掲示板作りました

グッド・ドクター~名医の条件~2 第11話「クリスマスの夜に Part2」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Good Doctor

 

スポンサーリンク

Episode11 Quarantine Part Two

【ざっくりあらすじ】
ショーンが反応しなくなったと知らされたモーガンはピートの手術を続けながら、できるだけ詳しく手術の話をしてと看護師に指示する。発作を起こした息子ケランの吸入器がカラだと知ったパクは強引に隔離エリアに入った。

 

 

 

混乱の中で

パクは動揺している患者たちを一喝し、ケランに必要な吸入器を即席で作った。モーガンは治療をさせることでショーンの集中を保っているが、パクはショーンが蛍光灯を気にしていることに気づく。パクが蛍光灯を破壊すると、ショーンは落ち着きを取り戻した。

 

 

一方、クリスを蘇生したメレンデスは骨髄移植をアンドリュースにかけあった。却下したものの、アンドリュースは陰圧になっている掃除用具室なら可能だと思いつく。図面を確認した結果、ERの掃除用具室で採取し、同じように陰圧されている地下のリネン室で移植をすることになった。ふたつの部屋はランドリーシュートで繋がっており、採取した骨髄の受け渡しも問題ない。

 

 

 

父の願い

ボブの骨髄採取をすることになったパクは一刻を争う状況の患者を優先し、息子のケランを後回しにしてしまう。隔たりを感じる父に歩み寄ろうとしたケランは、パクに反発した。

 

 

ボブの骨髄採取を始めたパクの助手は元獣医だというエスターが務めた。窓越しにメレデンスが見守る中、パクは慎重に骨髄を採取する。痛みに耐えるボブは「この痛みは罰だ」と言い、家族を捨てた過去を打ち明けた。

 

 

クリスが危険な状態だと知らされたメレンデスは、移植準備に向かう。息子を助けたいと願うボブはパクを急がせた。パクが丁寧に梱包した骨髄はランドリーシュートからメレンデスに届き、クリスは無事移植を受けた。しかし、安堵したボブは急変した。パクはその場で手術するが、ボブを助けることはできなかった。

 

 

 

初めての単独オペ

妊婦のヴァイオラが破水し、ERで出産することになった。ショーンの固まった姿を見ているヴァイオラは不安を感じているが、ノイズや騒音から解放されたショーンはいつものショーンだ。胎盤剥離を起こしたヴァイオラは帝王切開になる。駆け付けた産婦人科部長のガルシア医師のガラス越しの指導を受けながら、初めての単独オペに臨むショーンは、みんなが自分に向ける声で集中できない。手を止めたショーンは「皆、黙ってください」と大声を出した。

 

 

産まれたヴァイオラの赤ちゃんは呼吸をしておらず、ヴァイオラも頻脈になる。「母体を優先する決まり」というガルシアの声を無視し、ショーンは母子ともに救う方法を考えた。ショーンは授業で蘇生を習ったというケランに赤ちゃんの蘇生を指示し、即席止血用バルーンでヴァイオラの出血を止めた。ケランの蘇生で命を繋いでいた赤ちゃんの呼吸音を確認したショーンは、気道を開通させた。元気な声で泣き始めた赤ちゃんの声は、待合室で不安に駆られていた父親にも届いた。

 

 

 

解除

亡くなったタイラーのマスクが破れていたことがわかり、空気感染ではなく飛沫感染の可能性が出てきた。隔離されていた人たちは全員感染していないと確定し、隔離は解除された。

 

 

寛解が望めそうだと知らされ、「親父にも感謝しないと」と喜ぶクリスに、メレンデスはボブの死を告げた。ボブを看取ったエスターは、過去を悔いていたボブが息子の力になれることに幸せを感じていたと伝えた。

 

 

命と向き合う現場で過ごしたケランの父への反発心は消えていた。息子と向き合ったパクは愛していることを伝えた。駆け付けたケランの母ミアは、患者を亡くしたと言うパクを抱きしめた。

 

 

意識の戻ったリムは、自分を救ったモーガンの大胆なアイディアに感心した。モーガンは重症呼吸不全に陥ったリムを通常ERではしない処置で助けたのだ。メレンデスは心配でならなかった本音を隠し、リムを見舞った。

 

 

ひとり病院を出たモーガンは、運ばれてゆくタイラーを見送った。

 

 

 

グラスマンの知らせ

家族用待合室で口論しながらショーンを待っていたグラスマンとリアは、隔離エリアから出てきたショーンに駆け寄った。がんの再発を確信したグラスマンはリアに辛辣な態度をとっていたが、再発ではなく髄膜炎だった。今日手術を受けると知らされたショーンは「記憶障害も治るかもしれない」と喜び、そんなふたりをリアは温かく見守っている。リアにハグを提案されたショーンは「良い考えだ」と応え、グラスマンはショーンをそっとハグした。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

クリスマスの奇跡・・・な雰囲気で謎の感染のお話は終わりました。

隔離前からERにいたショーンとモーガンはよく乗り切ましたよね~。不眠不休ですよね。ショーンは食事もとってないみたい。(ピクルスのせいで)集中できなかったのは空腹も原因だったのかも。

 

しかし、この感染の原因は何だったんでしょうか。3人も亡くなったんですよー。空気感染でなかったとしたら、2番目に亡くなったマリアンもマレーシアで感染したんでしょうか。マレーシアからの便の乗客はどうなったんだろう?

 

もやもやが残った感染のことは置いといて、パクやモーガンの違った一面を知れた点に満足してます。モーガンもパクも、いつの間にかショーンを理解する仲間になっていますよね。パクの息子、ケラン君も頑張りました~。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました