現在サイトの手直し作業を行っています

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 2 第4話「愛人」【あらすじ感想】

 

The Handmaid’s Tale

 

Episode4 Other Women

【ざっくりあらすじ】
捕らえられたジューンは鎖につながれ、再び侍女のタグをつけられた。今できるせめてもの抵抗を示すジューンは“オブフレッド”の名を拒み、自分は“ジューン”だと主張した。

 

 

 

 

 

帰宅

ジューンに与えられた道は“オブフレッド”としてウォーターフォード家へ戻るか、鎖に繋がれたまま出産したのち処刑されるかのどちらかだった。生きるために、ジューンは再び侍女の赤い衣装を着ることを選んだ。

 

 

ジューンの“帰宅”にはリディア自ら付き添った。ジューンの逃走は“誘拐”という名に置き換えられ、ギレアドに潜入したテロ組織の犯行ということで丸く収められていた。“誘拐”されたオブフレッドを司令官は「おかえり」と迎えたが、セリーナは我が子を危険にさらしたオブフレッドを許せない。自室でセリーナに首を絞められたオブフレッドは「私の子が無事なら、あなたの子も無事」と、以前セリーナが使った脅迫の言葉をお返しした。ウォーターフォードの屋敷に戻ってもオブフレッドの心は“ジューン”だった。

 

 

ふたりきりなれたわずかな時間を逃さず、リタは預かっていたメーデーの手紙の束をオブフレッドに返した。「かかわりたくない」と言うリタは、セリーナのことを恐れていた。

 

 

朝食のためキッチンに座ったオブフレッドは、忙しそうにセリーナの用事をしているニックを見て安堵した。穏やかな表情でニックを見るオブフレッドにセリーナは気が付いた。

 

 

 

ベビーシャワー

ウォーターフォードの屋敷にセリーナの妊娠を祝福する司令官の妻と侍女が集まった。

 

 

侍女たちと再会したオブフレッドは、メーデーと通じているアルマから逃亡を助けてくれた男性の情報を聞き出そうとした。しかし、メーデーはアルマとの接触を断ち、アルマは「メーデーは侍女を見限った」と考えていた。さらに、アルマは処刑拒否の騒動のあとオブグレンが舌を切られたことを教えた。オブグレンの件は自己責任だと話すアルマは、暗にオブフレッドを責めていた。

 

 

妻と侍女を結ぶ儀式が始まった。オブフレッドとセリーナの手を重ね合わせたリディアは、ふたりを糸で結んだ。セリーナの「子供たちを私のところへ」という声に、輪になった妻と侍女たちが「天の国は彼らのもの」と応えた。しかし、セリーナが何度繰り返しても、オブフレッドは決められた祈りを唱えようとはしなかった。

 

 

小さな赤ちゃんのための贈り物に触れたオブフレッドは、思わずハンナを授かった思い出をつぶいやいた。その言葉は、多くの贈り物を前に子供を育てる自分を夢想していたセリーナを怒らせた。セリーナは傍にいたリタを殴り、見かねたリディアはオブフレッドを散歩に連れ出した。

 

 

 

罪の重さ

リディアがオブフレッドを連れて行った先は川辺の処刑場だった。そこに吊るされた罪人は、ジューンを見捨てることができず自宅に連れ帰った男性だった。リディアは、彼の妻は侍女として罪を償い、息子は二度と母に会えないと教えた。

 

 

男性家族の悲劇を招いた罪の重さに耐えることができず、涙を流し震えるオブフレッドをリディアが抱きしめた。リディアは「テロリストと共謀した“ジューン”が“オブフレッド”を誘拐した」と耳元でささやいた。全てジューンの罪でオブフレッドに非はないというリディアの言葉をオブフレッドは受け入れた。

 

 

ニックやリタを含むウォーターフォード家全員の前に跪いたオブフレッドは、許しを求めた。これまでのすべてに感謝し、いい人間になると約束したオブフレッドは、このままウォーターフォード家で暮らすことが許された。ようやくオブフレッドを服従させたセリーナは、深夜のオブフレッドの部屋を訪れた。セリーナはオブフレッドのお腹にいる我が子に「全てうまくいく」と話しかけた。

 

 

オブフレッドは侍女に許された言葉を繰り返し、“ジューン”と呼びかけるニックの声にも応じることはなかった。

 

 

 

司令官たち

妻たちが儀式を行っている頃、夫の司令官たちも“命をたたえる”ため集まっていた。しかし、話題は妊娠のことより、カナダの制裁緩和についてだ。特使としての派遣を希望するウォーターフォードに、プライスは「無事、臨月が来て赤ん坊が産まれるよう祈ろう」と返事した。

 

 

 

ジューンが奪ったもの

ルークと暮らし始めたころ、ジューンはルークの妻アニーに「身を引いてほしい」と懇願された。アニーの人生を踏みにじっているとしても、ルークを愛するジューンは応じることができなかった。ジューンに直談判したアニーに怒るルークは「アニーのことは忘れろ」と言い、アニーのことはどうでもいいことだと切り捨てたのだ。

 

 

数年後、家族三人で入ったカフェでジューンはアニーの姿を目撃した。そのときのジューンは自分が手に入れた幸せに酔い、背を向けたアニーの絶望を思いやることもしなかった。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

やはり前回ジューンを助けた男性家族は捕まってました。飛行場に守護者が現れた時間がかなり遅かったことを考えると、危険を察した男性家族も逃げていたのかもしれません。バレてしまった原因は通りを歩く息子が自宅を振り返ったこととか、そんな些細なことなのかも。

 

リディアによるとジューンを助けた男性は『パンの配達人』で、肉屋のおじさんもメーデーですよね。運送や小売りにかかわる仕事を通して、ネットワークがあるのでしょうか。メーデーがどういう組織なのか、知りたいものです。

 

ジューンを捨てたオブフレッドですが、きっかけがあればまた強い心を取り戻してくれると信じてます。ただ、闘えば闘うほど、苦しむことになるんですよね・・・(涙)

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました