナの両親を脅しに使う。ドミニクの指示に従ったブリアナはウェラーとジェーンの部屋の金庫を開けた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3

ブリアナはドラマ的にも、女優的にも大出世ですね~。めちゃスポットが当たってます。

 

マデリンが逮捕されたので、ヘリオス計画を引っ張りすぎてる感がぬぐえません。今回も繋ぎのエピソードだったかなという印象です。いまひとつ盛り上がれないクライマックスですが、残りは2話。

 

シーズンのラストへ向け、チームのメンバーたちの私生活も変化しそうですよね~。わたしが気になるのはパターソンとリッチの関係。誰よりも互いを理解し、信頼しあってるふたりはお似合いだと思うんだけど・・・。リッチじゃダメ?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました