お探しのドラマは検索窓からどうぞ

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 3 第10話「立会人」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Handmaid’s Tale

 

 

スポンサーリンク

Episode10 Bear Witness

【ざっくりあらすじ】
ローレンスの屋敷に戻ったジューンは、ギレアドに奪われた子供たちの脱出計画を進める。ギレアドに苦しめられているエレノアの協力で、子供たちの記録を見たジューンはローレンスとふたりで国を脱出することを勧めてみる。しかし、戦犯の夫が国境を越えれば檻で一生暮らすか死刑になると断言したエレノアは「彼には正当な報いよ」と寂しそうにつぶやいた。

 

 

視察の波紋

フレッドが『新たな規定』を作り、ジューンたちが住むボストンも『DC基準』が徹底されるようになった。フレッドとボストンを訪れたウィンズロウは侍女たちを視察した。リディアがジャニーンに贈った赤い眼帯を見たウィンズロウは眉をひそめ、口の輪とベールを推奨する。ベールで口の輪を隠したDCの侍女たちの姿にショックを受けていたリディアは「誓いは各自の意思です」と説明するが、ウィンズロウは「我々はベールの侍女を最も評価する」と指摘した。

 

 

ジューンが友人ローレンスの侍女だと知ったウィンズロウは「彼をどう思う?」と気さくに声をかける。ジューンの『お仕えできて幸せです』という応えは、フレッドを刺激した。フレッドは今もジューンに執着しているのだ。

 

 

非主流派に懸念を抱くウィンズロウの前で、フレッドは“古い慣習に固執している者”としてローレンスの名を挙げる。ローレンスと古い付き合いのウィンズロウは「彼はギレアドに大いに貢献してきた」とかばうが、ローレンスに仕えた4人の侍女がいずれも妊娠しなかったことは事実だ。フレッドは、ギレアドの最も神聖な教義をローレンスの家族が守っているか確認すべきだと提案した。

 

 

 

ローレンス家の儀式

儀式の立会人としてウィンズロウとフレッドとセリーナ、そしてリディアがローレンス宅を訪れた。儀式の立ち合いは、建国当初、儀式を拒む家で行われた方法だ。ローレンスは「撤廃されたはずでは?」と言ってみるが、儀式を拒むことはできない。侍女が座る場所に静かに跪いたジューンは、儀式を知らないベスたち女中にそっと立ち位置を教えた。セリーナに付き添われたエレノアは動揺を隠し、儀式前の夫の祈りを聞いた。

 

 

エレノアとジューンと寝室に入ったローレンスは「20分間、静かに座っていよう」と提案するが、用意周到な立会人は儀式を確認するための医師を待機させている。エレノアは処刑されることですべてを終わらせようと考えるが、儀式をしなければ侍女も女中も罰を受けるのだ。泣き叫びそうになるエレノアをローレンスが抱きしめ、ジューンは「できるはず」とエレノアを励ました。「君だけを愛してる」と夫に告げられたエレノアはカーテンの向こう側で耐え、ジューンとローレンスは儀式を終わらせた。

 

 

医師の確認に立ち会ったリディアは儀式の終了を知らせた。「君は大丈夫か」と気遣うフレッドに、ジューンは「少なくとも、あなたとよりは」と皮肉を返す。立会人たちが去り、手に入らないはずの緊急避妊薬をジューンに渡したローレンスは、エレノアを脱出させてくれと頼んだ。ギレアドに盗まれた子供たちを手土産にエレノアと一緒に亡命すべきと勧められたローレンスは「英雄になれそうだ」と返事した。

 

 

 

それぞれの計画

ローレンスが加わったことで、ジューンの計画は現実的になる。ジューンからギレアドに奪われた息子ディランの情報を教えられたアルマも加わり、二人の話を聞いていたジャニーンも「協力する」と名乗り出た。資料を見たジューンは、ジャニーンの息子ケイレブが自動車事故で4年間に亡くなったと知っていたが、カリフォルニアにいると嘘をついた。ベスの呼びかけに応じた女中たちは“協力する”という意思を伝えるマフィンを届けた。

 

 

遅々としてニコール奪還に動かないフレッドに業を煮やしたセリーナは「ギレアドに頼らなくても、ニコールは取り戻せる」と、カナダのトゥエロから渡された携帯を差し出した。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

絶望と希望が入り混じったエピソードでした。ジューンの計画は無謀に思えたけれど、侍女、女中、ローレンスという強力なチームが出来上がりました。しかし、ギレアドという国を作ったことに責任を感じている(と思う)ローレンスは亡命するかな?エレノアのため手を尽くすだろうけど、一緒に逃げてくれるでしょうか。

 

子供を持たないローレンスと、侍女が生んだ子供たちに囲まれるウィンズロウは、ギレアドの司令官として対照的な人生を送ってますよね。想像ですが、以前の世界からの友人だというふたりは、アメリカ政府に危機感を抱いた同志なのかもしれません。純粋に子供を守るところから始まった考えが、いつしか侍女制度に発展し、手に負えなくなったローレンスは政府の中枢から離れ、エレノアを連れてボストンに居を構えた…のかも。ローレンスのギレアドへの貢献が何であるかはわかりませんが、侍女制度は思い描いていたものとは違ったと感じます。

 

シーズン3も残り3話。この先はジューンの子供たち脱出計画で、わくわくさせてほしいです。たまにはそういう展開もいいと思うんだけどな…(´・ω・`)

 

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。