ほぼ全記事ネタバレを含みます

MANIFEST/マニフェスト 2 第3話「偽りの地平線」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
Manifest
スポンサーリンク

Episode3 False Horizon

【ざっくりあらすじ】
サンビ周辺を密かに調べたバンスは、少佐のスパイが病院内にいると確信する。「サンビに偽情報を流し、少佐に罠をしかける」というバンスの作戦を聞いたベンは、サンビが危険だと反対する。一方、セラピストの正体を知らないサンビは、誘導されるがままに乗客の遺伝子の変異について語ってしまう。

 

 

 

 

サンビのセラピスト

828便に乗ることになったジャマイカ旅行をすっぽかしたアレックスへの苦しい思いをセラピーで打ち明けたサンビは、セラピストのフリをする少佐の「ケリをつけて前へ進むの」という助言に従いアレックスへのメールを書き始める。サンビと不倫していたアレックスは、5年半後に戻ったサンビを迎えることもなかったのだ。

 

 

そんな中、バンスに「少佐を見つければ元の生活に戻れる」と背中を押されたベンは、不本意ながらサンビに偽の情報を渡す。しかし、“聖杯”かもしれない乗客の偽情報に興奮するサンビを見たベンは、嘘をつき突き通せず、真実を打ち明けてしまう。

 

 

少佐に発見が漏れていると知ったサンビは、“乗客の遺伝子の変異”について話したセラピストと、そのセラピストを紹介したマシューズを疑う。抑えきれない怒りをアレックスへのメールを書いていた携帯にぶつけたサンビは、独断で少佐に罠を仕掛け、証拠をつかむ。「今日は散々な一日だった」と取り乱した様子でセラピーを受けるサンビは「明るい面を見れば、乗客の身に起きた謎を解く“鍵”を発見をした」とエサをまき、サンビが“鍵”だと話した検体を盗むマシューズを隠しカメラで撮影したのだ。

 

 

証拠をつかんだサンビに感心したバンスは、最高機密を扱う国防総省の女性幹部の顔写真を取り出した。サンビを騙したセラピストは、秘密工作に30年間も従事した心理戦の専門家キャサリン・フィッツ少将だった。ベンたちはフィッツ少将が少佐だと確信した。

 

 

 

変わる関係

ミカエラがジークに弁護士をつけたと知ったジャレッドは「この件にこだわってると痛い目に遭うぞ」と忠告する。ジークがふたりの関係を変えたと考えるジャレッドを説得できないミカエラは「どんな手を使ってもジークを助ける」と告げる。

 

 

呼びかけによる震えのせいで移送されたジークの居場所を突き止めたミカエラは、再び“墜落”の呼びかけを見る。ジークに危険が迫っていると感じるミカエラは嘘の理由で強引に監房へ入り、鎮静剤で抑制されたジークを見つける。ミカエラの嘘はすぐにバレ、看守に追い出されるミカエラは弁護士の連絡先とカルが描いた機内にいるジークの絵を渡す。

 

 

ミカエラたちといるべきだと悟ったジークは弁護士に連絡を取り、有罪答弁を撤回した。ジークの緊急審問の法廷で証言台に立ったミカエラは「発砲は事故だった」と断言し、ジャレッドの不当な捜査や、黙認するよう圧力をかけられたと暴露する。検察はジークの罪状を軽犯罪と銃の不法所持罪に引き下げ、判事はジークの保釈を認めた。

 

 

釈放されたジークがミカエラやカルに歓迎される一方で、ひとり寂しくバーで飲んでいるジャレッドの視線は828便のアンチに注がれている。

 

 

 

ガーゴイルの呼びかけ

ヨガで知り合ったエリカとの別れ際、“目を覚まさせろ”という声とガーゴイルの呼びかけを見たグレースはエリカを心配する。しかし、エリカは自分の周りをうろつくグレースを警戒し、828便の関係者であるグレースに理由なき憎悪をぶつけた。

 

 

一方、旧友スザンヌの推薦でアストリア大学の非常勤教授の採用試験が決まったベンは、ゲスト講師として学生たちに講義することになった。スザンヌは「学生の入りは半分くらい」と話していたが、828便に興味を持つ学生で教室は満員になる。学生たちが828便の謎について矢継ぎ早に質問する中、講義を楽しみにしていたTJの質問に助けられたベンは学生たちの興味を講義に繋げる。

 

 

採用されたベンは、スザンヌがアピールするよう助言した雇用委員のサイモン・ホワイトに教員研修会の講義を依頼される。迎えに来た妻の車に乗り込んだサイモンは「クモの巣にハエを招いた」と、意味深な例えでベンの採用を報告する。サイモンの妻は、グレースに暴言を吐いたエリカだった。サイモン夫婦の車を、大学の建物に装飾されたガーゴイルが見下ろしている。

 

スポンサーリンク

 

 

おちゃのま感想

3.5

 

面白くなってきました~。サンビの復讐ともいえる少佐に仕掛けた罠に興奮しました。

 

少し前のサンビなら、もっと動揺して、もっと取り乱したと思うのですが、もしやセラピーの成果なのでしょうか?バンスも舌を巻く冷静かつ大胆な作戦で、少佐の正体を暴きました。しかし、少佐はサンビの罠に気づいてないので、セラピーをやめるわけにいかないですよね~。大丈夫かな。

 

念願の教授職に戻れるベンを祝福したいけど、何か裏がありそうですよね。サイモンとエリカの夫婦には邪悪な悪意を感じました。アンチ組織が何か企んでいるのでしょうか。こちらも心配。

 

ガーゴイルの呼びかけの意味や、カルトにはまるオリーブや、ミカエラとの間に溝ができたジャレッドなど、気になることが盛りだくさん。
0

コメント

テキストのコピーはできません。