『レジデントエイリアン』あらすじ感想はじめました

アブセンシア3~FBIの疑心~ 第4話「疑念」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
Absentia
スポンサーリンク

Episode4 Alea Iacta Est

【ざっくりあらすじ】
自分を監視していたFBIがカイの居場所も把握していたと知ったエミリーは、支局内の内通者がカイの居場所をドーキンスに知らせたと確信する。一方、エミリーをオフィスに呼びつけたガナーセンは、凶悪犯のドーキンスと直に交渉しようとしたエミリーを責める。

 

 

 

 

エミリーとガナーセン

ニックが生きてる証拠のライブ映像を見たと報告したエミリーはすぐにでも救出に動くつもりだが、ガナーセンは「捜査官がヨーロッパで拘束されている可能性を政府に伝える」と説明する。何週間もかかる方法を選択するガナーセンに不信を抱くエミリーは「ニックのために何をしてるか知りたい」と迫る。

 

 

人払いをしたガナーセンは、疑念を向けるエミリーと対峙する。「支局が出遅れるのは、中の誰かがそう仕向けてるから」と内通者の存在を指摘されたガナーセンは、不用意な発言は誰かのキャリアを潰しかねないと警告する。

 

 

あなたがアリスを殺した日、FBIには見切りをつけたと告げたエミリーは、臆することなくガナーセンを批判する。アリスを殺したのは正しかったと言い張るガナーセンを殴ったエミリーは「こんなとこ辞めてやる」と捨て台詞を残し立ち去った。

 

 

 

カイのロザリオ

「今の件は内密に」とクラウンたちに釘をさしたガナーセンのもとに、副長官のウェッブがやってくる。「この事件については逐一報告してくれ」と指示するウェッブは、食事の約束をしていたガナーセンを送り出す。意味ありげな様子で女性と会っているガナーセンをクラウンが尾行していた。

 

 

容疑者としてドーキンスの顔がニュースで流される一方で、エミリーはカイに渡されたロザリオに仕込まれたUSBメモリを見つける。息を引き取る前、仲間がファイルを拡散する話は嘘だと明かしたカイは、エミリーにロザリオを託したのだ。エミリーは知人のダリウスの店でファイルにアクセスしてみるが、開くにはパスワードが必要だった。

 

 

 

手がかり

「オフィスにあるニックのPCから手がかりが見つかった」と知らせたカルとダイナーで落ち合ったエミリーは、ドーキンスに車を荒らされたと報告する。カルは家族もFBIが保護すると提案するが、内通者がいると確信しているエミリーは断る。エミリーが組織のファイルを持っていると知ったカルは息をのみ、安全な場所にあるかと確認する。

 

 

エミリーとカルは、ニックのPCから見つかった空港に隣接している輸送業者の倉庫へ向かう。積まれた棺の下に落ちた鎮痛剤を見つけたエミリーは、この場所からニックを国外へ運んだと確信する。積荷目録を調べると、唯一の出発便の記録はベルリン行きの貨物便だった。その輸送を手配した『ジェリコ』と貨物便についてはカルが調べると請け合った。

 

 

 

狙われた家族

カルと別れたエミリーにドーキンスから電話がはいる。「ファイルをよこせば私は消える」と言うドーキンスは、家族に矛先を変えることになると脅迫する。フリンを標的にするつもりだと悟ったエミリーは、フリンをプールに送った父ウォーレンに連絡を入れる。

 

 

フリンが狙われてると知らされたウォーレンは急ぎプールへ戻る。祖父の声を聴いたフリンは、ロッカールームの隙間から姿を現した。自分を捜す不審な男を見たフリンはとっさの判断で隠れ、ドーキンスをやりすごしたのだ。

 

 

ウォーレンに救出されたフリンと落ち合ったエミリーは「パパを拉致した連中は危険な連中だから」と説明し、心得ているウォーレンにフリンを託す。街を出るふたりを見送るエミリーを、尾行していたカルが見守っていた。

 

 

 

エミリーの作戦

ホテルの情報で、FBIはドーキンスが宿泊している部屋に踏み込むが、ドーキンスはすでに消えていた。「踏み込んだがいなかった」と知らせたカルに、「ごめんなさい」と謝ったエミリーは迎えに来たドーキンスの車に乗り込んだ。

 

 

 

ニック

カイが死んだことで、ファイルの情報を握るニックへの拷問はエスカレートする。かばっていた子は死んだと教えられても、ニックは口を割らない。薬を打たれ、エミリー失踪時のニュース映像を繰り返し流される部屋の中で、ニックは追い詰められてゆく。極限状態で耐えるニックの前にアリスの幻覚が現れる。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.0

 

カイはやっぱり助かりませんでした。必死に生き延びようとしていただけに、悲しい最期でした。カイを守れなかったエミリーは自分を責めますよね。

 

一方、フリンとウォーレンは無事でよかったです。フリンのあのとっさの行動力は、危険を身近に感じながら生活してるからでしょうか。びっくりするくらいの冷静さでした。そして、元刑事のじいちゃんの頼もしさ。エミリーはウォーレンの実の子じゃないけど、ウォーレンの気質を受け継いでますよね。

 

エミリーとカルには信頼関係があると思うのだけど、カルがエミリーを尾行した理由は心配だからでしょうか。それとも組織のファイルが目当てなのかな?カルは組織と因縁がありそうですよね。

コメント

テキストのコピーはできません。