古い記事の手直し作業を行っています

GRIMM/グリム ファイナルシーズン 第9話「ツリー・ピープル」【あらすじ感想】

 

Source:NBC

 

スポンサーリンク

Episode9 Tree People

【ざっくりあらすじ】
夜の森で違法な狩りをしていたラルフ・ロッターマンが事故を起こし、駆け付けた警官や救急隊員に「友人のデヴが怪物に殺された」と大騒ぎで説明した。血に染まったラルフのシャツを調べると、自然界に存在しない濃度の葉緑素が検出された。

 

朝 見ると
喜ばしいことに
敵はその木の下で伸びていた

 

 

 

 

森を守るもの

興奮状態のラルフは、デヴに絡みついていた植物のツルがデヴの体を貫き、突然現れた“怪物みたいな奴”に連れ去られたと必死に説明した。ラルフの案内で森の奥へ入ると、デヴが仕留めたシカの死体が見つかり、そばにはデヴの銃が落ちていた。デヴが“植物に殺された”という場所にはラルフの銃が落ちていた。ニックは、デヴはヴェッセンで、ヴォーガを見たラルフがデヴを撃ち殺したかもしれないと考えた。しかし、現場一帯でこの5年の間に3人の行方不明者がいることが判明し、さらに調べると20年の間に10人は失踪していた。記録によると、失踪者は密猟や環境汚染で罰金や罰則を科された者たちだった。

 

 

消えたデヴが密猟者だと聞いたロザリーは『クルピラ』かもと指摘した。それは居住地の自然環境を守るヴェッセンで、グリムの本には『キノシモベ』の名で書かれていた。

 

 

これまでの失踪者が消えた場所と地図を重ね、ニックたちはキノシモベの捜索範囲を絞った。森でキノシモベを捜すニックたちは、ひと際目立つ巨大な木を発見した。「普通じゃない妙な感じがする」とニックが話したその巨樹の下には血だまりがあり、樹皮には失踪者たちの顔が浮かんでいた。人の顔のある木の写真を見たロザリーは「ヴェッセンや怪物ではなく、人間の血で生きてる“ジュボッコ”よ」と教えた。地に根を張るジュボッコは動けないため、キノシモベが環境破壊者を殺しジュボッコに人間の血を与えていたのだ。

 

 

キノシモベをおびき出すため、ロザリーが自然には無害の「ひどい悪臭のドロドロ」を作り、銃で対抗できないと考えたニックたちは鋭利な武器を持ち森へ入った。しかし、夜になってもキノシモベは現れない。さらに強い毒を森へ運んでいたロザリーの車が、森のデコボコ道のせいで車底に穴が開いてしまった。森にオイル漏らしたロザリーは、ジュボッコやキノシモベにとって環境破壊者だ。

 

 

キノシモベから逃げ、モンローたちと合流したロザリーの足に木の根が巻き付き、仲間たちも捕らわれた。森の奥から現れたキノシモベに「グリム」は通じず、ニックは何も言わず対峙するキノシモベに斧を突き刺した。キノシモベが倒れると、仲間を捕らえていた根は解け、代わりにキノシモベを捕らえた。そして、キノシモベはジュボッコの中に取り込まれてしまった。

 

 

スパイスショップに戻ったニックたちは、グリムの本にジュボッコとキノシモベについてわかったことを記録した。キノシモベがほかの被害者たちと同じ目に遭ったのか、それともジュボッコが傷ついたキノシモベを守ったのか、ニックたちにはわからなかった。

 

 

 

鏡の中

鏡の中のドクロに襲われたイヴが退院した。ドクロはイヴが見る鏡に現れたことから、アダリンドは「この世の者に取り憑く術を心得た霊がイヴを追っているのかもしれない」と話した。ニックが夢の中でドクロを見たと話していると、ダイアナが「夢じゃない」と大人たちの会話に割り込んだ。ダイアナの話では、ニックが見た夢は『今後起こること』で、『起こる場所は鏡の穴が通じている場所』だ。“鏡の穴”と聞いたモンローは「当面、ひとりで鏡を見るな」と全員に忠告した。

 

 

イヴはモンローとロザリーの家で世話になることに決まった。スパイスショップでドクロが現れた手鏡をイヴが確認すると、手鏡を覆う血が流れ始めた。モンローはイヴから手鏡を取り上げ、再び鍵付きの引き出しの中に隠した。

 

 

ダイアナが話した“別の場所”を調べようと提案したモンローとロザリーに、イヴは「その方法はひとつね」と応えた。それは鏡の中の場所へ行くことだ。

 

 

 

模様の調査

レナードがダイアナの絵の調査を依頼したダーシャは、なぜダイアナが古代の模様や謎の記号を描けたのかという点に着目した。ダーシャの考えでは、ダイアナが描いた模様の大半はこの世のものではない。

 

 

「トンネルで見た模様なのね」とレナードに確認したダーシャは、そのトンネルを突き止めてと促した。「いずれ大ごとになる」とレナードに警告したダーシャは、こんな恐怖心は初めてだとつぶやいた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想 ★★★

「ジュボッコ」に「キノシモベ」
とっても親しみを感じる名前のヴェッセンのおはなしでした。

キノシモベなしでは生きてはいけないジュボッコなので、キノシモベを取り込んだのはモンローの推察通りキノシモベを守り回復させるためかな~と、想像してます。

 

その後のモンローとロザリーが天井の木目を気にする気持ちは、すんごく共感できました。気になったら眠れないよ~(-_-;)

 

あと残り4話。この先は鏡のドクロと、古代のものらしい模様の謎中心になるんでしょうか。鉤爪もいつのまにやら・・・。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました