『レジデントエイリアン』あらすじ感想はじめました

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 4 第5話「シカゴ」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
The Handmaid’s Tale
スポンサーリンク

Episode5 Chicago

【ざっくりあらすじ】
スティーブンの恋人気取りのジャニーンがアジトでの生活に馴染む一方で、ただ身を隠すだけの生活に満足できないジューンは他のレジスタンスを探そうと決める。一方、ギレアドでは、今こそ経済の立て直しをすべきと考えるローレンスが一時的な停戦を審議会に提案するが、ニックを含めローレンスの案に賛成する司令官はいなかった。

 

 

それぞれの道

ジャニーンの口添えで同行が許された物々交換へ向かう途中、ギレアド兵の無惨な死体を見たジューンは“ナイトホークス”と呼ばれる過激なレジスタンスの存在を知る。物々交換の場で、武器に目を止めるジューンの傍らで、ジャニーンはスティーブンへのプレゼントを探す。無邪気なジャニーンはスティーブンと心が通じていると言うが、ジューンにはスティーブンにもてあそばれてるとしか思えない。

生き延びることが最優先のスティーブンのもとでは望むような活動はできないと悟ったジューンは、アジトを出てナイト・ホークスを探すと決める。「一緒に来るか、ここでオブスティーブンになるか決めて」と迫られたジャニーンは、アジトに残ると決める。スティーブンに恋するジャニーンは、再び母親になる夢を見ていた。

地図を片手に出発するジューンを見送るジャニーンは、スティーブンにプレゼントするため、侍女の服と交換して手に入れた大切な野球帽を手渡す。ジャニーンとつらい別れをし、ひとり廃墟の街を歩くジューンは追跡者の気配に気づく。身を隠したジューンに声をかけたのはジャニーンだった。

一緒の方が安心なのと言うジャニーンは「侍女はいつもふたり組でしょ」と、いつもの笑顔を見せる。ギレアドに捕らえられ、侍女のセンターに連行された日から、言葉では言い表せないほどの苦難を共にしたふたりは、深く強い絆で結ばれていた。

ローレンスとリディア

ジューンのために動くと思っていたニックにも“停戦案”を反対されたローレンスは、侍女の教育係への復帰を切望するリディアと手を組む。

司令官への進言が可能なルースおばに「侍女のことは忘れて」と言われたリディアは、後ろ暗い秘密でローレンスを脅し、復帰させるよう迫ったのだ。リディアが司令官を滅ぼせるネタを持っていると知ったローレンスは「審議会に復帰せねば復職もさせられない」と取引をもちかけ、リディアはジューンが捕まったら自分のもとへ連れてくることを条件に応じたのだ。

司令官ニック

ニックがローレンスの“停戦案”に賛成しなかった理由は、国境付近にジューンはいないと考えていたからだった。しかし、「ギレアドの目でも、広い国のすべては見通せない」とローレンスに指摘されたニックは“目”の時代から顔見知りのマルタに会い、「侍女がふたりシカゴへ向かった」という情報を得る。

ジューンを守りたいニックは「必要なら何でも援護射撃します」とローレンスに話しかけるが、すでにローレンスはリディアから得たネタで反対派の急先鋒である司令官カルホーンを寝返らせていた。【24時間の停戦】と共に【停戦前の爆撃】を決めた審議会は、空爆の指揮をニックに命じる。ローレンスの画策に気づかなったかったニックは愕然としながらも、命令には背けない。

ニックの指揮で始まった空爆は、ナイトホークスを探すジューンとジャニーンにも降り注ぐ。爆撃された瓦礫の中から起き上がったジューンはジャニーンを探すが、見つかったのはジャニーンの帽子だけだった。茫然自失のジューンの前に現れたのはモイラだった。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

 

ついに~~!ジューンとモイラが再会っ…というところで、続きました(‘◇’)ゞ

 

ジューンとモイラのことは次のエピソードを楽しみにするとして、姿の見えないジャニーンが心配です。このところのジャニーンにはフラグがたってましたよね。重要なキャラなので、きっと生き延びてるのだと信じてますが、ハラハラしております。

 

さて、ギレアド内の政治的な面も面白くなってきました。リディアとローレンスが手を組む図は想像できませんでしたが、ある意味、似た者同士かもしれません。ふたりとも、それぞれの思惑を隠してると思うんですよね〜。

 

余談ですが、リディアの復職を認めなかったルースおばは、『ナイトシフト』で新人研修医クリスタを演じたジーナン・グーセン(Jeananne Goossen)さんでした~。すんごい貫禄で、びっくり(@_@)

コメント

テキストのコピーはできません。