『Major Crimes~重大犯罪課』あらすじ感想はこちら

Major Crimes~重大犯罪課 3 第16話「自殺願望の男」 | あらすじ感想

この記事は約5分で読めます。
 
majorcrimes3_162

Episode16   Leap of Faith

【ざっくりあらすじ】
フリンが自殺を思いとどまらせた男の車から少女の死体が見つかった。被害者の少女はパジャマ姿で、片腕にだけ縛れたような痕がついていた。男はフリンにビルという名前だと名乗り、フリンの「チカラになる」と言う言葉を信じ自殺を思いとどまった。ビルは性犯罪登録者だった。

 

 

自閉症の少女と性犯罪者

署へ連行されたビルは深夜新聞配達の仕事を終えて帰宅すると、ベッドに少女の遺体があったと話した。性犯罪者のビルはご近所さんからの嫌がらせも酷く、警察も苦手で、通報はせず自殺を選んだのだった。

 

ビル本人を連れ自宅の捜査に向かうと、ビルの自宅前には失踪課のオデルノ刑事と取り乱した様子のオハラ夫婦がいた。夫妻は遺体で見つかった少女アニーの両親だった。アニーは自閉症で徘徊癖があった為、両親はGPS装置を腕につけ、そのGPS信号の示す先がビルの自宅だった。車にビルが乗っていると知った母親は、石を車に投げつけ「殺してやる」とビルを罵った。

 

モラレス医師の検死の結果、アニーの死因は胴体を強く押さえつけられた為の窒息死だと判明した。性的暴行の痕跡はなく、口の中から”虹色の(布っぽい何かの)繊維”が発見されていた。

 

 

ビルの隠したかったこと

ビルの自宅から手作りのメッセージカードが沢山見つかり、シャロンは精神科医のジョー医師に協力を求めた。ジョー先生は、アニーの自閉症の症状からメッセージカードを作れたとは思えないと判断した。

 

ビルの持ち物から発見された住所の記されてない駐車場券から、ビルの恋人トーリ・ケンプの存在が明らかになった。トーリは、娘ケイラとふたり暮らしのシングルマザーで、ケイラとビルの関係も良好だと話した。ビルの部屋で見つかったハートのメッセージは、ケイラがビルに贈ったものだった。ビルが性犯罪者だと知ったトーリは、ショックを受け涙を流していた。

 

トーリの了承を得て、ジョー医師がケイラと面談することになった。ジョー先生と話すケイラは、ビルを最高の友人だと評し、母親の恋人として慕っている様子が伝わってきた。ビルから何か秘密にするように言われたことはないかと尋ねられたケイラは、ママには絶対に内緒だよと前置きをし、ビルがママにプロポーズする予定だと嬉しそうに打ち明けた。

 

ビルが何か隠し事をしているような怪しいそぶりをしていたのは、この親子に自分が性犯罪者だと知られたくなかったからだ。トーリとケイラに性犯罪者だと知られたと知ったビルは、取調室でフリンから借りたペンを使い自殺を図った。モニター室で取り調べの様子を見ていたフリオがいち早くビルの異変に気づき、ビルは軽傷ですんだ。

 

 

用意周到だった真犯人

アニーの自宅ベッドからGPS装置の部品が見つかり、アニーが使っていた毛布の繊維が口から見つかった物と一致した。アニーが自宅で殺害されていたことが証明され、重犯課の面々は一様に暗い表情を浮かべた。

 

ビルは刑務所での経験から、なんでも保管するクセがついていて、自宅に投げ込まれた石も保管していた。シャロンは、留守中に窓ガラスの修理を業者に頼んでいたというビルの話から、ビル宅を監視していれば合鍵の置き場所を知ることができたと気づいた。

 

アニーの両親に、アニーが殺害された場所は自宅だったと知らせたシャロン。アニーの遺体をビル宅へ運び込む男の顔を見たという目撃者が見つかり(本当は見つかってないけど)、犯人と特徴が似ている義父(アニーは母親の連れ子)にも被疑者の面通しに加わって欲しいと依頼した。腰をあげようとしない夫を見て、アニーの母親は夫が娘を殺したのだと知った。

 

夫は、アニーの介護に限界を感じていたのだった。暴れるアニーを落ち着かせようとした時に起きた不慮の事故だと主張する夫だが、近所に住む性犯罪登録者のビルを事前に調べ、ビル宅に石を投げ入れ合鍵のありかを確認し、ビルが仕事で留守の間にアニーの遺体を運び込んだ手口は、偶然とは言えないものだった。

 

 

迫るストロー裁判

ストローの裁判が大詰めを迎え、ストローは弁護士を解任し自分で弁護をする本人訴訟に切り替えていた。そして、過去に自分が弁護した性犯罪者たちの情報とひきかえに減刑を求め交渉を始めた。

 

ラスティはエマに言われ陳述書を書き始めていた。
誠実に取り組むラスティを見て、シャロンはホッブス検事に頼み、ラスティに今回のエマの戦略を話してもらうことにした。

 

エマがラスティに陳述書を書くように指示した目的は、ストローを第1級殺人罪で裁きたい為だった。証人というだけではなくストローに殺されかけたラスティに陳述書を提出させる事で、エマはストローの取引を無効にしようとしていたのだ。エマに騙された形となったラスティは、ショックを受けた表情を浮かべている。ホッブス検事は、エマに忠告すると約束し帰って行った。

 

考え込んでしまったラスティに、シャロンは「ひとりの人間を終身刑か死刑かに決める重い選択」だと慎重に話し、でもこれは意見を言うチャンスでもあると励ました。そして、「あなたが判事ならストローみたいな人間をどう裁く?」と疑問を投げかけた。

 

 

 

おちゃのま感想
シーズン3に入って、その様子さえ知らされなかった検事エマの名前が出てきました。
味方でありながらも、ヒールな役どころに徹してくれたエマのその後が描かれないのは寂しかったです。

今シーズンも終盤に入り、またまた「ストローの裁判」に焦点があたるようです。今回は自分で弁護するという事ですので、ストローの再登場も期待できそうです。裁判シーンでラスティとの直接対決が見られるのでしょうか。エマは気が強いけれど、ブレンダ(クローザーの)さえもやり込めてたストローなので、太刀打ちできるか気になります。

前回、同年代のパトリスとデートしていたプロベンザは本気で付き合うべきか悩んでるふうでした。捜査協力で重犯課へ来ていたジョー先生に自分の恋愛相談をしたりして、軽くあしらわれていました。つれないジョー先生が素敵(´∀`*;)ゞ

フリンはシャロンとの関係が停滞気味みたい。呼び方が「シャロン」から「警部」へ戻ってしまってた・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました