『ニュー・アムステルダム』あらすじ感想始めました

アブセンシア~FBIの疑心~ 第10話「蘇る記憶」[終]【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

 

スポンサーリンク

Episode10 Original Sin

【ざっくりあらすじ】最終話

単独でフリン救出へ向かったエミリーも犯人に捕らえられた。モニターの向こうでエミリーへの憎しみを語るマスクをつけた犯人は「アリスを殺せ」とエミリーに命じた。

 

 

 

 

復讐のはじまり

エミリーは、犯人が同じ養護施設にいた少女ローガンだと気が付いた。

 

当時、暴力的で愛着障害の兆候がみられるエミリーを養子に望む人はいなかった。賢しいエミリーは大人の望む子供のタイプを考え、理想的なローガンと自分のファイルを入れ替えた。その結果、エミリーはウォーレンと出会い家族を持つことができたのだ。

 

 

エミリーが施設を去ったあと園長になったシェンは、実験の被験者にふさわしい子供としてローガンに目を付けた。ローガンのファイルには、シェンの求める気質がいくつも書かれていた。それはエミリーの気質だった。

 

 

シェンの実験の目的は制御可能な完璧な殺人マシンを作ることだった。シェンは最高の被験者としてローガンを選び、その比較対象にチャールズを選んだ。「言えば殺す」と脅されたふたりは6年もの間拷問に耐え、ふたりでシェンを殺害したのだ。

 

 

自由になったローガンはハーロウという財力のある仲間を見つけ、エミリーへの復讐を開始した。

 

 

 

実験の成果

ローガンは、ジャックに接触した記者のローリーだった。エミリーを解放したのち、ローガンは記者としてエミリーの前に姿を見せていたのだ。

 

 

ローリーの復讐は、シェンの実験でエミリーを殺人マシンにし、“ローガンのファイル”で手に入れた人生をエミリー自身の手で崩壊させることだった。ローリーはエミリーがアリスを殺すと期待していたが、息子フリンへの愛情がそれを許さなかった。

 

 

子供への愛情が障害になると知ったローリーは、フリンとアリスを誘拐した。水槽に入れられたフリンの映像を見せ、ローリーはアリスを殺せと命令した。窮地に立ったエミリーの前に、エミリーの知らせで駆け付けたニックが現れた。

 

 

 

決着

エミリーが犯人だと確信しているニックはエミリーの話を聞こうとせず、エミリーに銃を向けた。アリスの意識が戻り、ニックとエミリーをフリンのいる部屋へ案内した。水槽のフリンを助け、出口へ向かう間もニックはエミリーをけん制し、後ろに迫るローリーに気づいていない。ニックは撃たれ、エミリーはニックが落とした銃を手に入れた。

 

 

エミリーはニックたちを逃がし、森を逃げるローリーを追った。弾切れになったふたりは取っ組み合い、ローリーは「これが実験の成果だ」とナイフでエミリーを刺した。「違う」と叫んだエミリーは、渾身の力でローリーを水たまりに沈めた。

 

 

ローリーを殺したエミリーは、ニックの携帯から居場所を特定したFBIに逮捕された。

 

スポンサーリンク

 

事件を終えて

後日、ノッティンガム・パークで見つかった6人の遺体は、ハーロウとローリーの犯行だと発表された。そして、ハーロウ、セメロフ、アダムの殺害はローリーの犯行と特定され、ローリーを殺したエミリーは正当防衛が認められた。

 

 

ニックは信じきれなかったことをエミリーに謝り、ふたりは以前のような関係には戻れないと悟っている。ニックはアリスが妊娠したことをエミリーに知らせ、エミリーは「あなたにはアリスが相応しい」と祝福した。

 

 

フリンの誕生日。ニックとアリスの家には大勢が集まり、賑やかだ。ウォーレンは「こういうのを待っていた」と大満足。ジャックもプレゼントを奮発した。共に捜査したトミーもいる。

 

 

トミーはキッチンに飲み物を取りに行ったエミリーに「解決するタイプだって言ったろ」と、声をかけた。それは、事件を捜査することになったトミーに、エミリーが投げかけた質問だ。今後のことを聞かれたエミリーは、少し休んでFBIへ復帰すると嬉しそうに話した。

 

 

ニックの家の食洗器は、エミリーが初めてこの家を訪れた日と変わらず故障していた。ガタガタというモーター音と、あふれた水はエミリーを水槽の記憶へ引き戻した。エミリーはハーロウを撃ち殺す自分のビジョンを見た。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

ほ~。終わった~。
怒涛の最終話でしたね~。
終わらんかと思っていたら、すごい勢いで事件の全貌が説明されました。

 

前回のエピソードで、ハーロウの共犯者が女性だとわかったので、怪しいのは突然存在感を出したローリーくらいだったのですが、事の始まりが養護施設でのエミリーの策略だったとは想像できませんでした。

 

最大の謎だと思っていたエミリーを6年も生かしてた理由は、エミリーを殺人マシンにするためだったんですね~。ローリーはシェンの犠牲者だけど、シェンの実験の成果を実体験として信じていたんですね~。

 

残った謎は、エミリーの6年間の記憶がない理由です。エミリー自身も気にしてないようなので、重要なことではなかったんでしょうかね。

 

ラストのエミリーが見たビジョンから想像すると、ローリーがエミリー解放を決めたのは、エミリーがセメロフを殺したことで実験の成功を確信したからってことなのかな。ハーロウは自分に繋がる人物だから、エミリーに殺させたんでしょうかね?

 

ハーロウが司法取引もせず6年も服役した理由をいろいろと想像してみてるんですが、しっくり納得できるものがありません。誰か教えて下さい~(泣)

 

含みを持たせて終わりましたが、S2は決まるでしょうか。あれば、また見たいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました