ほぼ全記事ネタバレを含みます

エレメンタリー 4 第6話「摩天楼のスナイパー」| あらすじ感想

この記事は約4分で読めます。

 

Elementary4_6

スポンサーリンク

Episode6
 The Cost of Doing Business

【ざっくりあらすじ】
白昼の金融街で、死者4名負傷者5名の被害を出す銃乱射事件が起きた。シャーロックの父モーランドは、犯人はピエール・ガニエという元フランス特殊部隊の男だとシャーロックに教え、捜査の協力を求めた。

 

 

 

モーランドの推理

モーランドがガニエを知っていたのは、モーランドを解雇した元依頼主が傭兵部隊レポンスを雇ったことからだった。独自に調査しレポンス内に情報源を作ったモーランドは、狙撃犯はフリーの傭兵ガニエだと突き止めた。ガニエの手口は無差別な乱射事件に見せかけ標的を殺すことだった。モーランドはレポンス内の情報源を守る為、警察には話さずシャーロックに協力を求めた。

 

 

モーランドは、被害者の中で社会的地位が最も高い“ダイナスティック・エナジー社”の重役パリスが標的だったと考えていた。ダイナスティック・エナジー社のCEOウエルストンと弁護士フィッツジェラルドの話から、パリスがザイクナー法律事務所と交渉中だったことがわかった。ザイクナーは狙撃に使われた部屋の所有者だ。しかし、ザイクナーの担当弁護士はパリスが勤務していたのは分室で、自分が犯人なら違う場所で狙うと主張した。

 

 

 

シャーロックの推理

シャーロックは射殺された人たちがその場所にいた理由をベル刑事に確認し、毎日そこでランチを食べていた配管工のフランク・ボヴァが標的だったと推理した。ボヴァは最初に撃たれた被害者で、シャーロックは狙撃犯はまず最初に標的を殺したはずだと考えていた。

 

 

ボヴァの携帯に仕込まれていた追跡ソフトからガニエがボヴァと接触した場所がわかり、ガニエの宿泊している部屋が見つかった。グレグソン警部やベル刑事たち警察がガニエの部屋へ踏み込むと、窓から逃走したガニエは足を滑らせ転落死してしまった。

 

 

ガニエの所持品に数独を見つけたジョーンは、答ではない数字が書き込まれていることに気が付いた。その数字を見たシャーロックは、スイス銀行の口座番号だと断言した。モーランドのツテのインターポールのムラー捜査官の調べで、YJN社が口座開設費75万ドルを先週ガニエに支払い、狙撃の1時間後にさらに75万ドル送金したことがわかった。YJN社はダイナスティック・エナジー社のダミー会社だ。

 

 

 

3番手だった男の嫉妬

ダイナスティック社で大金を動かせるのは10人くらいだとモーランドが言い、その中のひとりフィッツジェラルドの妻がボヴァと浮気をしていたことが判明した。しかし、フィッツジェラルドは妻の浮気に気づいておらず、取調べで見せられた証拠写真で初めて妻の浮気を知り逆上した。

 

 

モーランドは、ガニエへの送金書類の提出をウエルストンに求めた。20億ドルの事業をつぶすと脅されても頑なに拒否するウエルストンを見て、モーランドは手近な女性に手を出す噂があるウエルストンが犯人だと気が付いた。フィッツジェラルド夫人と不倫をしていたウエルストンがボヴァに嫉妬し、ガニエを雇い殺したのだ。

 

 

ウエルストンが事件に関わっていた証拠を探すシャーロックは、現場の写真にゴルフ場に使用される草があることに気が付いた。狙撃に使われたビルの防犯カメラには何も持たず建物に入ったガニエと、その30分後にゴルフ仲間のビルのオーナーと一緒にセキュリティを通過し、ゴルフバッグを持ち込んでいるウエルストンが映っていた。

 

 

ウエルストンは「ゴルフバッグはザイクナーに贈った」と主張したが、ザイクナーは警察に協力しゴルフバッグを提出していた。バッグにはガンオイルが付着し、現場に残されていた狙撃に使用された銃のものと一致した。そして、恋人を殺されたうえ夫にも見限られたフィッツジェラルド夫人が、不倫を証言していた。

 

スポンサーリンク

 

モーランドの裏の顔

今回協力したインターポールのムラー捜査官が、500万ユーロをモーランドに要求した。

 

ムラーは「払わないのなら息子に危険を知らせる」とモーランドを脅した。モーランドは「危険などない」と言い、逆にムラーを脅迫した。前任者の名前を聞いたムラーは顔色を変え、モーランドに謝罪し席を立った。

 

 

 

おちゃのま感想

今回はシャーロック&モーランドが組んでのエピソードでした。
この親子のコンビはなかなか興味深く面白かったです。

特に、シャーロックに「あんた、男の更年期か?」と聞かれた時のパパの表情…(≧ω≦)
モーランドという人物がどういう性格で、(単純に)善人か悪人かもまだわからないんですけど、息子を案じる気持ちは真実らしいと感じてます。

マイクロフトの時も意外な展開になったので、モーランドがNYに滞在する本当の理由も意外なもののような予感がしてます。ムラーが言っていた「危険が迫ってる息子」ってシャーロックのことですよね~。
なんの危険なんだろう?(・_・?)

1+

コメント

テキストのコピーはできません。