『Major Crimes~重大犯罪課』あらすじ感想はこちら

ブラインドスポット 3 第10話「罪の身代わり」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Source:NBC

 

スポンサーリンク

Episode10 Balance of Might

【ざっくりあらすじ】
ニューヨーク・スター紙の記者であるリードの恋人メーガンにスーダン出身の難民アコル・サリーという人物が接触した。アコルがケニアの“アイコ難民キャンプ”から来たと聞いたリードは、タトゥーの事件だと直感した。

 

 

 

NYでの仕事

リードの直感通り、アコルにメーガンの名刺を渡したのはロマンだった。アコルたち兄弟は、運よく移住できたとしても通常3年は待たされる厳しい審査をわずか6か月で受理され、NYへ来ていた。申請を手伝ったのは、世界各地の難民キャンプと契約を結ぶ“ワンワールド”という実在しないNGOだ。ワンワールドのサイヤにNYに行けると知らされ喜ぶアコルたちに、ロマンは「彼の友人が押し付ける仕事に気をつけろ」と忠告し、メーガンの名刺を渡していた。

 

 

リードがアコルから話を聞いていると、武装した男たちが現れた。アコルの命を狙っているのは、サイヤが紹介した雇い主のデレクだった。デレクが自分をテロ犯に仕立て上げようとしていると気づいたアコルは、ロマンが渡した名刺のメーガンに助けを求めたのだ。

 

 

 

爆破犯の正体

リードたちは駆け付けたチームに救出された。FBIに保護されたアコルはメーガンに教えられた通り弁護士を要求した。「情報源を本気で守りたいなら協力するよう説得して」とジェーンに言われたメーガンはアコルと話し、メーガンの同席を条件にアコルは事情を話し始めた。

 

 

アコルが身の危険を感じたきっかけは、デレクの指示で調達した物がドイツの自爆テロで使われた材料と同じだと気づいたからだ。自爆したオズマンはアコルの幼馴染で、サイヤの紹介でドイツへ渡っていた。オズマンの人柄を知るアコルはサイヤとデレクがテロを仕組んだと確信し、ふたりがオズマンのように自分をNYの爆破犯に仕立てるつもりだと悟ったのだ。

 

 

 

身代わりの身代わり

サイヤがタイから3人の難民をNYへ入れたことが判明した。難民でも簡単に作れるガソリンスタンドのカードから彼らの部屋が見つかり、そこには爆破犯を示す証拠が揃えられていた。サイヤはアコルたちの身代わりを準備していたのだ。

 

 

彼らの部屋に置かれていたPCにホテルの見取り図が見つかった。ウェラーとジェーンはホテルに向かい、今朝早く難民のひとりがホテルに運んだスーツケースの中に爆弾を発見した。セットされた時間まで46秒しかなく、処理班は間に合わない。ウェラーとジェーンは、パターソンの誘導で厨房の業務用冷凍庫で爆弾を爆破させた。

 

 

リードとザパタは、起爆装置を持つサイヤを発見した。リードがサイヤを捕らえ、爆弾を仕掛けたバンに閉じ込めれた難民をザパタが救出した。その後、逃亡しようとしていたデレクも逮捕されたが、サイヤもデレクも黙秘した。クロフォードと難民キャンプに繋がりはあったが違法性はなく、ロマンが難民を救った理由もわからないままだった。

 

 

アコルたちはこのままNYに残れることになった。今回の記事が一面に載ると知らされたメーガンは「注目される」となぜか暗い表情になった。

 

 

 

エイヴリーの波紋

ウェラーを許せないジェーンは、逃亡中知り合ったクレムの部屋を訪ねた。娘捜しを依頼されたクレムは、ジェーンのためNYを訪れたのだ。一時期ジェーンとクレムは誘拐ビジネスでチームを組み、互いに惹かれあう仲だった。

 

 

ジェーンへの償いを考えるウェラーは、パターソンに協力を求めた。関わりたくないと言っていたパターソンだが、ウェラーがエイヴリーと出会ったホテルの映像を入手した。さかのぼってエイヴリーの映像を探したパターソンは、ロマンから現金らしきものを受け取るエイヴリーを見つけた。

 

 

 

ロマンへの疑惑

ヴィクターとの仕事を終えたロマンは、ロンドンに滞在中のブレイクと合流した。ブレイクは父(ハンク・クロフォード)の代理で出席する昼食会にロマンを同伴するつもりだが、撮影されると聞いたロマンは「人混みやカメラのフラッシュが苦手」と断った。ロマンと派手なチャリティーで出会ったブレイクは、ロマンに不信感を抱く。ロマンはもっともらしい嘘と「愛している」という言葉でブレイクを納得させた。

 

 

ホテルのバーでくつろぐヴィクターにNYでの作戦の失敗を知らせる電話が入る。ロマンの素性を疑うヴィクターはロマンにウォッカを勧め、グラスを手に入れた。ヴィクターは手下にロマンの指紋を調べろと命令した。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想 ★★★

ロマンの目的はなんなんでしょうね~。

標的がクロフォードなのは確か。でも、その思惑は謎。まさか、シェパードの解放が目的じゃないですよね~。ヴィクターはロマンの正体を突き止められるでしょうか。

 

リードの恋人のメーガンも何か事情がありそうですね。ボーデンのことを考えるとメーガンがスパイの可能性は大ありですが、それはベタすぎですよね~。リードとメーガンはどうやって知り合ったんだろう?

 

そして、不安定な状態のジェーンの前にクレム登場。娘のこともロマンのプランだとわかっていても、冷静ではいられないんですね~。ウェラーはジェーンを取り戻せるかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました