ほぼ全記事 ネタバレ含みます

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 3 第11話「ウソ」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
The Handmaid’s Tale

 

 

スポンサーリンク

Episode11 Liars

【ざっくりあらすじ】
エレノアは、「しない」と誓った儀式をしたローレンスを許さなかった。銃を手にしたエレノアをなだめたジューンは「借りを返して」と、ローレンスに要求する。女中や侍女たちが脱出させたいと申し出た子供たちは52人にもなり、ジューンは全員の脱出を考えている。

 

 

裏切り

ジューンのもとに、来週の飛行機で荷が届く計画を進めている女中たちがやってきた。「私たちの計画に支障が出る」と言う女中たちは、ジューンに子供を逃がす計画の中止を求める。ベスは「ジューンはシカゴで捕らえられた女性5人を女中にした」と取り成し、ジューンも「子供たちを逃がすのはあなたたちの“計画”の後にする」と約束した。「協力した女中の血が流れたら、あなたの責任」と念押した女中たちは、引き下がった。

 

 

女中たちの問題を片付けたジューンの次の問題はローレンスの裏切りだった。ローレンスはエレノアとふたりきりで逃げたのだ。計画を断念できないジューンは、女中たちの荷を運んでくる飛行機で子供たちを逃がすことを思いつく。ベスによると、闇市場での荷を仕切っているのはイゼベルの店のバーテンダー、ビリーだ。

 

 

 

イゼベルの店

逃げたはずのローレンスが戻ってきた。ギレアドに目をつけられたローレンスは検問を通過できなかったのだ。「君より妻が大事なのは分かりきってるだろう」と開き直ったローレンスに、ジューンはイゼベルの店へ連れていくよう求めた。

 

 

車で待つと言うローレンスを残し、ジューンはひとりで店へ入る。バーテンダーのビリーに声をかけたジューンは、ローレンスが美術館から没収した絵画を取引材料に使い、貨物機にローレンス夫妻とベスと52人の子供を乗せてほしいと交渉した。手ごたえを感じたジューンは「連絡して」と言い、席を立つ。帰ろうとするジューンはウィンズロウに呼び止められた。

 

 

ジューンを連れて部屋へ入ったウィンズロウは、イゼベルの店に居る理由を問いただす。ローレンスと楽しむためと説明したジューンは「司令官は私を自由にさせて話しを聞くのが好き」とごまかすが、それを聞いたウィンズロウは「じゃあ、話しのネタを作ろう」と応じた。

 

 

レイプを覚悟したジューンは儀式のときのように心を切り離してみるが、ウィンズロウに触れられた瞬間、怒りに火が付いた。ジューンは必死に抵抗を続け、侍女の反撃を許さないウィンズロウはジューンの首に手をかける。首を絞められたジューンは床に落ちたペンでウィンズロウを刺した。倒れたウィンズロウの「私には子供がいる」という命乞いは、ジューンには意味のない言葉だった。

 

 

司令官のウィンズロウを殺し、茫然とするジューンを逃がしたのは、イゼベルの店で働く女中だった。女中は、シカゴで捕らえられた女性たちの檻からジューンが選んだ5人のひとりだった。女中は“命の恩人”のジューンを逃がし、ウィンズロウの遺体を文字通り跡形もなく始末した。

 

 

翌朝、ローレンスは「連中は必ず来る」と、ジューンに銃を手渡した。

 

 

 

北へのドライブ

フレッドはセリーナの提案に従い、ギレアドの司令官としてではなく、ひとりの父親としてニコールを取り戻すことにした。心配そうに見送るリタに別れを告げたセリーナは、フレッドが運転する車に乗り、トゥエロと落ち合うカナダ国境へ向かう。

 

 

すれ違う車もないのどかな町で、ギレアドから解放されたフレッドは司令官ではなく夫の顔になる。以前の世界で本を執筆した小さな部屋の思い出を語り、なぜ書くことを禁じたのかと質問したセリーナに、フレッドは「君が苦しむとは思わなかった」と謝った。家では言わない言葉で寄り添い、娘の成長を見逃したくないと言うフレッドを、セリーナはベッドに招いた。

 

 

翌日、落ち合ったトゥエロに付いてくるよう指示されたフレッドは、にわかに従えない。「あの男を信じていいのか?」と疑うフレッドに、セリーナは付いていくよう促した。トゥエロは「近くに安全な場所がある」と言っていたが、目的地は遠かった。やっとトゥエロが車を止めた場所はカナダだった。トゥエロは多くの罪状を告げ、フレッドを捕らえた。

 

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

今回もハラハラさせられ、引き込まれる内容でした。

 

ジューンやローレンスも大問題発生だけど、今回のエピソードは心が読めないセリーナの演技に注目でした。もしや、セリーナはまったくフレッドを許してなかったんでしょうかね?以前ジューンがセリーナに言った「うまく装って陰で操るの」という言葉を実践してるんじゃないかと思える雰囲気がありました。そうだとしたら、メスで切り付けたジューンを報告しなかったことも納得です。セリーナはフレッドを渡した見返りにニコールを取り戻すつもりなのかな?

 

余談ではありますが、フレッドとセリーナは簡単に国境を越えましたよね~。フレッドは国境を越えたことすら気づいてなかったし。脱出不可能に思えるギレアドの検問システムが気になります。

 

司令官のフレッドがカナダに捕らわれ、ウィンズロウも消え、ギレアド政府は混乱しそうな予感。今シーズンも残り2話です。

コメント

テキストのコピーはできません。