『レジデントエイリアン』あらすじ感想はじめました

ブラックリスト 8 第1話「ロアノーク」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。
The Blacklist
スポンサーリンク

Episode1 Roanoke (No. 139)

【ざっくりあらすじ】新シーズン
意識が戻ったドムに、リズが“イリヤ”ではないと知ったと教えたレッドは「我々が望むものを“彼女”の助けで手に入れる」と声をかける。“休息が必要”という理由で、ドムからリズを遠ざけたレッドは次の“ブラックリスト”として、カタリーナの金庫番が送金した“ロアノーク”を捜すよう指示する。“人を消す”プロのロアノークは、本名も生存しているのかも不明の謎の人物だ。

 

 

 

 

 

カタリーナの標的

わざとレッドのもとへ金庫番を送ったカタリーナの思惑がわからないながらも、リズはレッドの指示をチームに伝える。レッドの目的は、ロアノークが次に消す“マディ”ことカタリーナを捜すことだと聞いたチームは驚きを隠せない。

 

 

逮捕すれば死刑になるかもしれない母カタリーナを追えとレッドに指示されたリズの状況を懸念するクーパーは「君はチームに忠誠を誓えると約束できるか?」と確認し、リズは“できる”と返事する。リズを信じたクーパーは捜査を指示し、チームはフィラデルフィアで起きた裁判の待機中に軟禁中の部屋から消えたロシアン・マフィアの事件を調べる。

 

 

防犯カメラの映像と担当者の証言から、マフィアの逃走に使われた救急車は防弾仕様だと判明する。レッドが教えた車の改造業者を訪ねたリズとレスラーは「就業ビザを調べる」と脅し、救急車の納品先住所を手に入れる。その住所の倉庫でドムの治療場所の写真を見つけたリズは、カタリーナの狙いはドムの拉致だと気が付いた。

 

 

 

N13とカタリーナ

“ロアノーク”はカタリーナがレッドに与えた手がかりだとレスラーに教えながらも、リズは倉庫で見つけた写真を隠す。カタリーナの部屋を訪ねたリズは「すべてを話して」と求め、カタリーナは父ドムにされた仕打ちから話し始める。

 

 

ドムが15歳のカタリーナにアメリカ兵と寝ろと命令した話は、リズに衝撃を与えた。「あなたが捜す秘密は、彼らが私を殺したい理由」と前置きしたカタリーナは、1990年に“N13”と呼ばれる工作員によってKGBの脅迫ファイル(サコースキー・アーカイブ)が盗まれ、ドムは“N13”の濡れ衣を着せた娘を殺すことで真実を闇に葬ろうとしたと説明する。

 

 

「レディントンを名乗る男が誰か知らないけど、私は裏切られたの」と語気を強めるカタリーナによると、レッドがリズの前に現れた理由はリズを操りながらアメリカの最高機密にアクセスするためだ。「ドムが私を操ったように、レッドはあなたを操ってる」と指摘したカタリーナは、アーカイブを持っているのが誰か世界に示さないと私が殺されると訴える。

 

 

 

リズの裏切り

ドムのいる倉庫でレッドと会ったリズは「母はなぜ、あなたを拉致したの?」と聞いてみるが、今回もレッドは答えない。予想通りのレッドに失望しながらも、リズはロアノークの倉庫で見つかった写真を示し、カタリーナがロアノークに頼んだ仕事はドムの誘拐だと知らせる。

 

 

カタリーナの思惑通り、レッドはドムを隠れ家へ移すと決める。ドムと医師を乗せた医療用バンは祖父を守りたいと名乗り出たリズが運転し、FBIのチームも護衛についた。ロアノークの作戦すべてに内通者がいた点が気になるレッドに、偽名からロアノークを捜しプエルトリコへ飛んでいたへディから知らせが入る。ロアノークは重い病気だと知らされたレッドは罠だとリズに知らせるが、「ドムは守る」と返事したリズはレッドとチームを裏切り、ドムを連れ去った。

 

 

 

指名手配

リズに騙されたチームはもちろんのこと、ドムとリズを失ったレッドとデンベのショックは大きかった。リズを心配しながらも、クーパーはドムを拉致した実行犯としてリズを指名手配した。

 

 

メッセージでレスラーを呼び出したリズは「謎を解くための時間がほしい」と説明するが、レスラーは「一緒にクーパーに話そう」と説得する。特別に見逃してと言いながらレスラーにキスしたリズは、レスラーの銃を奪い、逃走した。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

 

シーズン8も波乱の幕開けですね!前シーズン、苦肉の策で終わらせた甲斐もあり、母カタリーナ側についたリズの物語が違和感なく描かれました。そして、ドムは新たにロン・レインズ(Ron Raines)さんが演じ、ドムの重要性を示す展開に期待が膨らんでます。

 

チームに対するリズの裏切りは、これまでとは違い、言い逃れできないもののように思えます。今回は後ろ盾のような存在だったレッドのことも裏切ったんですからね~。求める真実を手に入れたとしても、FBIへの復帰は難しいはず…。

 

闇に堕ちてゆくようなリズを見るのは辛いですが、それがリズが選んだ道なんですよね。一歩引いて考えてみれば、カタリーナだってリズを操ってると思うのだけど。むしろ、レッドより巧妙に。その辺、リズはどう感じてるんでしょうね。

 

ドムとの過去を語ったカタリーナはレッドの正体を知らないと断言してましたが、信じていいのか迷うところです。真実なら、ますますレッドについての謎が深まります。ホント、誰なんだろう?

 

余談ですが、2つほど気になってることがあります。リズの娘アグネスの扱いと、長年逃亡しているカタリーナの資金源です。アグネスの件はトムの母スコティーくらいしか思いつきませんが、アグネスも成長してるので、前回(シーズン5のトムの死後あたり)のように簡単ではないですよね~。資金源のほうは、夫だったアレクザンダー・カークあたりが怪しく思えますが、カークはカタリーナの生存を知ってましたっけ?

 

ところで、ついにリズとレスラーが・・・!と心躍らせた瞬間に、リズの手のひら返し…。レスラーもだと思うけど、わたしの心も乱れました…( 一一)

コメント

テキストのコピーはできません。