『ニュー・アムステルダム』あらすじ感想始めました

ブラインドスポット 4 第13話「遅れてきた男」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Blindspot

 

スポンサーリンク

Episode13
 Though This Be Madness, Yet There Is Method In’t

【ざっくりあらすじ】
ザパタとボストンを追跡できなくなったチームは、マデリンのデスクに仕込んだスニファーを回収することにした。以前FBIに提供した資料を返却するというリードたちをマデリンは追い返せず、チームはスニファーを回収した。

 

 

 

マデリンの標的

マデリンのデスクから回収したスニファーのデータから、ブラッドリー・ダイナミクスが『アルヴォ』の欠陥を隠蔽した資料が見つかった。しかし、ブラッドリー社の安全部門責任者のヤングによると、その書類はねつ造されたものだ。マデリンは『アルヴォ』搭載の飛行機を墜落させるだけでなく、『アルヴォ』の欠陥を示す内部文書まで準備していたのだ。

 

 

『アルヴォ』を搭載した飛行機が狙われていると知ったヤングは取り乱し、守秘義務があると口を閉ざす。人の命が関わると迫られたヤングは『アルヴォ』が適用されるのは新型エアフォースワン1機のみだと明かした。その新型エアフォースワンは、正式な初飛行に備えDCに向け飛行中だった。

 

 

 

空の上の非常事態

エアフォースワンへの通信がすべて遮断され、機長に知らせる手段がない。連絡の取れないワイツがエアフォースワンに乗っているとわかる。GPAの件(シーズン4第6話「裏切りの行方」)で大きな打撃を受けた政権はワイツのクビを決め、ワイツは大統領上級顧問のステファニーに呼び出され新型エアフォースワンに乗っていたのだ。

 

 

 

 

非常事態を知らされたワイツは、たった今自分をクビにしたステファニーを説得し、ハッキングに気づいてなかった機長に機体が乗っ取られていると教えた。機長は支局にいるヤングの指示でシステムを再起動させるが、再起動しても制御できない。突然減圧された機内の中で、機長を含め全員が意識を失った。

 

 

墜落まで10分。今回がテスト飛行という点に気づいたパターソンはハッカーの侵入口は分析用のサーバーだと確信し、サーバーとエアフォースワンのシステムを切り離した。

 

 

 

ザパタとボストン

その頃、マデリンにバレたと悟ったザパタとボストンはハッキングのため連れて行かれたビルから脱出しようとしていた。出口を探すふたりは、別の部屋でハッキングしている男を見た。男は本物のデル・トロだった。トロントでザパタに不信感を抱いたドミニクは、本物のデル・トロを捜し出したのだ。

 

 

証拠もろともザパタたちを消すつもりだったマデリンは、ビルに大量の爆薬を仕掛けていた。残り少ない銃弾でハッキングを阻止する作戦を考えたザパタは偽の起爆装置をボストンに持たせ、デル・トロたちの注意を引き、男たちを倒した。

 

 

ボストンはデル・トロの仕掛けた攻撃を止めようとするが、サーバーに侵入できない。コードを見たボストンは、リッチがハッキングを止めるためサーバーを切り離したと知る。ボストンに携帯を持たせたザパタはビルの外からチームに知らせるよう指示し、墜落を無効化するエンターキーを押すためその場に残った。

 

 

ビルから出たボストンはチームに知らせ、打つ手がなかったチームに勝利をもたらした。電話から聞こえるボストンの声の後ろでビルが爆破された音が聞こえる。動揺したチームに、ボストンはザパタも生きていると知らせた。

 

 

 

その後のこと

捜査されていると知ったマデリンは姿を消した。ザパタはずっと同じ側にいたことをチームに証明するため、引き続き単独でマデリンを追う。マデリンの潜伏先を突き止めるため向かったチューリッヒで、ザパタは女に襲われた。

 

 

自由の身になったボストンは、FBIでの仕事を断った。死と隣り合わせの任務に懲りたボストンは、しばらくアートの世界で過ごすことを望んでいた。

 

 

ワイツは「大統領専用機の救世主をクビにした女」と呼ばれたいか?とステファニーに迫り、FBI長官の座を守った。

 

 

 

シェパードが遺した物

体内にZIPは残っていないと確認されたジェーンとウェラーは休暇を取りふたりだけで過ごそうと計画するが、あと一歩のところで呼び戻された。結局自宅で快気祝いをするふたりの部屋に封筒が届く。シェパードの資産を管理する弁護士からだと知ったウェラーは見る必要ないと止めるが、ジェーンは区切りをつけるために開封した。シェパードがジェーンに遺したものはパズルのような絵だった。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.8

今回の主役はボストン?ザパタ?
まさかのワイツ?

 

緊迫した内容でしたが、ジェーンとウェラーだけは別世界にいるようでした~。ホント、仲いいよね~。このふたり。

 

ボストンにはパートタイム的な立場でチームに加わって欲しかったけど、リッチとの関係を思えば仕方ないですかね~。毎回ドタバタになってしまうものね。

 

今更シェパードから届いた謎は何なんでしょうね。このドラマのキモは謎解きなので、ジェーンのタトゥーにからめた謎が続くのでしょうか。まだ解読されてないタトゥーはあるはずですよね。

 

…そして、ザパタの危険な任務は続く。ザパタはまだCIAにも追われてるんですよね?潜入は終わったので、もう大丈夫なの?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました