現在サイトの手直し作業を行っています

ウォーキング・デッド 9 第5話「清算」【あらすじ感想】

 

Source:AMC

 

Episode5 What Comes After

【ざっくりあらすじ】
アレクサンドリアにマギーが到着した。マギーの唯一の望みは『ニーガンの死』だ。ニーガンのもとへ向かうマギーの前に立ったミショーンは「何かすれば、あいつのためになる」と、説得を試みた。

 

 

 

 

 

マギーの選択

リックがニーガンを監禁して1年半、憎しみを抱えたマギーは苦しみ続けていた。「こんな生き方は無理」と言うマギーを、ミショーンは止めることができなかった。

 

 

“正義”のために来たと告げたマギーを、檻の中のニーガンは「もっと早く来ると思った」と落ち着いた様子で迎えた。ニーガンはグレンの最期を楽しかった思い出のように語り、マギーの怒りを煽った。「正義を果たせ」とひざまずいたニーガンは、殺されることを望んでいる。マギーは、ニーガンが『死ぬより悲惨』な現実を味わっているのだと悟った。

 

 

こんな生き方させないでくれと懇願するニーガンを、マギーは殺さず、牢に閉じ込めた。

 

 

 

“家族”を求めて

自力で危機を脱出したリックは、ウォーカーの群れを誘導し続けた。朦朧とするリックの意識は『家族』を捜すあの日に戻った。

 

 

昔のように友人としてリックの隣に座ったシェーンは、家族を捜しているというリックに「厳密に言えば、俺の“家族”を捜している」と笑い、ジュディスは自分の娘だと嬉しそうに話した。心の奥の憎しみや悲しみを見つければ忠誠心を見いだせると教えるシェーンは「終わらせるんだ」とリックを励ました。

 

 

ハーシェルは農場にいた。美しく穏やかな世界にいるハーシェルを抱きしめたリックは、マギーが多くを失ったことを謝罪した。ハーシェルは「孫がさらに娘を強くする」と言い、「つらかったろう」とリックを労った。リックの捜す“家族”は、ハーシェルの場所にもいなかった。

 

 

死者たちが眠る場所にサシャがいた。「みんな死んでる」とショックを受けたリックに、サシャは“命”の繋がりを説き、すべては終わらないと諭した。「あなたは家族を失ってない」と言うサシャは、迷わないでと助言した。

 

 

 

守るべきもの

「起きるのよ」というサシャの声で意識を取り戻したリックは、キャンプに戻っていた。リックを運んだ馬は森の中に消え、荒れたキャンプは襲撃があったことを物語っていた。

 

 

「もう無理だ」と諦めたリックは、「生きるのよ」と励ますミショーンを見た。駆け付けた仲間たちは橋を守り、ウォーカーを倒している。リックは捜していた“家族”の存在に気が付いた。ミショーンも仲間もリックの見ている幻覚だった。

 

 

再び立ち上がったリックは、橋に向かって歩き始めた。リックはダリルが提案したように橋の崩落を決断した。しかし、ウォーカーの群れで崩れると思っていた橋は崩れなかった。

 

 

終わりを覚悟したリックを遠く離れた場所からダリルの矢が援護した。そこにいる仲間は幻覚ではなかった。ミショーンたちは森の中を回り込み、銃声で群れを誘導しようとする。ダリルはリックに迫るウォーカーを矢で倒した。仲間の存在はリックに勇気を与えた。再びウォーカーに立ち向かったリックは、建設用の爆薬に目を止めた。リックは爆薬を撃ち、橋を爆破した。

 

 

絶叫するミショーンをマギーとキャロルが支え、リックの選択の一部始終を見ていたダリルは静かに涙を流した。

 

 

 

そして・・・

橋の方角から立ち上る黒煙を見ていたアン(ジェイディス)は通信機を使い、リックが橋を爆破させたと知った。川沿いでヘリの集団の迎えを待っているアンは、岸辺に横たわるリックに気づいた。リックを救助したアンは、迎えに来たヘリに「傷ついてるけど強い人よ」と訴え、リックを“B”として取引に使った。アンは「もう大丈夫」と、朦朧としているリックに話しかけた。

 

 

森の中でウォーカーに襲われていたグループを助けた少女は「ジュディス・グリムス」と名乗った。少女が誇らしげにかぶった帽子は、父と兄から受け継いだ保安官の帽子だ。

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

「リック、お疲れ様!」という気持ちが伝わってくる、渾身のエピソードでした!

 

リックとお別れというだけでなく、つい先日訃報が伝えられたばかりのハーシェル役のスコット・ウィルソンさんの元気なお姿に感傷的になってます。

 

リックの最後は童話の『青い鳥』を下敷きにしたような内容でした。リックのラストは死ではなく、追放のような形になるのかな?と想像していたのですが、それ以上の展開でした。まさか、ヘリに乗ってどこかへ行ってしまうとは!主役の降板とともに、今後の『ウォーキング・デッド』の世界観に期待をもたせたかったんですね~。想像できなかった~。

 

しかし、気になるのはヘリ集団。ヘリ集団はこのまま謎のままなの?それともリックの生存を隠すという手法をとるのでしょうか。

 

ラストで成長したジュディスが登場したので、さらにぐーーんと時間を進めるみたいですね。前シーズンまで「停滞しすぎ~!」と不満たらたらでしたが、今シーズンは飛ばしてます。次回は、みんなリックのことから立ち直ってるんでしょうね~。

 

各コミュティー、人間関係、大きな変化があるのでしょうか。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました