ほぼ全記事 ネタバレ含みます

ニュー・アムステルダム 1 第12話「見落とし」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
New Amsterdam

 

スポンサーリンク

Episode12 Anima Sola

【ざっくりあらすじ】
副作用の吐き気に襲われながらもマックスは仕事を続けている。ローレンのバッグを調べたヘレンは「心配だったから」と説明するが、ローレンはヘレンの謝罪を受け入れない。

 

 

カプールとレイノルズ

カプールの患者マレンは線種のため失明していた。娘の出産中に多臓器不全になったマレンは肝臓が麻酔に耐えられず、線種の摘出は無理だと診断されてきたが、カプールは麻酔も手術も不要の新しい治療法『MRIガイド下超音波治療』を提案する。問題は治療の前に心臓弁の手術が必要ということだ。カプールは「うちなら麻酔なしで手術できます」と請け合うが、ニュー・アムステルダム病院にマレンの手術を可能にするTAVR装置はなかった。

 

 

「費用を気にせず治療していいんだな?」とカプールに念押しされたマックスは装置の値段を確認せずに認めてしまう。装置の値段が300万ドルだと知ったマックスはカプールとレイノルズを呼び、代わりのプランを提案した。マックスのマレンを救う方法は、まだ大学に籍がある前心臓外科部長メリットにレイノルズがなりすまし、装置のある大学病院で手術をするというものだ。

 

 

マックスの大胆な案に戸惑いながらも、カプールとレイノルズはマレンを大学病院へ搬送し、“ニュー・アムステルダム病院の外科部長”とだけ名乗ったレイノルズがマレンを手術した。マレンの状態から、レイノルズは脳の超音波治療も大学病院で行うと判断する。マレンを移動させていたカプールは以前指導したカールバックに声をかけられた。型破りなカプールの下で学べて楽しかったと話すカールバックは、今も型破りなカプールに代わりマレンを治療した。

 

 

マレンの手術は無事終わるが、視力は戻らない。検査しても理由を特定できないカプールは触診する。「緑内障かもしれません」と説明しながらカプールが目薬をさすと、マレンに光が戻る。娘を抱きしめるマレンの姿に、危険を冒したカプールとレイノルズは満足した。

 

 

 

ローレンとヘレン

イヴァンと名乗る男性がERへ担ぎ込んだミゲルの喉に腫瘍らしきものを確認したローレンは、避けているヘレンに生検を依頼した。検査の結果、細菌性の感染症を疑うヘレンに、ローレンはウイルス性の可能性を指摘する。意見が食い違うふたりのもとに、同じブドウ園で働く4人が搬送されてきた。

 

 

全員ミゲルと同じく口腔に腫瘍があり、原因はわからない。イヴァンや発症した患者たちの話から、劣悪な労働条件の農園ではネズミの出るカビの生えた古い小屋で大勢が寝泊まりしているとわかる。ネズミがいたことからヘレンは『ハンタウイルス』を疑い、ローレンは「何か見落としてる」と指摘する。

 

 

ヘレンとローレンの間にある険悪な空気を感じながらも、マックスはハンタウイルスの治療を指示する。「何か見落としている」という自分の直感が気になるローレンはイヴァンとの会話から、原因はワインだと気づく。農園で働く彼らの唯一の楽しみは樽のワインをこっそり飲むことで、発症していないイヴァンは断酒の誓いを立てていた。

 

 

ミゲルが急変した。ヘレンを病室から追い出し、強引に治療したローレンは「発酵が不十分なワインが感染源だった」と説明し、ミゲルは安定したと報告する。このままの関係では仕事に支障が出ると言うローレンに同意したヘレンは、マックスにローレンの問題を報告した。

 

 

 

老医師の知識

ベテラン外科医マラヴィッチの手の震えに気づいたフロムはマラヴィッチの名前を伏せたうえでマックスに相談するが、マックスは医師の本名を求める。マラヴィッチを気遣うフロムの気持ちを汲んだマックスは、マラヴィッチに健康診断を受けてもらうことにする。納得しないながらも検診を受け入れたマラヴィッチは、予定の手術を今日に早めてしまう。マラヴィッチの執刀を止めなければならいマックスは「偉人として去るか、辞め時を逃した医師として去るか」と、手術の準備をするマラヴィッチに質問した。

 

 

今も優秀な頭脳を持つマラヴィッチを辞めさせるのは病院にとって大きな損失だと言うフロムの訴えを聞いたマックスは、マラヴィッチに遠隔医療部門の責任者というポジションを用意した。ビデオ会議で中南米の提供病院や被災地の手術を指導してほしいと頼まれたマラヴィッチは感謝しながら引き受けた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

カプールとレイノルズのコンビが新鮮で、なかなか楽しいストーリーでした。主要メンバーの中で、じいさま扱いされていたカプールですが、今回登場したマラヴィッチに比べるとまだまだ…(;^ω^)

 

さて、ローレンとヘレンの関係が悪化しております。バッグをあさってしまったのはまずかったけど、ヘレンは友人としてローレンを助けたいんですよね。親しみやすく明るい人に見える分、ローレンの問題は根深そうです。助けを求めることができない性格なのかな。フロム先生が頼りですね。

コメント

テキストのコピーはできません。