『レジデントエイリアン』あらすじ感想はじめました

MANIFEST/マニフェスト 1 第9話「救出作戦」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。
Manifest

 

スポンサーリンク

Episode9 Dead Reckoning

【ざっくりあらすじ】
バンスは「犠牲者を出すことなく乗客を救出する」と約束し、ベンを家族の元へ帰す。ベンのためにサプライズパーティーを計画したグレースは、子供たちに4時半までパパを外に連れ出す任務を任せていた。

 

 

逃げてきた乗客

カルとバスケの練習を始めたベンの家に、連れ去られた乗客のオータムが助けを求めて現れた。オータムは到着時の事情聴取で逮捕状が出ているとわかり、連行されていた。ベンの名前を教える“声”を聞いたと怯えながら話すオータムをベンは信じた。

 

 

車の移動中に逃げ出したと言うオータムの話は、マルコが捕らえられていた赤いドアのある農場と一致した。ミカエラにオータムの件を知らせたベンは「4時半までに帰る」と子供たちに約束し、オータムを隠れ家にしているボイラー室へ連れて行く。

 

 

ボイラー室にはサンビとフィオナも駆け付けた。人体実験を受けたオータムに、フィオナは「辛かったでしょう」と声をかける。一方、倫理に反する研究をSPへ渡したフィオナにサンビは怒り、神経科学は軍事利用されると批判する。ベンはバンスを呼ぼうと提案するが、ベサニーを逮捕したバンスをサンビは信用できない。しかし、奴らを止めるためならなんでもすると言うオータムはバンスを呼ぶことに賛成し、ベンはバンスに知らせた。

 

 

 

真実

人体実験の詳細を知り、脳に電流を流されたオータムの傷痕を見たバンスは愕然としつつも、実験そのものに疑問を抱く。「理由を聞くまで動かない」と言うバンスに、ベンは“呼びかけ”の存在を明かした。

 

 

想像もしなかった真実に戸惑うバンスに、ベンはカルが被験者のマルコの痛みを感じていると教えた。ベンが必死に乗客を救おうとしている理由をやっと理解したバンスの前で、フィオナを除く乗客たちが激痛を感じる。人体実験を再開した組織は、マルコへこれまで以上の電流を流したのだ。

 

 

 

暗闇の救出

ミカエラはこれ以上ジャレッドを巻き込まないと決心しているが、ジャレッドはミカエラの力になると決めている。バンスのもとへ向かうミカエラは「今は味方」と説明するが、バンスを信用できないジャレッドはミカエラとともに現場へ向かった。

 

 

バンスの部隊とミカエラたちが突入した倉庫には誰もおらず、実験の装置もない。困惑するベンたちに、「まだここにいる」と声をかけたのはカルだった。実験が再開され、マルコと繋がったカルは置手紙を残し、バスに乗って現場まで来たのだ。

 

 

カルが「ここにいる」と示した絵の通り、木の間に秘密の通路が見つかった。「見えるのはパパだけ」と訴えるカルは、ベンも一緒に突入するよう求める。“呼びかけ”だと悟ったベンはミカエラにカルを任せ、秘密の地下トンネルへ入った。

 

 

銃撃戦が始まり、人体実験を指揮していたローレンスは証拠隠滅を命じ、被験者たちに電流を流す。彼らと繋がらないフィオナが電流を止めようとするが、装置が火を放つ。乗客たちを救出したベンは、暗闇のトンネルに出口へ誘導する非常灯を見た。その光が見えるのは自分だけだと知ったベンは、カルの「見えるのはパパだけ」という言葉の意味を理解した。ベンの誘導で脱出した乗客は、組織のデータを手に入れたフィオナが遠くの隠れ家へ連れて行くことになった。一方、ローレンスを捕えたバンスとジャレッドは暗闇のトンネルで迷い、実験室の爆発に巻き込まれた。

 

 

 

その後

爆発でバンスは亡くなり、ジャレッドは意識不明の重体だった。ジャレッドに付き添うミカエラは「彼を助けて」と、“何か”に呼びかけた。ミカエラの声が届いたのか、目覚めたジャレッドは「そばにいてくれ」と言い、ローデスを呼ぼうとするミカエラを止めた。

 

 

ボロボロになった車で帰宅したベンは真実をグレースに話すが、カルを危険に晒したベンをグレースは許さなかった。オリーブは自宅を追い出されたベンを抱きしめ、カルは大切なぬいぐるみを渡す。住む場所を失ったベンはボイラー室に落ち着いた。バンスの死を悼むベンとミカエラは“呼びかけ”について結論の出ない疑問を語り合う。「魔法の力じゃない」と言いながらも、ベンは不思議な力の存在を頭ごなしに否定することはできなかった。

 

 

命を救ってくれたベンたちに感謝したオータムは、ひとりになった隙に隠し持っていた携帯で次の指示を仰いだ。オータムをベンのもとへ送り込んだのは、ローレンスだった。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

バンス死んじゃったの?Σ(゚Д゚)
あまりにあっけないので、信じられませんって。

 

ミカエラが懸念するように“呼びかけ”を知ったことが原因で死んだのだとすると、“呼びかけ”は人間の力を超えた大いなる力だということになりますよね~。やはり神的な話しになるのかな?

 

最初から“呼びかけ”に肯定的なミカエラはジャレッドを心配してるけど、否定派のベンがいっさいグレースの身を案じてないとこが興味深いです。ベンはカルを守ることに必死だものね~。家も仕事も失ったベンはどうするんだろう?

 

とろこで、繋がりの研究をしていたフィオナには呼びかけもなく、繋がりもない点が気になってます。カルのように特別な役割を担ってるんでしょうかね?“呼びかけ”はオータムが裏切者だと教えてくれないの?謎が膨らんでます。

 

コメント

テキストのコピーはできません。