ほぼ全記事 ネタバレ含みます

MANIFEST/マニフェスト 2 第7話「非常口」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
Manifest
スポンサーリンク

Episode7 Emergency Exit

【ざっくりあらすじ】
乗客だけでなく見知らぬ人たちの死体を見せた“黒い灰の呼びかけ”が解読できないベンは、不吉な予感に襲われる。一方、“余命”を回避する臨床試験を自らの体で続けるサンビは失敗を繰り返していた。

 

 

 

 

サンビの協力者

研究に没頭するサンビに食事を届けた父親は「がん治療の研究に力を貸してくれた免疫学者の友達に相談しなさい」と助言する。父の言葉にサンビが戸惑う理由は、その免疫学者はジャマイカ旅行をすっぽかした恋人のアレックスだからだ。

 

 

人命がかかってるんだろ?と父に背中を押されたサンビは、アレックスに連絡する。「連絡を待ってた」とすぐに駆け付けたアレックスを頑な態度で迎えたサンビは、再会の挨拶もなく本題に入る。アレックスは家庭を壊すことが怖かったと言い訳するが、サンビは謝罪を受け入れなかった。

 

 

アレックスの協力でサンビの研究はついに成功する。「あなたのおかげで成功した」とアレックス知らせたサンビは、感謝のハグをした。

 

 

 

奇跡を信じる者たち

ますますエイドリアンの信仰にのめりこむオリーブは、学校をやめて教会の活動を手伝うと言い出し、ベンたちと激しい口論になる。5年半前、ジャマイカの空港で恋したTJと付き合うようになったオリーブは、エイドリアンが説く“奇跡”を信じ込んでいる。一方、828便の失踪で母も友達も家も失ったTJは、ベンの言う通りエイドリアンは詐欺だと思う。そんなTJにとっての“奇跡”は、ベンとオリーブに出会えたことだった。僕にとっての“奇跡”を信じると話すTJは、唯一手元に残った母の形見をオリーブに贈る。

 

 

その夜、オリーブは信者の友人マキシムに誘われたクラブにTJを連れて行く。そこはイザヤが働く店だった。大盛況のクラブには、アンチ襲撃の件でイザヤに呼び出されたミカエラと、話し合いに応じたエイドリアンに呼び出されたベンがいた。

 

 

ミカエラに声をかけられたイザヤは「今夜はシャンパンが無料なんだ」と説明し、補充のため倉庫へ消える。一方、ベンに声をかけられたエイドリアンは気色ばみ、メッセージなど送ってないとつっぱねる。わけがわからないベンは、クラブの客の中に大勢の828便の乗客たちがいることに気づく。ベンはエイドリアンの仕業だと考えたが、エイドリアン含め、乗客を集めたのはイザヤだった。

 

 

毒入りシャンパンを飲んだ客が次々と倒れ、倉庫に消えたイザヤは火を放つ。エイドリアンに「特大の奇跡がまた起きる」と言われたイザヤは、乗客を道連れにすれば奇跡が起きると信じ込み、凶行を企てたのだ。携帯もつながらず、扉も開かず、客たちがパニックに陥る中、エイドリアンに「オリーブを見た」と教えられたベンは客の避難をミカエラに任せ、オリーブを捜す。

 

 

 

炎の中で

ベンたちの緊急事態を呼びかけで知ったグレースたちや、グレースから知らされたジャレッドがクラブに駆け付ける。燃える店内に飛び込んだジークは、828便の乗務員ベサニーを助けようとしているミカエラを見つける。燃える梁を持ち上げたジークはベサニーを救出し、煙の中で出口を見失ったミカエラたちをジャレッドが誘導した。

 

 

一方、足をひねったオリーブを支えながら出口を目指すベンとTJは、炎に道を塞がれる。ふたりが道を作っている隙に、イザヤがオリーブを捕らえる。エイドリアンを妄信するイザヤに何を言っても通じず、TJはイザヤに飛び掛かる。イザヤを抑え込んだTJは「行け」と叫び、戻ってくると返事したベンは歩けないオリーブを抱いて外へ出る。

 

 

オリーブをグレースたちに任せたベンはTJを助けに戻ろうとするが、爆発した建物には近づけない。オリーブは泣き叫び、呆然とするエイドリアンはその場から立ち去った。

 

 

 

アル=ズラスの手記

ショック状態のオリーブから「TJが取り寄せた『アル=ズラスの手記』がパパ宛に送られてくる」と教えられたベンは、大学のオフィスでその手記を受け取る。手記を開いたベンは愕然とする。そこにある絵は、炎の中でオリーブを抱きかかえる自分の姿だった。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

 

TJ…(泣)
シーズン中盤にして、この展開!正直、油断しておりました。

 

イザヤがしたことはエイドリアンの責任で間違いないと思うけど、TJが巻き込まれたのはオリーブの責任ですよね~。教会にTJを誘ったのも、クラブに誘ったのもオリーブなんだから。オリーブはそのことにちゃんと向き合えるかな?めちゃ生意気なこと言って両親に反抗してたけど…。

 

はっきりとは描かれませんでしたが、ジークは薬を手元に置いてるってことでしょうかね?使ってるわけじゃなく、“余命”に対処するためなのかな?ミカエラを愛してるなら、ありのままの自分を見せたほうがいいと思うな~。そして、アンチに協力してるジャレッドも気になります。ミカエラたちを助けたジャレッドには迷いがなかったと思うけど、本音はどうなんだろう?

 

ところで、サンビの恋人は女性でしたね~。アレックスって名前…紛らわしくない?(´・ω・`)

コメント

テキストのコピーはできません。