『レジデントエイリアン』あらすじ感想はじめました

アブセンシア2~FBIの疑心~ 第3話「愛国の守護者」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
Absentia

 

スポンサーリンク

Episode3 Guilty

【ざっくりあらすじ】
毒ガステロを捜査しているニックたちは、現場から見つかったソケットビットの購入者48人を特定した。さらに、ガナーセンの「犯人は現金払い」という推理から7人まで絞り込む。

 

 

テロの容疑者

7人の中に、FEMA収容所の陰謀論を唱える『愛国の守護者』のタトゥーを入れた男が見つかった。FBIに連行された『愛国の守護者』の代表、コリン・スペンサーは弁護士を要求し、黙秘を続ける。『スペンサーにとって大事なのは組織から一目置かれること』というガナーセンのアドバイスに従い、ニックが報道陣にFBIへのタレコミをにおわせると脅すと、スペンサーは内密にFBIに協力した。

 

 

スペンサーの情報から、事件当日から仕事を休んでいるタイラー・ブランドン・ミルズという男が容疑者として特定された。大学で化学を専攻したタイラーは、卒業後、軍に志願するが不合格になっている。3週間前、ネットで仲間と口論になったタイラーは組織を出禁になり、ガナーセンはそれが犯行の引き金だと考えた。

 

 

タイラーの実家を訪ねたニックとガナーセンは、両親から話を聞く。犯人のタトゥーの写真を見た両親は絶句した。ニックとガナーセンがタイラーが使用していたという地下室に踏み込むと大音量の音楽が流れ始めた。

 

 

 

ヴァレリーの死因

トミーから呼び出されたエミリーは、駅のトイレで発見されたヴァレリーの遺体と対面した。ヴァレリーは薬物の過剰摂取で亡くなっていたが、殺されたと感じるエミリーは「お願いだから毒物検査をして」と頼み、トミーは毒物検査を急がせた。検査の結果、ヴァレリーの死因はフェンタニル中毒だと判明した。トミーが捜査しているフェンタニルで殺されたギャングのマルコ・リヴェラと同じく、ヴァレリーの首にも注射痕がある。奇妙な一致が気になるトミーは「ヴァレリーはどんなことを言っていた?」と聞くが、エミリーは「“ヤツら”に怯えていた」ということくらいしか知らない。

 

 

エミリーは拘置所にいるヴァレリーの夫レスターから、ヴァレリーにインスリンを売っていた売人の名を聞き出そうする。エミリーを敵視していたレスターだが、ヴァレリーが死んだと知り、売人の部屋を教えた。「レスターの使い」とウソをつき、ジャンキーのふりをして売人の部屋を訪ねたエミリーは薬を求める。勧められるまま薬に手を出したエミリーはフェンタニルについて探りを入れるが、売人は持っていなかった。

 

 

 

連続殺人事件

同じ手口で殺された3人目の遺体が見つかった。3人目の被害者が元連邦検事のネイサン・ファーリーだったことからFBIが捜査に乗り出し、事件は市警のトミーの手を離れた。「非公式に捜査を続けるつもりはない」とトミーに言われたエミリーはニックに探りを入れるが、ニックも「捜査中の事件の話はできない」とつっぱねる。自分で捜査するため、エミリーはFBIへの復帰を決めた。ヴァレリーのトレーラーハウスから自分に繋がる証拠を消したエミリーは、保釈金を支払いレスターを街から追い出した。金と使い捨て携帯を渡されたレスターは、犯人に償わせると約束したエミリーに従った。

 

 

毒ガステロで人手不足のクラウンは、エミリーの復帰を歓迎する。思惑通り、エミリーはフェンタニル殺人を捜査するカル・アイザックのチームに入った。問題を隠し復帰したエミリーは、さっそくヴァレリーの検視解剖に立ち会った。

 

 

エミリーから「FBIに復帰する」と教えられたトミーは、自分の利用価値がなくなったと悟る。「2人で過ごした時間は何?」というトミーの質問に、エミリーは答えられなかった。

 

 

 

家族の問題

外科医としての復帰は現時点では難しいと上司のマンデルに言われたジャックは、地道に救命士の仕事を続けていた。患者の命を救うため、救命士に許された範囲を超えた処置をしたジャックは、マンデルに「重大な違反行為」と注意された。人命を救ったことを批判されたジャックは愕然とする。

 

 

グループセラピーでフリンが暴れ、セラピストはエミリーを含む家族での話し合いを持つ。最近のフリンについて聞かれたエミリーはヴァレリーの件を隠し、テロのあった日おねしょしたと話した。「どうして言ってくれなかったの?」と怒るアリスと止めたセラピストは、フリンを全員でサポートしましょうと声をかけた。アリスはフリンのことより仕事優先のニックに不満を抱いた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

ヴァレリーの事件にこだわるエミリーは、自分の事件との関連を疑ってるんでしょうか?まだ接点はないんですよね?薬に手を出しているエミリーの回想シーンが正しいものか(そもそも記憶がない)、判断できず、見落としてるかもしれません。(-_-;)

 

職場復帰したエミリーの様子からして、まだ無理だな~と思いますが、エミリーが独自の鋭い視点で真相に迫る流れを期待してます。なんとなく存在していた新キャラのカルにもスポットが当たりました。エミリーを信頼してくれるといいけど、どうかな。

 

事件とは別に、ジャック、アリス、フリンのストレスが気になります。ジャックとアリスは報われない思いを抱えているし、親が3人いるとはいえフリンは孤独ですよね。

 

コメント

テキストのコピーはできません。