現在サイトの手直し作業を行っています

ウォーキング・デッド 8 第16話「戦いの果て」【あらすじ感想】

Source:AMC

 

Episode16 Wrath

【ざっくりあらすじ】シーズン最終話

ユージーンが作った銃弾は慌ただしく運び出され、戦闘へ向かうトラックに積まれた。ユージーンは銃弾の試し撃ちをニーガン自身にさせ、“リック”と書かれた的に銃弾を撃ち込んだニーガンは満足した。

 

 

 

 

 

ユージーンとゲイブリエル

「途中で懺悔したいことがある」と言うニーガンは自分の車にゲイブリエルを乗せ、聖域を出発した。車には自分の目で戦いを見届けることを希望したユージーンも乗っている。

 

 

ウォーカーを避けるため車が蛇行したチャンスを逃さず、ゲイブリエルはニーガンの車から逃げ出した。しかし、視力が落ち、視野が狭くなったゲイブリエルが森を逃げることは難しい。ウォーカーに捕まったゲイブリエルは、追ってきたニーガンたちに助けられた。

 

 

ゲイブリエルはリックたちに警告すべきだとユージーンに訴えるが、ユージーンは「今こそ信仰が必要だろう」と怒った。ゲイブリエルは再びニーガンの車に乗せられ、目的地まで連れて行かれることになった。

 

 

 

ヒルトップ

グレゴリーがもたらしたドワイトの情報で戦いの準備を始めたヒルトップでは、混乱中のモーガンがヘンリーを殺しかける事件が起きた。モーガンを心配するリックはヒルトップに残るよう勧めるが、モーガンは「終わらせるため、行かなきゃならない」と言い張り戦いに参加した。

 

 

ヒルトップに残ったタラは、敵の襲撃の知らせとともに住人たちと捕虜たちを森へ逃がした。ひとりで敵を食い止めるつもりのタラに、捕虜たちも加わった。

 

 

タラの指示で救世主を引き付けていると、突然救世主の列に火炎瓶が投げ込まれた。それはアーロンの説得に応じたシンディたちだった。女性たちは手製の火炎瓶でヒルトップを狙う救世主を撃退した。

 

 

 

戦いの終わり

偽情報を巧みに使い、ニーガンがリックたちをおびき寄せた場所は見晴らしのよい土地だった。リックたちは気づかぬうちに救世主が囲った土地に足を踏み入れ、逃げ場のない状況に陥った。

 

 

口笛とともに「性懲りもなくまた罠にはまった」と、楽し気なニーガンの声が響いた。ニーガンはユージーンのおかげで攻撃が可能になったと話し、ドワイトを利用した作戦を得意げに説明した。

 

 

この場に連れてきたゲイブリエルに銃を向けたニーガンが「さあ始めよう」とカウントダウンをはじめ、合図とともに救世主たちの銃が暴発した。ユージーンが作った銃弾は、救世主を攻撃するためのものだったのだ。

 

 

ユージーンを殺そうとするニーガンをゲイブリエルが阻止し、ドワイトもニーガンに立ち向かった。ニーガンは逃げ、リックは追いかけた。決着をつけようとするニーガンに、リックは「カールのために10秒くれ」と言い、カールの望んだ和平の話をした。そして近づいたニーガンの首を隠し持っていたガラスで裂いた。

 

 

リックはセディクにニーガンを助けさせ、「死ななきゃ終わらない」と泣き叫ぶマギーをミショーンが「正せないけど、終わりよ」となだめた。

 

 

リックは、新しい世界の始まりを宣言した。これからは「和平と公正を重んじ、歩み寄ろうとする者たちの世界だ」と告げたリックは、降参した救世主たちを元居た場所へ帰らせた。

 

 

 

新たな世界へ

タラとロジータは聖域の再生に手を貸し、キャロルはエゼキエルたちと王国へ戻った。

 

 

ダリルは「彼女を捜せ」と言い、ドワイトを解放した。シェリーと約束した“はぐれた場合”の家へ戻ったドワイトは、シェリーの置いたメッセージを見つけた。それはシェリーが生きている証だった。

 

 

ひとりになる必要を感じたモーガンはゴミ山へ行き、ジェイディスにリックがアレクサンドリアで待っていると伝えた。「どんな命でも尊い」と話すモーガンの名前を聞いたジェイディスは、自分の名前は「アン」だと教えた。

 

 

マギーはヒルトップの立て直しをするとともに、ニーガンを生かしたリックとミショーンへの報復を決意した。「時機を見て、彼らに分からせる」というマギーにダリルも賛成した。

 

 

アレクサンドリアにニーガンを連れ帰ったリックとミショーンは、独房で生き続けることがこれからの役割だとニーガンに教えた。ふたりはより良い世界を築くための戒めとして、ニーガンを生かすことにしたのだ。それは、新しい世界へ導いたカールへのリックからの返事だった。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★

終わりました~。
これでニーガンとの戦いは終わり・・・ですよね。ニーガン生きてるけど。

 

思いがけずユージーンがヒーローになりましたね~。この人、どの時点でニーガンを裏切る決心をしたんでしょうね。ダリルとロジータに連れ去られる前までは救世主側だったような。説明なしにロジータたちから逃げたことも、結果、ユージーンの作戦を成功させることに繋がりましたよね~。

 

今回の最終話は『ウォーキングデッド』の最終回でもよいような内容だったと感じます。それぞれのキャラの未来へ繋がる希望も見えたし、何より全員が落ち着くところへ落ち着いた感がありました。

 

マギーのリックへの怒りは出産とともに変化するかもしれないし、マギー自身がグレンがどんなふうに生きたかを思い出せば、リックの選択を受け入れられるんじゃないかなと思います。ダリルは・・・別ですけど。

 

マギー役のローレン・コーハンさんの去就が話題になってましたが、マギーがいないなんてありえない形で次シーズンへ続いたので、ついにグレンとの子どもが見れると信じたいです。そろそろ産んでいいと思うんですよ…(´・ω・`)

ということで、シーズン9へ続く。。。



コメント

タイトルとURLをコピーしました