古い記事の手直し作業を行ってます

ブラインドスポット 3 第11話「ガラスの部屋」【あらすじ感想】

 

Source:NBC

 

Episode11 Technology Wizards

【ざっくりあらすじ】
エイヴリーはロマンだでなく、ウェラーとベルリンで追ったマックス・コーラーことデードリックとも事前に会っていたことが判明した。デードリックを調べたパターソンは、ベルリン郊外にあるデードリックの農場から通報された音声を入手した。

 

 

 

 

 

生存の証

通報の声を聞いたウェラーは、エイヴリーだと断言した。通報は4日前で、エイヴリーは生きていたのだ。エイヴリーの件はロマンの策略だったというウェラーの考えにジェーンも同意した。しかし、現在エイヴリーが生きている保証はなく、ジェーンはエイヴリーのことを隠し続けたウェラーを責めずにはいられなかった。

 

 

ロマンやデードリックと通じていたエイヴリーが拉致された理由は不明だったが、リードはエイヴリー救出を決めた。ウェラーを拒むジェーンが人質救出で実績のあるクレムを推薦したため、リードはウェラーとジェーンのベルリン行きにクレムの同行を許可した。

 

 

 

救出作戦

逃亡中クレムと付き合っていたとジェーンから聞かされたウェラーがクレムを受け入れることは難しい。クレムの仲間が見つけた工場へ侵入することになり、ウェラーとクレムの意見が分かれた。ジェーンはクレムの作戦を支持したが、エイヴリーを救出することはできなかった。

 

 

倒した敵の携帯からデードリックに接触すると、デードリックは逃走用のジェット機を要求した。ウェラーはエイヴリーを見せろと要求し、デードリックは椅子に縛られたエイヴリーを見せた。エイヴリーは指で合図を送り、それは冷戦時代東ベルリン側の住人が掘ったトンネル23にいると教えていた。

 

 

トンネルに侵入したウェラーたちは手分けして捜索を始めた。ジェーンが拘束されたエイヴリーを発見し、救出されたエイヴリーは憎しみとともにジェーンに銃を向けた。ロマンに操られているエイヴリーを、ジェーンは「今は逃げるのが先」と説得した。

 

 

その頃、ウェラーは冷戦時代に作られた防弾ガラスを挟みロマンと対峙していた。ロマンは「互いの真の敵はクロフォードだ」と協力を促すが、ウェラーはロマンを拒絶した。エイヴリーを利用した手口はシェパードそっくりだと批難されたロマンは真顔になり「このガラスに命を救われたな」と、立ち去った。

 

 

 

パターソンのアプリ

パターソンが開発したゲームアプリがハッキングされた。犯人は開発途中に偶然できたバックドアから個人情報を盗み、アプリのユーザーを恐喝していた。パターソンに協力を求められたリッチは元彼ボストンのハッキングの目印を見つけ、パターソンはアプリの立ち上げにボストンが協力したことを打ち明けた。

 

 

ボストンを見つけるのは難しいとリッチが断言していると、当のボストンが支局へ現れた。ボストンはバックドアから個人情報を盗んだと認め、現在の恋人サンジェイが盗んだ情報を使いジョニー・シェリダンを脅迫していると知らせた。FBIに拘束されたシェリダンは強気な態度だったが、今朝被害者を骨まで焼き尽くすという爆弾をサンジェイに渡したと白状した。ザパタのCIAの情報では、この爆弾を使っているのはザバー・ダンだった。

 

 

協力を申し出たボストンは盗聴器をつけ、サンジェイのもとへ戻った。しかし、用心深いサンジェイは盗聴されないよう発見器をセットし、スマホの電波も遮断した。自宅にダバー・ザンの一味が現れ、ボストンは外で待機するチームにケトルの空焚きで合図した。ボストンの合図にリッチが気づき、突入したチームはダバー・ザンを倒し、サンジェイを逮捕した。

 

 

テロを阻止したボストンは罪に問わないと決まったが、自宅拘禁が命じられた。ボストンに「愛してる」と告げたリッチは一緒に暮らそうと誘うが、ボストンは「2年前に言ってほしかった」と言い、リッチに背を向けた。

 

 

 

愛の行方

エイヴリーを保護したジェーンとウェラーは互いに謝罪し、わだかまりを解いた。ジェーンとはやり直せないと覚悟しているウェラーに、クレムはジェーンがまだウェラーを愛していると教えた。

 

 

ザパタはリードに気持ちを打ち明ける決心をした。しかし、リードはメーガンへのプロポーズを決意していた。メーガンへ贈る婚約指輪を見せられたザパタは、「きっと喜ぶ」というしかなかった。

 

 

 

ボストン登場エピソード↓

ブラインドスポット 2 第14話「戦争の数式」| あらすじ感想
ジェイムソン・カレッジの秘密結社“ダイダロス”の紋章のタトゥーに隠されていた現実の経済価値と連動している方程式が初めて成立した...

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

ボストン再登場~。

天敵のような関係だったパターソンとボストンは、ダイダロスの事件(シーズン2第14話「戦争の数式」)で意気投合したんですね~。あの頃パターソンが抱えていた鬱積したものを吐き出せた相手はボストンでした。リッチの想いはボストンに届かなかったけど、このふたりのことなので本心はわかりませんよね~。

 

さて、エイヴリーはジェーンのもとへ来たわけですが、これもロマンの計画かも。そうだとしても、ジェーンはエイヴリーを疑わないんでしょうね~。ウェラーとジェーン、そしてエイヴリーの関係はどうなるのかな。というか、エイヴリーはどこに住むの?

 

そして、リードへ告白しようとしたザパタは・・・(涙)

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました