『Major Crimes~重大犯罪課』あらすじ感想はこちら

ブラインドスポット 4 第15話「消せない記憶」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

 

Blindspot

 

 

スポンサーリンク

Episode15
 Frequently Recurring Struggle for Existence

【ざっくりあらすじ】
軍事企業シルバー・マーク社のトラックが襲撃された。武器だらけのトラックから犯人が盗んだケースの番号は、ヘルメスのタトゥーに書かれた数字と一致した。FBIの監視対象であるシルバー・マークは盗まれたケースの中身を明かさず、チームはタトゥーに隠されたヒントから中身はプルトニウムだと特定した。

 

 

 

専門家デイヴ

核がらみの事件だとわかり、チームには国防情報局のカークパトリック(デイヴ)が加わった。(シーズン3第9話)シルバー・マーク社が極秘にしているケースの中身を強奪犯が知っていたことから、パターソンたちは内部の犯行を疑う。事件直前にシフトを変更したガートルード・シモンズの写真を見たデイヴは「本名はグレタ・スモールズだ」と教えた。グレタはデイヴがマークしている武器商人だった。

 

 

グレタが取引相手と接触するダークウェブにリッチがアクセスし、デイヴがグレタだと特定した『XR1229』に取引を持ちかけた。チームはグレタが売り手だと考えていたが、グレタは爆弾装置を買おうとしている。リッチのおかげで、グレタの取引相手がロシアのコンスタンティン・ヴァレノフだと判明した。グレタがプルトニウム持参で取引場所へ来るとは考えられず、チームは無効化した装置をグレタに渡し、その装置を追跡する作戦を考えた。装置の無効化は専門家のデイヴが「やらせてくれ」と名乗り出た。

 

 

ブラインドスポット 3 第9話「真実の代償」【あらすじ感想】
政府の倉庫が国防情報局へ送った『不法侵入』を知らせる機密文書に、タトゥーに繋がるマークが見つかった。マークは過激派グループ...

 

 

 

思わぬ再会

グレタとの取引場所のホテルに現れたヴァレノフを騙し、装置を手に入れたとろこで逮捕した。その間、ヴァレノフに成りすましたウェラーとジェーンはグレタの部屋を訪ねるが、思わぬ誤算が生じた。グレタが相棒と紹介した男は、レミーがサンドストームに引き入れたキャメロン・ギブスだった。ギブスはレミーとの再会を喜ぶが、ギブスがテロリストになったのはレミーのせいだった。当時、陸軍にいたギブスにシェパードが目をつけ、組織に引き込むためレミーがギブスをハメたのだ。

 

 

困惑しながらも、ジェーンはギブスとの昔話で時間稼ぎをする。一方、デイヴは装置の無効化に手こずっていた。ヴァレノフが運んできた装置は新型で、無効化するためには追跡装置を切るしかなかった。

 

 

 

不名誉除隊の真実

無効化した装置を引き渡したジェーンは、追跡装置の代わりに“レミー”としてギブスの作戦に参加することを思いつく。「あんたの計画に噛ませて」と言うジェーンを連れて部屋を出たギブスは、ジェーンをホテルの倉庫に閉じ込めた。売り手のヴァレノフを殺す計画だったギブスは恩人の“レミー”を守ったのだ。

 

 

倉庫のジェーンが放った銃声を聞いたウェラーは銃口を向けたグレタに気づいた。FBIに捕らえられたグレタは、ギブスとの合流場所を教えた。取引と逃亡を手伝うだけのグレタはギブスの標的を知らなかったが、その近くで軍の盛大な式典があるとわかる。ギブスの標的は、自分の不名誉除隊にサインしたスピーゲル大佐だった。

 

 

式典会場に到着したウェラーとジェーンは二手に分かれ、ギブスを捜した。爆弾を設置するギブスを発見したジェーンは説得を試みる。ジェーンは、不名誉除隊にした張本人は自分だと告白した。真実にショックを受けたギブスは起爆装置に手をかけた。そのギブスをいつの間にか後ろにいたウェラーが撃った。

 

 

 

レミーの記憶

シェパードがジェーンに遺した鍵はサンドストームの元アジトのものだった。アジトから運ばれた品を見たジェーンは、押し寄せる記憶に動揺する。そこにある品々はレミーの記憶を呼び覚ますために集められたものだった。さらに、レミーがテロリストに変えたギブスとの再会は、ジェーンを苦しめた。

 

 

この件を捜査すべきと考えるパターソンが集めた元アジト周辺の防犯カメラ映像には、FBIが捜索する直前にフードをかぶった人物がアジトに入る姿が映っていた。

 

 

 

キートンの思い

キートンの意識が戻った。ザパタの無事な姿を見たキートンは安堵した様子で、何の援護もない危険な状況を生き延びたザパタを労った。リードはザパタの名誉回復を求め、キートンは自宅に任務の詳細を記録したUSBを隠してあると教えた。そのUSBには極秘任務の全責任を負うキートンの覚悟があった。再びリードとキートンの病室を訪ねたザパタは「マデリンを逮捕して、私たちの汚名をそそぐ」と決意を伝えた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3

再登場のデイヴの見せ場が多かったエピソードでした。サブキャラとして存在感を発揮してましたよね~。

 

ジェーンがレミーの記憶に苦しむ流れなんですね~。ジェーンは罪を償いたいかも知れないけど、ウェラーが言うように闘い続けるしかないですよね。シェパードの遺した品は何か意味を持つんでしょうかね?

 

キートンの意識も戻ったことだし、そろそろマデリンの追跡に焦点をあててもらいたいです。もうじれったい。今回の朗報は、キートンの回復と、キートンが部下思いだとわかったこと・・・です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました