掲示板作りました

THE CROSSING/未来からの漂流者【ドラマファイル】

この記事は約3分で読めます。

 

スポンサーリンク

原題:The Crossing

 

 

The Crossing

 

 

作品データ

ジャンル:SF
シーズン:1(キャンセル)
エピソード:11
主な舞台:オレゴン州
アメリカでの放送:2018
メモ:全話視聴済

 

 

 

ストーリー

オレゴン州の小さな町、ポート・ケイナンの海岸に47人の難民と400人以上の遺体が打ち上げられた。真っ先に彼らを救助した保安官のジュード・エリスは、母親とはぐれた少女レアから「これから起きる戦争から逃げてきた」と教えられる。

 

 

彼らは180年後の未来から“長き平和”と呼ばれるこの時代に逃げてきた難民だった。彼らが話す未来は、『エイペックス』と呼ばれる遺伝子組み換えで進化した種に支配され、エイペックスの虐殺で人類は絶滅の危機にある。

 

 

難民たちの件は国家安全保障捜査局(HSI)の管轄になり、ジュードは町の保安官でありながらこの不可解な事件から締め出された。難民たちの聞き取りをしたHIS捜査官エマ・レンの報告を聞いた上司のリンダウアーは「彼らはカルトだ」と決めつけ、真相がわかるまで使われていないキャンプ場での監禁を命じた。

 

 

不満と不審を抱くジュードの前に娘を捜しているレアの母リースが現れた。リースはエイペックスだった。

 

 

 

おちゃのま感想

 

ネタバレしてます!

3.5

惜しい、打ち切り作品です。
多くの謎を残したまま終わってしまいましたが、ひと区切りついたところで終わっているので、まずまず納得しています。たとえるなら、序章が終わったところ。

 

 

まずインパクトが強いシーンから物語が始まります。未来から逃げてきた先が海の中だなんて、度肝を抜かれるシーンでした。どうしてそんな事態になったのか・・・は、エピソードが進むとともに明かされます。予想外に過去へ逃げようとする人々が押し寄せ、エイペックスの襲撃が迫る中、いちかばちかな賭けで未来の人々は時間を超えたのでした。

 

 

このドラマは設定に凝っており、そこがポイントだったと感じてます。未来からの難民や進化型人類のエイペックスだけの話に留まらず、人類の未来を救うため先にこの時代に来ていた集団の存在、奪われた子供たちの能力、エイペックスであるリースのDNAを自身の治療に使ったソフィーなど、とにかくベースとなる設定が面白かったです。複雑に入り組んだ展開が予想されただけに、打ち切られたのは残念です。

 

 

Jude Ellis

 

 

打ち切り承知で視聴したわたしのお気に入りは、主人公ジュードの人となりでした。人生をやり直すため舞台となるポート・ケイナンの保安官になったジュードの正義感や直観力。エイペックスであるリースに対しても誠実でした。そのジュードを支える相棒ネスターも、またよかったです。ふたりの信頼関係と、素朴に正しいことをしようとする姿勢がこのドラマを支えているように感じました。

 

 

ジュードたちの作戦で、先に未来から来ていた集団に殺されようとしていた難民たちは無事逃げ出し、望んでいた再出発の夢が叶ったところでドラマは終わります。まだまだ描けることが多かっただけに、ガッカリというより残念な気持ちで見終わったドラマでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました