『Major Crimes~重大犯罪課』あらすじ感想はこちら

グッド・ドクター~名医の条件~2 第15話「決断と代償」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Good Doctor

 

 

スポンサーリンク

Episode15 Risk and Reward

【ざっくりあらすじ】
新しい外科部長のハンは自身の歓迎会に顔を出さず、さっそく現場で指揮を執った。ハンは新生児心臓外科医が必要なリムの手術に参加し、メレンデスにはVIP患者の健康診断を指示した。

 

 

 

新外科部長とショーン

心臓と腸に問題を抱え生まれた新生児のパーシーを手術するリムの助手はショーンとクレアが務めている。突然手術に参加したハンの処置でパーシーの時間稼ぎはできたが、手術中に音楽をかけるハンにショーンは戸惑い、クレアもハンの唐突な質問に答えることができなかった。

 

 

産科医から「問題を抱え生まれたのは原因不明」と説明されたパーシーの両親は、妊娠初期に服用した抗うつ薬が原因かもと心配していた。その疑問を投げかけられたショーンは「可能性はあります」と答えてしまう。“事実”だからという理由で、治療に不必要な情報を両親に与えたショーンをハンは責めた。リムは「研修医はミスを犯すもの」とショーンをかばい、ハンは「家族への気遣いも仕事の一部だ」と反論する。そんな中、当事者であるショーンはパーシーの治療法を提案し、ショーンの意思疎通に問題を感じたハンは両親との会話を禁じた。

 

 

ハンのことなど関係なく、ただ患者の治療だけを考えたショーンのアイディアでパーシーの心臓の治療法が見つかった。しかし、心臓を治療しても腸を救える可能性は低い。厳しい決断を迫られた両親は口論を始め、母親は手術を希望し、父親は延命拒否を選択した。病院の規定に従い判断は判事に委ねられ、判事は病院側が提案したハンの「治療続行」という意見を支持した。

 

 

自分とリムなら成功するというハンの言葉通り手術は成功したが、心臓が動き始めたことでパーシーは肺水腫になった。救う術はなく、諦めたハンは両親に最善なのはこのままパーシーを見送ることだと知らせた。しかし、ここでも治療法に集中したショーンはパーシーを救う方法を思いつく。ショーンのアイディアでパーシーは助かり、元気なパーシーは意見の相違で気持ちが離れた両親を再び結び付けた。

 

 

ショーンの診断力を評価しつつも、ハンはショーンを患者と接することのない病理へ移動させた。

 

 

 

VIP患者の健康診断

無断で予定を変更され、VIP患者ゴイヤルの健康診断を命じられたメレンデスは断るが、ハンは聞き入れない。「裕福な患者がいてこそ、貧しい患者も診られる」と言われたメレンデスは不承不承ゴイヤルの健診を始め、意味のないものと考えていた検査で腫瘍が見つかった。

 

 

腫瘍が見つかったことに動揺もせず、生検をすると知らされたゴイヤルは淡々と応じた。しかし、腫瘍のある場所は難しく、メレンデスは生検は危険だと判断した。腫瘍は良性と思われると伝えたうえで、メレンデスは手術か放置かの選択肢を提示した。手術をすれば、マヒが残るか死に至る可能性があり、一方、数週おきに経過観察しても悪性の場合は手遅れになる可能性が高い。

 

 

家族に手術をするなと言われたゴイヤルは、メレンデスに“数字”を求めた。「合併症なしで手術を乗り切れる確率は?」と質問されたメレンデスは、おそらく80%と答えた。悪性である確率は5%と説明したメレンデスは家族の意見に賛成するが、ゴイヤルは「確実に安心を得るため」と手術を選んだ。

 

 

メレンデスは“確実に安心を得るため”というゴイヤルの信念に従い、腫瘍切除を第一に考えた。手術後、今後左足が不自由になると知らされたゴイヤルは「終わったんだからそれでいい」と言い、切除した腫瘍が悪性だったか否かにこだわらなかった。

 

 

 

仲間の存在

グラスマンは、同じく化学療法を受ける青年ラリー・チャイルズと知り合った。ひとりで居るグラスマンを何度か見かけたというラリーは、グラスマンを気に掛けていた。支援グループにも入ってないグラスマンに、ラリーは「ガン仲間は大切だ」と力説するが、頑固なグラスマンは必要ないと断った。

 

 

新しい外科部長ハンとの接し方に悩むショーンの「自分と同じASDの同僚がいればハン先生は僕を気にしなかったかも」という珍しい愚痴を聞いたグラスマンは、毎日が闘いだからこそ仲間が必要と言うラリーに心を開いた。グラスマンには共に闘う仲間ができた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

ダニエル・デイ・キムの満を持しての登場エピソード。さすが、違和感なくすんなりドラマの世界観に溶け込んでました。ショーンと距離を置いたキャラ設定で、物語に新たなテーマを加えるスパイス的な役割を担ってるように感じます。ショーンにとっては大きな壁が現れたわけですが、どう乗り越えるのか楽しみです。

 

ハンが加わったことで、これまでショーンを見守り指導してきたリムやメレンデスの反応も楽しみです。今回リムはショーンをかばおうとしたけど、メレンデスはどうするでしょうか?このまま病理に置いておくということはないと信じたいです。

 

余談ですが、ハンとパクのシーンは『Hawaii Five-0 』のチンとサン・ミンの同窓会に見えてしまうわ~(;^ω^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました