現在サイトの手直し作業を行っています

インスティンクト~異常犯罪捜査~1 第9話「パートナーの壁」【あらすじ感想】

 

Source:CBS

 

Episode9 Bad Actors

【ざっくりあらすじ】
動物病院へ愛犬を連れて行くリジーに付き添ったディランは、待合室で偶然目にした動画が気になった。調べると、ピーナッツアレルギーで亡くなったギャヴィンの着ていた着ぐるみに無臭の高濃度ピーナッツ化合物が仕込まれ、使用したエピネフリンの注射も細工されていた。ギャヴィンの死はアレルギーを利用した殺人だった。

 

 

 

 

 

 

連続する殺人

モロッコで撮影したB級映画の自慢ばかりしていたという売れない俳優のギャヴィンの部屋は質素で、古い型の留守電にはラリーという人物からのメッセージが何度も入っていた。「会って話したい」と焦っている様子のラリーは、無視したら後悔するぞと脅し文句を残していた。

 

 

事件の数日前、ギャヴィンがヨンカーズ在住のラリーと会う約束をしていたことがわかるが、そのラリーも心臓発作で亡くなっていた。「今日がラリーの葬儀だ」と隣人に教えられたリジーとディランは、墓地へ向かった。葬儀が終わるのを待つことにしたふたりは、弔辞の内容からラリーもギャヴィン同様役者で、タバコを吸っていたことを知った。調べると、ラリーのタバコの箱から致死量のフェンタニルが検出された。ラリーもギャヴィンと同じように自然死を装い殺されたのだ。

 

 

地道な捜査を続けたリジーは、ギャヴィンとラリーが会うはずだった店を見つけ、その店の支払いはナンシーという女性がしたと突き止めた。ナンシーに連絡を入れると、ちょうど救急搬送されるところだった。糖尿病のナンシーはインスリン注射に異物を混入されていた。ナンシーもギャヴィン同様B級映画の撮影でモロッコへ行っていたことが判明し、渡航記録を調べると、ラリーも同時期モロッコへ行っていた。被害者3人の共通点はモロッコでの撮影だ。

 

 

 

秘密の捜査

犯行手口からCIAの関与を疑ったディランは、リジーにウソをつきながら独自に調べを進めた。提供できる情報はないと言うジュリアンは「君自身と仲間のために、今回は手を引け」と忠告したが、殺人犯を野放しにはできない。

 

 

ディランは、被害者たちが出演した映画は政府か企業によるプロパガンダ映像で、犯人はそれを隠ぺいするため関係者を消していると考えた。ディランの想像通り、映画の内容はチェチェンの混乱を狙ったものだった。「時間がない」と焦るディランに協力したジュリアンは、加工前の映像に映りこんだ男を特定した。男はMI6の元工作員“ビショップ”だった。

 

 

 

相棒の危機

ディランがジュリアンと秘密裏に調べを進めている間、リジーは殺人課に引き抜かれたクラークとギャヴィンたちと同時期モロッコへ渡った人物を捜し、ネルソン・グライムズというプロの役者を見つけた。ネルソンはディランたちが暗殺者だと特定した“ビショップ”だ。

 

 

リジーが単独でビショップに会いに行ったと知ったディランはジュリアンとふたりで、ビショップの隠れ家へ急いだ。到着すると、ビショップの隠れ家は燃えている。ビショップは危険を知らせるため訪ねてきたリジーを倒し、家に火を放ったのだ。ディランは燃える家からリジーを救出し、ビショップを追ったジュリアンは「生け捕りにして」というディランの指示を無視しビショップを射殺した。ジュリアンとビショップは互いを知る仲だった。

 

 

ジュリアンは使った銃をディランに渡し「君が正当防衛で撃った」と告げ、警察が来る前に立ち去った。意識が戻ったリジーは2台分のバイクの轍に疑問を持つが、ディランは何も答えない。

 

 

その後、リジーは「相棒なら何でも話して」とディランに怒りをぶつけ、ディランは「CIAを辞めたのは、命を失うだけでなく関係も壊れるからだ」と打ち明けた。信じていいの?というリジーの問いに、ディランは「もちろん」と真摯に返事した。

 

 

 

人生を共有する方法

庭を大改造したというフッチが週末のバーベキューに殺人課の仲間たちを招待した。声をかけられたディランは快く招待を受けたが、参加するつもりはない。しかし、捨てようとしたチラシを見たアンディに「壁を作って生きるほうが心地いいんだろ」と言われ、思い直した。ディランはアンディを伴い週末のフッチ家を訪れた。

 

 

「いつも僕を仕事から締め出す」とアンディに言われたディランは、アンディの店で編集者のジョアンと新作の打ち合わせをし、殺人課の刑事たちを招待した。アンディは「人生を分かち合ってくれてありがとう」と、“壁”を壊してくれたディランに感謝した。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★

ディランとリジーの相棒関係にヒビが入るというエピソードでした。

そりゃそうですよね~。リジーの立場で考えれば、毎回秘密の友人と捜査している相棒にあからさまなウソをつかれれば虚しくもなります。愛犬の抜歯に付き合うよりも、腹を割って話しておくれ、ですよ。

 

一方で、ディランはリジーの安全を考えてるんでしょうね~。ジュリアンを頼らない道は、ディランにはないのかな?ジュリアンの詳細は明かされておりませんが、フリーで大きな犯罪や不正を暴こうとしている人なんでしょうか。正義の人なのかな?

 

それにしてもフッチの自宅は豪華でしたね~。殺人課内にいるという密輸犯はフッチなの?

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました