お探しのドラマは検索窓からどうぞ

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 3 第9話「決意」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Handmaid’s Tale

 

 

スポンサーリンク

Episode9 Heroic

【ざっくりあらすじ】
撃たれたオブマシューは脳死だった。出産まで機械に繋がれるオブマシューのパートナーとして、ジューンは病室に監禁された。すでに32日が経ち、ジューンの限界は近かった。

 

 

壊れる心

ジューンに与えられた仕事は祈ることだけだ。オブマシューのベッドの前に跪き、ひたすら祈るだけの日々を送るジューンの心は壊れ始めている。仲間の侍女はジューンを心配するが、リディアはオブマシューにひどい仕打ちをしたジューンを許さない。廊下を歩く少女たちを見たジューンは、ついに幻覚を見るようになったと自覚した。

 

 

現実逃避を始めたジューンは『ここから出れば終わりにできる』という思いに取りつかれた。リディアの指揮で侍女たちが祈りを捧げている最中、オブマシューが発作を起こす。子供を助けて下さいと祈るリディアの隣で、ジューンの心は「どうか2人を死なせて」と祈っていた。

 

 

赤ちゃんを助けるための処置に使われたメスが病室にある医療用廃棄物のBOXへ入れられた。リディアに「神は不可能な試練は与えない」と諭されたジューンは、それは神が与えたチャンスに思えた。深夜、メスを入手したジューンはオブマシューに近寄った。ジューンは解放されることだけを考えていた。

 

 

ジューンを止めたのはジャニーンだった。以前リディアの拷問で失った目の傷が化膿したジャニーンは手術を受けるため入院していた。自分を襲ったオブマシューのために心から祈れなかったジャニーンは、謝罪するため病室を訪れたのだ。ジューンの企みを知ったジャニーンは「今のあなたは自分のことしか考えてない」と批判し、変わってしまったジューンを嘆いた。

 

 

狂気が導く答え

オブマシューの司令官夫婦が病室を訪れた。ふたりが気にしているのは赤ちゃんのことだけだ。医師と司令官の会話から、ジューンは廊下を歩く少女たちは現実だと知った。少女たちは初潮の検査のため病院を訪れていたのだ。それは出産が可能かどうかの検査だ。ハンナももうすぐだと気づいたジューンは動揺し、ギレアドへの憎しみを思い出した。

 

 

手の中にあるメスを確かめたジューンは、誰を殺すべきか考える。1人しか殺せないなら大物を狙わなければと思案するジューンの前に、答えが現れた。司令官夫婦は互いに祈るためセリーナを呼んだのだ。ジューンに呼び止められたセリーナは具合の悪そうなジューンを支え、ジューンはセリーナを切り付けた。もみあいになったジューンは自らの掌を切ってしまう。「終わらせなきゃ」とつぶやくジューンは、セリーナの知っているジューンではなかった。

 

 

 

医師との会話

セリーナは医師にジューンの手当を頼んだ。ジューンは「報告するなら手当しても無駄です」と指摘するが、医師は淡々と傷を縫う。運よく処刑を免れたとしたも、ギレアドが腕を切り落とすことはジューンも知っている。

 

 

脳死したオブマシューを保育器がわりにすることが許せないジューンは、医者だった母は必ず母体を優先していたと話し始めた。ジューンの母親がホリー・マドックスだと知った医師は驚くと同時に、ホリーを懐かしむ。あなたのことも殺すつもりだったと明かしたジューンに、医師は「自殺願望はいつから?」と質問した。医師にすれば、ギレアドでの殺人計画は自殺の計画なのだ。

 

 

ギレアドのルールの中で使命を果たしている医師は「赤ん坊を救うことで彼女の役に立ちたい」と説明し、君は娘たちのために何をした?と疑問を投げかけた。

 

 

 

ジューンの決意

早産で生まれたオブマシューの赤ちゃんは男の子だった。役目を終えたオブマシューは死を待つだけになった。解放されたジューンは自分を取り戻し、迎えに来たリディアに「オブマシューに付き添いたい」と訴えた。ジューンの言葉を喜んだリディアは病院に留まることを許した。

 

 

オブマシューに「大丈夫よ」と声をかけたジューンは、意地悪してごめんと謝った。“ナタリー”と、オブマシューの本名で呼びかけたジューンは思いついた計画を打ち明けた。検査のため病院を訪れる少女たちと出会ったことで、ジューンは自分の使命を見つけたのだ。まだ方法はわからないけどと話すジューンは「できるだけ多くの子を脱出させる」とナタリーに誓った。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

脳内音楽が『Heaven is a Place on Earth』になってる~。誰か止めて~!

 

オブマシューは即死ではなく脳死でした。静かなトーンのエピソードでしたが内容はいつも通り重かったです。オブマシューはジューンにとってやっかいなパートナーだったけど、ジューンが使命を見出すためのきっかけとなる役目を担ってました。自分自身の脱出も難しいギレアドで、恐ろしいほど厳重に守られる子供たちを脱出させる方法なんてあるんでしょうか?ローレンスあたりを味方にするしかないと思うけど、司令官のローレンスがそんな無謀な計画に加担してくれるとは思えません。

 

ジューンの大胆な計画はさておき、セリーナはジューンのことを報告しなかったんですね~。今のセリーナがどんな気持ちなのか知りたいものです。

 

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。